両思いなのに結ばれない!男女のすれ違いの原因とは?
両思いなのに結ばれない!男女のすれ違いの原因とは?

両思いなのに結ばれない!男女のすれ違いの原因とは?

両思いの男女が必ずしも結ばれるとは限りません。お互い好き合っていても、すれ違い、両片思いをキープしてしまうケースだってあるものです。でも、どうして好き合う男女がすれ違ってしまうのでしょうか?この記事ではよくある原因を5つ、ご紹介していきます。現在、好きな人といい雰囲気になっている女性は必見です!

Pick up
続きを読む
公開日:

相手の好意に気づいていない

心が通い合わずすれ違うハメに!

他人の気持ちに気づくことは簡単ではありません。

もちろん、自分の気持ちを素直にアピールしてくれる人であれば、本音を察することは簡単です。

でも世の中にはそうではないタイプが多く、好意も本音も隠してしまう男女は少なくありません。

だから、たとえ好き合っている男女であれ心が通い合わず、すれ違いを繰り返すことがあるものです!

両思いになのに、すれ違ってしまう原因には、しばしば「相手が気持ちを隠しているので、好意に気づいていない」ことがあげられます。

現在、大好きな人と交際したいと思っているけれど、つい気持ちを隠しがちなら、ときには相手に好意を見せちゃいましょう。

彼に両思いだと気づかせることができるかも♡

別に好きな人がいると勘違い

些細な誤解がすれ違いの原因になることも!

人は勘違いしやすい生き物です。

もし、大好きな人が自分以外の異性と仲良く会話していると、「彼はあの子のことが好きなのかな?」なんて思ってしまうことがあります。

さらに大好きな人が特定の異性と頻繁に仲良さそうにしていると、「彼はあの人が好きなんだな」「二人は付き合ってるんだろうな」なんて考えてしまいます。

その結果、本当は相手に好かれているのに素っ気ない態度を取ったり、距離を置いたりする女性が・・・・

両思いのはずの男女の間にすれ違いが発生する原因には、「別に好きな人がいると勘違い」も、あげられます。

「勘違いのせいでチャンスを逃すなんてイヤ!」と思う女子は、大好きな人の些細な振る舞いを深読みすることはやめておきましょう。

恋愛に割く時間がない

アプローチできず両片思いで終わっちゃう!

今どきの男女は暇ではありません。

お仕事や人付き合い、SNSなどに追われています。

立ち止まることなく色々なものに没頭することは良いことですが、そのせいで両思いが報われず、すれ違ったまま恋が終わる人も少なくありません。

お仕事などで忙しいと、どうしても好きな人や恋愛について考える時間が減ってしまい、アプローチや告白もなかなか出来ません。

だからずっとすれ違ったまま両片思いを続けてしまう人たちもいるのです。

つまり、忙しい人も要注意です!

恋愛を後回しにしていると、いつまでも片思いが実らない可能性アリ。

好きな人と交際したいなら、スキマ時間を活かしてアプローチするとか、積極的にLINEするとかして仲を深めましょう♡

会話する機会が少ない

両思いでも会話しないとすれ違いが続く!

他者との会話はとても大切です。

片思い中の男女にとっては特に大切です。

会話を通して相手の本心や気持ちに気づけることがあるからです!

でもお仕事で忙しい、好きな人との会話は緊張してしまう、口下手などの理由から、本命と会話する機会をあまり持たない人たちは少なくありません。

また、そのせいで相手の気持ちにいつまでも気づけず、お互いすれ違ったままで終わる男女も少なくありません。

両思いの男女にすれ違いが発生する原因のなかでも、よくあるものにはコミュニケーション不足もあげられます。

大好きな人とはできるだけ話をするようにしておきましょう。

面と向かっての会話が苦手なら、LINEやメールを活用すると良いですよ。口下手であれ、赤面症であれ、彼ときちんとコミュニケーションがとれるはず♡

一歩踏み出す勇気が出ない

受け身な男女もすれ違いが続く!

お互い相手を大好きになっても、それだけでは関係は発展しません。

アプローチや告白といった過程を経て初めて関係は進展し、交際に進みます。

でももし男性側にも女性側にも、一歩を踏み出す勇気がなかったなら?

やっぱり気持ちはすれ違い、両思いは両片思いにとどまってしまいます。お互い相手に何かしたいのにできず、もどかしい気持ちを抱えるハメになることも・・・・

男性のなかにも、女性のなかにも受け身で、相手が行動してくれることを待ってしまう人たちがいます。

そのような人たちは特に、交際に向けて一歩を踏み出すことができません。

思い当たるフシがある女子は、好きな人がそばにいるうちに受け身を卒業して、自分から積極的にアプローチしていきましょう♡

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks