会話で大好きな人と距離を縮めよう♪彼の行動を誘導する5つのコツ!
会話で大好きな人と距離を縮めよう♪彼の行動を誘導する5つのコツ!

会話で大好きな人と距離を縮めよう♪彼の行動を誘導する5つのコツ!

大好きな人とすんなり両思いになれる女性もいれば、片思いがなかなか進展しない女子もいるものです。後者が逆転する方法はないのでしょうか?ひょっとしたら会話に一工夫加えれば、大好きな男性と恋愛を楽しめるようになるかもしれませんよ。この記事では会話を通して彼の行動を誘導するコツを5つ、ご紹介していきます。恋活や婚活中の女性も必見です♡

Pick up
続きを読む
公開日:

トークは軽い話題から

段階を踏んで本題に入ると親密さアップ!

彼と仲を深めたいなら、積極的に声をかけることが重要です。人は接する機会が多く、頻繁に楽しい時間を過ごせる異性には好意を持ちやすいものだからです。

ですから好きな人と両思いになるためには、どんどん話しかけたいところですが、いきなり重い話や相手が答えにくい話題を口にしたりすると、好意を持たれず、顔を見せる度に身構えられるようになる恐れが・・・・

声をかけたときは、まずは相手が答えやすく、軽いノリで耳を傾けられる話題、たとえば日常会話や天候、彼の趣味に関する話題などを口にしましょう。

そのような話題で相手の表情が緩んできた段階で本題を切り出すようにすれば、きちんと耳を傾けてもらえる確率や、トークが盛り上がる率も高まりますし、親密さもアップしていきます。

小さなお願いを繰り返す

人の習性を利用して彼の行動を誘導しよう♡

「好きな人に何かをお願いするなんて、できない」と思うかもしれませんね。慎み深い女子や奥手な女性は、「絶対に無理!」となってしまうかも。

でも男性の多くは案外親切なもので、小さなお願い事であれば、嫌な顔をせず、気軽に引き受けてくれます。

また、人間には何度も親切にした相手を無視できなくなる一面もあれば、異性に対しては「好きでもない人にはこんなに親切にしない。自分は相手が好きなのかもしれない」と無意識のうちにも考えてしまう習性も。

脳は自分が損をする行為を繰り返す理由を勝手に考えるクセがあり、自分では思ってもみない、このような結論を出すこともあるのです。

ですからある男性と両思いになりたいならば、心理学の世界で、いわゆる「認知的不協和理論」と呼ばれる、人間のこの習性を活用しましょう。

普段から本やペンのような、ちょっとした物を借りる、相手が簡単に答えられることを質問する等、どんどん実行してみてくださいね。彼は知らず識らずのうちに、あなたに惹きつけられるはず♡

できるだけ相手に合わす

会話の速度や声の大きさも彼に合わせよう!

人間は自分に似た人に親近感や好感を持ちます。

またこれらの感情が高まれば、相手が異性の場合、恋に落ちます♡

あまりピンとこないかもしれませんが、あなたも趣味や好きな食べ物、好みの話題が同じ男性と一緒に会話していると、楽しく思えるものでは?

さらに人は会話のペースや声・リアクションの大きさなど、普段、あまり意識していないものも似ていると、相手によりポジティブな印象を持つようになるものです♪

そこで好きな人と会話するときは会話の速度から話題まで、できるだけ相手に合わせてみましょう。彼の心をあなたに誘導できるかもしれませんよ♡

「彼好みの話題とか好きな物とか全然知らない!」女子は相手の友達に聞くとか、会話の中でさりげなく聞き出すとかしましょう!

クローズ質問はしない

「YES」or「NO」式は断られやすい!

「彼とデートしたい」と思えたなら、相手に「OK」か質問したくなりますよね。

でも「今度、○○に行かない?」のように、「YES」か「NO」かを選ばせた場合、いわゆるクローズ質問をした場合、その場の雰囲気や気分で後者を選ばれる可能性が・・・・

そこで彼には「私今週か来週末に外出するの。○○くんは水族館と映画館、どっちに行きたい?」と質問しましょう。選択肢を「水族館か映画館」にすると、人は「YES」か「NO」かではなく、「水族館」と「動物園」、どちらにするかを考え始めるものです。つまりあなたの口にした選択肢のうち、どちらかにお誘いできる可能性がグッと高まります♡

これは心理学では「ダブルバインド」と呼ばれていて、相手に自分の用意した要求を、無意識のうちにも飲ませるテクニックです。

彼にプレンゼントを渡したいとき等、幅広く使えますから、ぜひ活用してくださいね。でも使い過ぎると「強引な人」「断りにくい人」なんて思われ、嫌な印象を持たれますから、頻度はあくまで程々がオススメです。

必ず理由を言う

彼は納得し要求を飲んでくれるはず。

人はあまり気乗りしない頼みであれ、理由を言われると同意したくなるものです。

「そういう理由なら」とか、「なるほど、そういうことなら」とか感じると、人は自分が損することであっても承諾してしまうものなのです。

あなたもたとえば何かの作業を頼まれたとき、納得できる理由を説明され、「それなら」と、重い腰を上げた経験があるのでは?

つまり人は男女を問わず、納得できれば、たいていのことは引き受けてしまうものなのです♡

ですから彼をデートに誘いたいときや、お仕事を手伝ってもらいたいときには、必ず理由を付け加えましょう!

「この作業、私だけではどうしても終わりそうになくて。○○くんはこういうこと得意だから、十分か二十分、手を貸してもらえるだけでも、すごく助かる」なんて言ってみてくださいね。

ダブルバインドも使ったり、会話のペースを相手に合わせたりすると、より彼の行動を期待通りのものに誘導できるはずですよ♡

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks