大好きな人に友達として好きと言われた!両思いになる方法は?
大好きな人に友達として好きと言われた!両思いになる方法は?

大好きな人に友達として好きと言われた!両思いになる方法は?

大好きな人に勇気を出して意思表示したのに、「友達として好き」なんて言われたなら、ショックですよね。相手を責めたくなってしまうかもしれませんが、彼と両思いになりたいなら、それだけではいけません。この記事では、オススメの両思いになる方法を5つご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね♡

Pick up
続きを読む
公開日:

女子力アップに励む

普段から女性らしさを意識しよう!

男性に「君のこと、嫌いじゃない。友達として好き」なんて言われてしまう女性は、往々にして相手に「女性らしさ」を見せられていません。

「良い友達」なり「良い同僚」なりに見られています。

大好きな人と両思いになりたいなら、彼にあなたも女性なのだと思わせる必要があります。

そこで彼の前でときには女性らしい服装をしたり、家事が得意であることをアピールしたりしましょう。

女性らしい柔らかな言葉使いをしたり、甘い香りの香水をつけることもオススメです。

今の時代、多くの女性が「女性らしさ」を意識していません。そういうものを否定する人たちもいるものです。

でも「友達として好き」なんて言う彼に好かれたいのなら、もっと女性らしくなりましょう♡

自分磨きに励む

外見や内面のレベルアップをはかろう!

友達以上の存在になりたいのなら、女子力のアップに努めるだけではいけません。

魅力をアップさせることも大切です。

つまり自分磨きにも励みましょう。外見や内面に磨きをかければ、大好きな人を魅了することもできますよ♡

なお「自分磨き」と聞くと、「難しそう」と思えるかもしれませんが、実際はそうではありません。誰もができます。

たとえば服装やメイク方法、ヘアスタイルを見直す、生活リズムを整えてお肌の調子も整える、文学や映画に目を通す、未知の分野に挑戦するといったことをすればOKです。

誰にもできますし、楽しみながら行うことだって可能です。

「一人ではできそうにない!」と思えるときは家族を巻き込むか、仲が良い友達を誘うといいかも!

欠点の改善に励む

ワガママなら、そこを直そう!

誰もが欠点を持っているものです。

あなたにも欠点と呼べるものがあるのでは?

相手の欠点を無視できず、「君のこと、友達として好き」なんて言う男性もいるものです。

あなたもひょっとしたら自分の欠点を改善したら、彼といい雰囲気になれるかもしれませんよ。

両思いになる方法には、「欠点の改善に励む」も、あげられます。

「難しそう」と思える場合、周囲の人の助けを借りちゃいましょう。

「ワガママなところが玉にキズ」と言われがちなら、周囲の男女に「優しい」とか、「気配り上手」とか言われている女性にアドバイスをもらうといいかも。それに相手の言動にならうこともオススメ。

欠点を無事、克服できたなら、大好きな彼に成長した自分を見せてくださいね。

彼はあなたにドキッとするかも♡

隙を見せちゃう

友達として好きと言われたなら弱さを見せよう!

大好きな人の前では、みっともない振る舞いをしたくありませんよね。ドジを踏みがちな女性も、本命の前では何事も卒なくこなす人を演じようとします。

でも強がってばかり、魅力的な自分を見せてばかりでは、往々にして心の距離は縮まらないもの。

隙がない女性は男性に敬遠されがちです!

現在、隙がない女性になっているのなら、たまには彼の前で弱さを見せちゃいましょう。

辛いことがあったときは、「辛い」と言い、助けが必要なときは彼に助けを求めるといいですよ。

あなたの健気で、はかなげな一面に、クールな彼もキュンとなるはず♡

なお、しょっちゅう彼の前でミスをしたり、弱さを見せたりしたなら、「面倒くさい人」認定される恐れがあります。

隙を見せるのは、あくまで時々がオススメです♡

優しさをあげちゃう

彼を気遣い距離を縮めよう!

有能な男性も自信満々の男性も人間です。

ミスをするときもあるし、失敗して落ち込むこともあるものです。

それに落ち込んでいるときに優しく励まされたなら、キュンとなってしまうもの。女友達だと思っていた人に恋しちゃう人もいるものです♡

大好きな人に友達として好きと言われたなら、「落ち込む彼に、優しさをあげちゃう」ことも大切です。

もし大好きな彼が落ち込んでいたなら、あるいは元気を失くしていたなら、素通りせず優しくしてあげましょう。

声をかけて落ち込んでいる理由を聞く、親身になって話を聞く、ねぎらいの言葉をかける、相手の苦しみに寄り添い、共感するなどしてみてくださいね。

優しくするほど、心の距離は近づくものですから、忙しい女性にもオススメです。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks