夫婦共稼ぎの場合、結婚したら財布はどうするべき?おすすめの方法は?
夫婦共稼ぎの場合、結婚したら財布はどうするべき?おすすめの方法は?

夫婦共稼ぎの場合、結婚したら財布はどうするべき?おすすめの方法は?

夫婦共稼ぎの場合、「結婚後、妻と夫の財布はどうしよう?」と、男性も女性も一度は考えるもの。あなたも「お互いの収入は二人で管理して、お金を上手にやりくりすべき?」などと考えていませんか?そこでこの記事では夫婦間でできるお金の管理方法の他、「結婚したら財布はどうするべきか」迷ったときの対処法などもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね♡

Pick up
続きを読む
公開日:

夫婦間でできるお金の管理方法

結婚後の管理方法には複数あり!

「うちは夫婦共稼ぎになりそう。この場合、結婚後のお財布はどうするべきかな?」と思えたなら、先輩たちの事例を参考にするといいですよ。

夫婦共稼ぎの場合、夫婦間でできるお金の管理方法はいくつかあり、他の共稼ぎ夫婦は、いずれかを選択してます。

一つめはたとえば「負担する項目を彼と話し合って決め、結婚後は決めた物を負担して、余ったお金は一つの口座に入金する」というもの。

「食費と光熱費は妻の負担、夫はそれ以外を負担して、残りは共通口座に預ける」と決めた場合、夫は家賃や交友費、我が子の学費を負担し、手元に残るお金は自分へのお小遣いを残して、二人共、貯金用の口座に振り込むことになります。

この管理方法はお財布を二人で管理しているとも、自分のお金の一部を相手と共有しているとも言えます。

二つめの管理方法もそうです。

「特定の口座に二人で毎月一定の金額を入れて、浮いた分は全て自分達で使う」というもの。

ある銀行の口座に二人で毎月、光熱費や学費、食費などの合計金額を入金し、手元に残ったお金はすべて自分達のものにする、というわけです。

入金する金額は夫婦で話し合い、決めることになります。

より分かりやすい管理方法も

お金の扱いが上手い側がやり繰りする等!

三つめの管理方法はお財布を二人で管理しているとも、先の二つより分かりやすい管理方法とも言えます。

つまり「夫婦のうち、どちらか一方の全収入を出費用に回し、もう一方の全収入を貯金に回す」というもの。

たとえばバリバリ稼いでいる夫の収入を毎月、出費用の口座に入れ、パートの妻の収入を貯金用の口座に振り込む、というパターンがあげられます。

四つめの管理方法も、お財布を夫婦二人で管理しているとも、とても分かりやすい管理方法とも言えます。

「お金の扱いが上手い側がやり繰りする」というわけです。

夫より妻の方がやり繰り上手な場合、妻が二人のお財布を管理して、毎月、夫が必要な額を夫用の口座に振り込むなどします。

また一方が浪費家で、もう一方が倹約家の場合、後者が二人のお財布を握り、毎月、前者に生活費を渡す、という手もアリです♡

お財布を二人で管理するメリット

二人で財布を管理すれば出費が減ります!

共働き夫婦の場合、お金の管理方法は一種類ではありません。

ただ「一方が全てを負担して、もう一方は自分のお金を全て好きに使う」なんてルールを採用しない限り、お財布は二人で管理することになります。

「私は自分の稼ぎを共有したくないし、夫は稼ぎが多いから、食費から家賃まで負担してほしい」と思っているかもしれませんが、お金を少しでも貯めたいのなら、あるいは路頭に迷いたくないのなら、お財布は二人で、しっかり管理しましょう。

なぜなら「お財布を二人で、きちんと管理する」という行為には、数々のメリットがあるから。

「お金が貯まりやすい」という点もそうです。メリットと言えます。

「家賃や食費など、必要最低限のものだけ、一方が出し、残りは自分達で好きに使う」という、いい加減なルールを採用した場合、どうしても夫婦ともにお金に無頓着になってしまいがちです。

ロクに使わない高価な家具や家電、バッグを買い込んでしまう人もいれば、大きすぎる車をローンで買っちゃう男性もいます。ダイエット器具を大量に買ってしまう女性も。

でも二人で厳しく管理していれば、無駄な出費はガクンと減り、手元に残るお金が増える傾向アリです。

他にもある知っておきたいメリット

現在の預貯金額がすぐに分かる等!

お財布を二人管理するメリットは他にもあり、「目標金額を決めた場合、夫婦の絆が強まる」も、そうです。

「○○○万円貯めて、マンションを買う」とか、「○千万円貯めて、一軒家を買い、家族でお祝いの旅行をする」とか。

具体的な目的を決めて、二人でせっせと貯金や労働に励めば、自然と夫婦の間に一体感が生まれ、絆が深まるものです♡

他にも「お互い相手の収入や現在の預貯金額が、すぐに分かる」といったメリットもあります。

お互い財布を別々にしていた場合、妻も夫も相手の現在の収入や、今、我が家にはどれくらいの貯蓄があるのか分かりません。

このため老後が心配になる人もいれば、配偶者に不信感を抱く人もいます。

でも夫婦で管理していれば、相手の収入も自分たちの資産も、いつでも確認できます。

彼と話し合い決断は慎重に

どうするか迷ったときは話し合いがベスト!

お財布を二人で、しっかり管理することには数々のメリットがあります。

ですから「結婚後、お財布はどうするといいのかな?別々のまま?それとも一つにすべき?」と思えたときは、いっそ二人で管理するのもアリです。

そのようにしている夫婦はいくらでもいます。

ただし最終的な判断はあなたと未来の夫が下すことになります。

お金の管理方法は自分たちで決めて構いませんし、「他の夫婦がしている行為は、あなたと彼の二人も幸せにする」とは言い切れません。

ですから管理方法について二人で一から学び、「自分たちにとってベストな管理方法はどれか」、話し合って慎重に決断を下すこと、おすすめします!

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks