結婚しても孤独を感じてしまう!既婚女性を悩ませる5つの原因とは?
結婚しても孤独を感じてしまう!既婚女性を悩ませる5つの原因とは?

結婚しても孤独を感じてしまう!既婚女性を悩ませる5つの原因とは?

「結婚したら夫や子どもたちと、ずっと一緒にいられるから寂しくない!」なんて思っていませんか?でも、実は結婚しても孤独が解消されないケースは少なくありません。この記事では、既婚女性が孤独を感じる原因のなかでも、よくあるものを5つご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Pick up
続きを読む
公開日:

家族と連絡を取り合わない

やり取りが少ないと結婚しても孤独!

「結婚しているのに寂しい」「こんなはずじゃなかった」等。

妻が結婚を悔やむ家庭とは、往々にして家族間のコミュニケーションが不足しています。

たとえば妻は夫や子供たちと、あまり連絡を取り合っていません。

夫は仕事で忙しく、子供は毎日、学校の勉強に宿題に塾。家族と連絡を取り合っている場合ではない、なんてケースが少なくありません。

ひょっとしてあなたも夫や子供たちと連絡をあまり取っていないのでは?

もしそうなら、家族ともっと連絡を取り合いましょう。

時間が空いたなら夫に連絡し、子供にもLINEやメールを送りましょう。

孤独感が解消され、家族に対する愛情がアップするはず。

会話が少ない

話し合いが少ない家庭も要注意!

結婚しても孤独を感じてしまう家庭は会話も不足しがちです。

夫や子供、両親と面と向かって会話する機会が少なく、女性はしばしば「子供のことが分からない」「夫の気持ちが分からない。何を考えてるの?」なんて思わされます。

結婚しても孤独を感じてしまう原因のなかでも、よくあるものには「会話が少ない」も、あげられます。

あなたの家庭も会話に欠けているのなら、もっと話し合う機会を作りましょう!

休日はこまめに夫や子供に話しかけ、職場や学校でどんなふうに過ごしているのか、尋ねてみましょう。

また、あなたの誕生日や結婚記念日といった特別な日には義理の両親も招待して、皆で会話を楽しみましょう。

家族への理解も深まり、絆もますます強まるはず♡

夫が家族に無関心

亭主が冷たい家庭にも孤独を感じがち!

もし夫が妻や子供に関心がなければ・・・・

いつも帰宅が遅く、たまに自宅にいても誰とも会話しようとしないし、家事にも子育てにも熱心ではない。妻や子どもたちが話しかけても、不機嫌そうな顔をするだけ。

夫がこういったタイプの場合、たとえ義理の両親や子供が妻に好意的であっても、妻はしばしば孤独を感じます。

夫は妻にとって、とても存在感があるため、無関心でいられると孤独や寂しさを感じてしまうようです。

なお、夫がいつまでも家族に無関心な場合、妻の脳裏に離婚の二文字がチラつく場合も・・・・

他人事に思えない場合、夫と一度、じっくり話し合いましょう。

どうして家族に関心を持っていないのか、態度を改めることができそうなのか等、ぜひ話し合い、現状の改善を目指してくださいね。

夫に愛されていない

愛のない家庭も孤独!

夫に繰り返し振る舞いの改善を求めても、相変わらず家族に無関心なままなら。あるいは浮気をやめようとしないなら?

妻は夫に「愛されていない」と感じます。そうするとどうしても孤独を感じてしまいます。

夫から愛が感じられないと、女性はとても辛くなります。友達や義理の両親に、「愛されているはずよ」なんて言われても、気休めにもならないことも・・・・

あなたも今、夫に愛されていないように感じられて、悩んでいませんか?

既婚女性が孤独を感じる原因には、「夫に愛されていないと感じてしまう」も、あげられます。

「このままではいけない」「夫を愛してる。離婚したくない」と思うなら、夫に今の気持ちや悩みを打ち明けましょう。そのうえで態度の改善をお願いしてみてくださいね。

頑固な夫も反省して、振る舞いを改めるかもしれませんよ。

家族とすれ違ってばかり

結婚してても孤独だし辛い!

もし夫や家族とすれ違いの日々が続いたなら?

たとえば、あなたが夜勤中心のお仕事に就いているために、夫や子供たちと、すれ違ってばかりなら、やっぱり女性は結婚しても孤独を感じてしまいます。

夫や子どもたちとの仲が上手く行っていても、自分だけ家族の一員ではないような気がしてしまうものです。

家族との仲が冷え切ってる場合、強い孤独を感じちゃうことも・・・・。

既婚女性を悩ませる原因には、「家族とすれ違ってばかり」も、あげられます。

すれ違いの理由が何であれ、家族と一緒に食事したり、寝起きしたりできないと、辛いものです。

あなたもずっと家族とはすれ違い生活を続けているのなら、それが孤独を感じさせている原因かもしれません。

現状を変えることができないか、一度、じっくり考えてみること、オススメします!

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks