タフそうに見えて実は繊細な彼氏!デリケートな男性と上手く付き合うコツ
タフそうに見えて実は繊細な彼氏!デリケートな男性と上手く付き合うコツ

タフそうに見えて実は繊細な彼氏!デリケートな男性と上手く付き合うコツ

実は繊細で傷つきやすい。そんな男性も時々いるものです。男性のすべてが「心身ともにタフ」というわけではないのです。あなたの彼氏もそうではありませんか?そこでこの記事ではデリケートな彼と上手く付き合うコツを5つ、ご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね♡

Pick up
続きを読む
公開日:

安易に怒りや苛立ちをぶつけない

繊細な男性は別れを意識!

ある人と交際していると、どうしても相手に感情をぶつけたくなるときがあるものです。

疲れているときやイライラしているときは、優しい女性であれ、彼氏に当たり散らしたくなるものですが、彼が繊細なタイプの場合、乱暴な真似はできるだけ控える必要があります。安易に負の感情をぶつけてばかりいると、別れを切り出される恐れがあるためです。

繊細な男性にとって、頻繁に怖い言動をする彼女は「脅威」なのです。長く耐えられません!

彼氏に怒りや苛立ちをぶつけたくなったときは深呼吸するとか、席を立つとかしましょう。

それに恋人に感じた不満点などは、できるだけ冷静に伝えること、おすすめします♡

言葉使いや発言を選ぶ

繊細な彼氏の前では乱暴なセリフはNG!

強気な発言をするときが多いけれど、実は繊細。

そんなちょっと厄介な彼氏と上手く付き合いたいのなら、自分の発言に無関心でもいけません。言葉使いや発言はきちんと選びましょう!

繊細な男性は乱暴な言葉使いをする人が苦手。相手が同性であれ、彼女であれ、距離を置きたくなります。

これまでキレイな言葉遣いをしていた人が、ある日を境に乱暴な言葉遣いを始めた場合、ショックを受けることも!

ただキレイな言葉遣いをしていても、非常識な発言をされると、やはり距離を置きたくなったり、相手にガッカリしたりするようです。

現在、品のないセリフや日本語を頻繁に口に出してしまっている女性は要注意。

彼との間に深い溝ができてしまう前に、言葉遣いなどを見直しましょう。見直せば、彼にホッとされて、仲が深まりやすくなりますよ♡

男らしさを要求しない

情けないと思えても押し付けはダメ!

実は繊細なところがある男性は、男性と女性の中間のような存在です。男らしさに、やや欠けています。

そのせいで男性にたくましさや強さ、頼りがいを求める女性の目には、「男らしくない」と映ります。「カッコ悪い」「情けない」と思えるときもあります。

とはいえタフそうに見えるだけの男性にも良いところ、魅力はたくさんありますし、男らしさを要求すると、彼の魅力が損なわれてしまう恐れがあります。

彼氏と口論になってしまう可能性も!

上手く付き合いたいのなら、彼氏が今持っている欠点の改善を強引にせまってはいけません。

「私にも欠点があるし、彼の欠点は私が埋める」なんて考えるようにしておくといいですよ。

相手に何かを求めるのではなく、努力して彼氏の欠点を補ってあげましょう♡

自分の好みを押し付けない

実は繊細な男性は押し付けに弱い!

誰もが恋人に何かを求めてしまうものです。欠点の改善を求める男女も多いもの。

それに自分の好みを受け入れることを求めてしまう女性も多いもので、あなたも好きな物を彼氏に押し付けていませんか?

「私は家にこもって本を読んでるだけじゃ満足できない。もっと外デートして!」とか、「もっと連絡して。あまり連絡してくれないと不安になる!」とか、平然と言ってしまっていませんか?

相手の気持ちや都合、価値観を考えずに自分の好みを押し付け続けた場合、彼氏にやはり別れを切り出される恐れがあります。

繊細な男性にとっては押し付けがましい女性も、脅威でしかないからです。デリートな人は恐ろしい存在とは共存できません!

彼と今後も仲良くしたいのなら、安易に何かを押し付けていけません。

相手の性質や価値観などを、できるだけ尊重してあげましょう♡

気配りと共感を忘れない

雑に扱われると繊細な男性は逃亡!

繊細な人と上手く付き合いたいのなら、優しさを忘れてはいけません。思いやりを忘れ、相手を気遣うことを怠ると、すぐに二人の関係は破綻に向かいます。

これは彼氏・彼女の関係にも当てはまります。実な繊細な一面がある彼氏をいつも雑に扱った場合、すぐに別れを切り出されます。

彼氏が彼女の不愉快さに耐えきれなくなるためです。

だけどコマメに気遣われ、共感されたなら、繊細な男性は彼女のそばに居心地の良さを感じて、デートに積極的になります。

頻繁に「会いたい。今、会える?」なんて言うようになります。プロポーズを考える男性も♡

大好きな彼と上手く付き合いたいのなら、それにいずれは結婚したいのなら、面倒でも気配りと共感を忘れてはいけません。

「大丈夫?」とか、「私もこういう場面ではよく失敗するの。気にしないで」とか。マメに伝えてあげましょう。

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks