大好きな人を可愛く振り回そう!男を翻弄する5つのテクニック♡
大好きな人を可愛く振り回そう!男を翻弄する5つのテクニック♡

大好きな人を可愛く振り回そう!男を翻弄する5つのテクニック♡

大好きな人がいるけれど、なかなか両思いになれなくて悩んでいませか?もしかしたらアプローチの仕方を変えることで状況が変わるかもしれませんよ。この記事では、男を翻弄するテクニックを5つご紹介していきます。恋活や婚活中の女性は必見です♡

Pick up
続きを読む
公開日:

男ウケする外見で行動

女を意識して男を翻弄するテクニック♪

男女平等が叫ばれ、男らしさや女らしさが否定される現代。

でも人の意識はなかなか変わらないもので、男性の多くは今も無意識のうちにも女性らしい女の子が大好き。

おじさんのような服装をしている女性、奇抜で個性的過ぎるメイク・ファッションをしている女子は今もあんまりモテません。

一方、ワンピースやナチュラルメイクのように、男性に女性らしさを想像させるポイントを取り入れている人は注目され、恋愛対象にされやすいもの。

さらに女性らしい外見をしたうえでボディタッチをしたり、イチャイチャしたりすると、男性はグッと心をつかまれ、相手に逆らえなくなっちゃいます。

男ウケする外見をして異性と親しくすることは、男性を翻弄するテクニックの一つです♡

ワガママを言っちゃう

男心を刺激して可愛く振り回そう!

男性を上手に翻弄している女子は皆、わがまま上手でもあります。

ワガママというと、「男子に嫌われそう」「嫌がられそう」等と思うかもしれませんが、相手のプライドをくすぐるものや、可愛さを感じさせるものは男性の心をとらえ、夢中にさせてしまいます♡

彼とデート中、うんと褒めた後、「○○買ってほしいな」「○○もしてくれたら嬉しい!」と言う、「○○くんと、もっと一緒にいたい」「まだ○○くんのそばにいる」とおねだりしちゃう等など。

男心を刺激するワガママは彼を振り回し、翻弄します。

あなたも彼とのデート中や職場で顔を合わせたときなどに、さり気なくワガママを言っちゃいましょう。

・・・・ただし頻繁にわがままを言ってしまうと、相手に呆れられてしまう恐れがありますから、あくまで時々ていどがオススメです♡

早々に一人に絞らない

恋活・婚活中なら特に重要なテクニック!?

男性はすぐに手に入る女性より、なかなか手に入らないと思える女性の方が魅力的に感じられます。

男性の体の奥底に備わった狩猟本能のなせる技なのか、手に入りにくい獲物ほど「良い獲物」に思えるものです。

だから自分にアプローチしてくる女性から他の男の影が感じられると、男心に火がつき追いかけたくなる人達も♪

大好きな人ができると、他の人には目もくれず、本命だけを追いかける女性は多いもの。

でも、男性にとっては自分だけを追いかけてくる「重い女の子」より、色々な男性と親しくしている人気の女の子の方が追いかけたくなります。

早々に一人に絞らず、色々な男性と親しくすることも、男を翻弄し、自分に夢中にさせるテクニックの一つです♡

誰にも媚びない

タフに振る舞うことも男を翻弄するポイント!

大好きな人ができると、少しでも良い印象を与えたくなりますよね。

だからって媚を売ることはNG!

男性は卑屈な態度をとられたり、下心が露骨に分かる振る舞いをされたりすると冷めちゃうのです。このため「好かれたい」との気持ちでからあれ、彼の都合に合わせすぎる女子は敬遠されます。

その一方、決して異性に媚びず、自分やプライドをしっかり持っている女性には一目置き、良い印象を持つものです。そうして普段から親しく付き合うことを通して、相手に夢中になっていきます♡

「媚びない」ことも男性を翻弄させるテクニックの一つ。

彼の家事や仕事を必要以上に手伝ったり、自分を下げる発言を繰り返したりすることは控えておきましょう。

時々こっそり特別扱い

いつも特別に扱うと下に見られちゃう!

男性は女の子に特別扱いされることが大好き。

人前ではクールな女子に自分だけ優しくされると嬉しくなるし、忙しいときであれデートに付き合ってもらえると幸せな気持ちになるものです♡

男性を翻弄するテクニックには、この「男性を特別扱いする」もあげられます。

でも特定の人をいつも特別扱いしてチヤホヤしてしまうと、男性は調子にのり、女の子を下に見ることが。

あくまで時々こっそり色々な男性を特別扱いすることで、男の狩猟本能やプライドは刺激され、相手女性を追いかけたくなります。

あなたも大好き人と両思いになりたいならば、本命を含めた周囲の男性を時々、特別扱いして、大好きな彼の心をつかんで翻弄しちゃいましょう。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks