彼氏から距離を置きたい!適切な距離の置き方のポイントは?
彼氏から距離を置きたい!適切な距離の置き方のポイントは?

彼氏から距離を置きたい!適切な距離の置き方のポイントは?

何らかの事情から、「彼氏から距離を置きたい」と思えたなら?勢い任せに彼に「距離を置きたい!」なんて言ってしまってはいけません。喧嘩になるかもしれませんし、呆れられる可能性も。この記事では、適切な距離の置き方のポイントをお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね♡

Pick up
続きを読む
公開日:

準備を怠らない

何事も準備が大事!

「彼から距離を置きたい!」と思えたなら、すぐにでも実行したくなるかもしれません。

だけど怒り任せに実行したら、後悔することになる可能性が。

理由がハッキリしないまま、「しばらく連絡しないで」なんて切り出した場合もそうです。後で嘆き、思い悩むハメになってしまうかも。

「後悔したくない」と思うなら、彼氏に距離を置くことを提案する前に冷静になり、「なぜ距離を置きたいのか」をハッキリさせましょう!

頭を整理しておけば、彼氏にスムーズに気持ちを伝えられますし、何より後で思い悩まずにすみます。

適切な距離の置き方のポイントには、まず「準備を怠らない」が、あげられます。

忙しい女子も、今できることやすべきことは、しっかりしておきましょう♡

冷静に気持ちと理由を話す

距離を置きたいと言うだけではダメ!

準備が整ったなら、彼氏に連絡して、待ち合わせ場所や日時を伝えましょう。

当日は緊張するかもしれませんが、緊張や不安に負けず、きちんと本題を切り出してくださいね。

距離を置きたいことと、どうしてそう思うのか、理由をしっかり伝えてくださいね。

理由を告げずに「少しの間、離れたい」と繰り返すだけでは、彼氏は納得しない可能性大です!

「あなたの○○なところが耐えられなくて。一人になって自分の気持ちを確認したい。あなたと今後もやっているか考えたい」等。

冷静に伝えたなら、頑固な彼も受け入れざるを得ないはずですよ♡

距離を置く期間を話し合う

終了時期を決めることも置き方のポイントの一つ!

彼氏と向かい合ったなら、頭が真っ白になっちゃう女性もいるものです。

でも向かい合ったときは、「いつまで距離を置くか」、話し合うことも大切です。

期限を定めず、だらだらと何ヶ月も冷却期間を置いた場合、お互いの気持ちが冷め、「別れたい」と思うハメになってしまうかも。

あるいは素敵な男性に目移りしてしまう恐れも。

彼氏と大喧嘩中の女性には難しいかもしれませんが、別れる気持ちはないのなら、冷却期間の終了時期は、きちんと話し合いましょう。

なお、オススメは三ヶ月以内です。

できるだけ早めに今後どうするか、結論を出しましょう。

距離を置いたら連絡しない

誤った決断をしないために!

多くの女子は彼氏から離れている間、一度は「寂しい」と感じるもの。

これまで彼氏と気軽に連絡を取っていた場合、とても孤独を感じてしまいます。

でも距離を置いている間は、彼氏への連絡は控えておきましょう。

連絡すれば迷いが生じ、誤った決断をしてしまう恐れがあります。

「別れたい」と強く思っていたのに、「やっぱり彼氏がいないと寂しい。○○くんと連絡したら楽しい」と感じて、ヨリを戻す決断をしてしまう人も・・・・

また彼氏に、「○○はおれがいないとダメなんだ」とか、「自分から距離を置きたいと言ったくせに、いい加減な人」なんて思われる可能性も!

冷却期間中は連絡を控えておきましょう。

彼氏から連絡がきても、「距離を置いている間は不要な連絡はしないで」と伝え、以降、返信する必要がないLINEやメールが届いたなら、受け流しましょう。

目の前のことに集中

お仕事や趣味に没頭しよう!

距離を置いている間は「連絡しちゃダメだ」と思っても連絡したくなるし、「寂しい」「辛い」と思ってしまうもの。

孤独に弱い女性は頻繁に辛く感じてしまいます。

「辛い気持ちを味わいたくない!」と思うなら、目の前のことに集中しましょう!

お仕事や友達付き合い、趣味の活動やSNSの更新に集中してくださいね。

これまで恋愛を最優先にしていた女子は特に、お仕事などに力を入れましょう。

辛さや嫌なことを忘れられますし、孤独も感じずにすみますよ。

それに同僚や上司からお仕事の出来を褒められるかもしれないし、友達にも「○○と遊ぶなんて久しぶり!」なんて言われるかも。

適切な距離の置き方のポイントには、「目の前のことに集中する」も、あげられます♡

悲しくなったときは相談

友達や家族に話を聞いてもらおう!

一人になると人は色々なことを考えるもの。

悲観的な考えにとらわれ、悲しくなってしまうときもあるものです。このような考えにとらわれた場合、冷静な判断や決断は困難です。

あなたも冷却期間中、悲しみや不安に襲われたなら、誰かに気持ちを聞いてもらいましょう。

相手は家族でも同僚でも友達でも構いません。

口が固くて信頼できる人なら、誰でもOKです。

そのような人に話を聞いてもらえば気持ちがスッキリして、嫌な考えは吹き飛ぶはずですよ。

それに良いアドバイスをもらえるかもしれませんし、「気晴らしに、今度の日曜、みんなで○○に行こうよ!」なんて言ってもらえるかも♡

冷却期間中は孤立してはいけません。

何かあったときは周囲の人を頼りましょう。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    Hot Topicks