お預けのテクニックで気になる彼に近づこう!おすすめはこの5つ♡
お預けのテクニックで気になる彼に近づこう!おすすめはこの5つ♡

お預けのテクニックで気になる彼に近づこう!おすすめはこの5つ♡

素敵な人と出会えたけれど、関係が進展しない。そんなモヤモヤする状況にいませんか?もしそうならお預けのテクニックを駆使して、二人の距離をグッと縮めちゃいましょう!この記事ではオススメのテクニックを5つ、ご紹介していきます。素敵な男性を探している女子も、ぜひ参考にしてくださいね♡

Pick up
続きを読む
公開日:

初デート後、距離を置く

二回目のデートはしばらくお預けにしよう!

気になる男性との初デートを無事、終えたなら、またすぐに会いたくなるかもしれませんね。

でも、デートで相手に良い印象を与えられることができたら、次に顔を合わせるまで、少し時間を置きましょう。

すぐに顔を合わせてしまうと、彼に「いつでも会える人」とか、「自分に気がある人」とか思われて、後回しにされるようになるかもしれません。だけど一旦、距離を置くことで、そのように思われずに済みます。つまり彼の中であなたが特別な存在になります♡

さらに人は良い印象を持った相手を、どんどん美化する習性があります。このためデート中に相手をうんと楽しませていたならば、次に顔を合わせたとき、あなたの印象はとっても良くなっているはず。

初デートが上手く行ったなら、二回目のデートは当分、お預けにしましょう。

彼に合わせることをお預け

男の本能を刺激して距離を縮めるテクニック!

デートを何度もする仲になると、男性はだんだん自分の都合を優先したくなってきます。つまり、女友達を振り回す存在になります。

女性も親しい男友達の前では自由に振る舞いますよね。男性も同じなのです。

でも彼の望みを叶えてしまえば、相手に軽く見られてしまい、関係はいつまで経っても進展しません。

ですから「彼のペースに流されているな」と思える瞬間が訪れたならば、積極的にデートをお断りしたり、連絡の頻度を落としたりしましょう!

自分のペースを優先し、彼の都合や気持ちに合わせることをお預けにすれば、男性の追いかけたがる本能を刺激することができ、ますます特別な存在に近づけるはずですよ♡

唇以外のところにキス

彼を情熱的にして距離を縮めるテクニックです。

気になる彼とキスできる雰囲気になれば、すぐにでもしたくなっちゃいますよね。

男性は仲の良い女の子とのキスが大好きですから、もちろんキスしても嫌がられることはありません。

でも「気になる彼に近づきたい。距離を縮めたい!」と思うのならば、簡単にキスしてはいけません。しばらくの間はお預けにしておきましょう。

でもどうしてもキスしたくなったならば、唇以外の場所に口づけしちゃいましょう!

頬、額、首筋など、男性からすれば「じれったい!」と思える場所にキスすることで、相手のプライドや狩猟本能に火を着け、情熱的にすることが可能ですよ♡

強引にキスをせまられても、「まだダメ」とか、「後でね」とか答えて逃げ、しばらくは唇へのキスは避けておきましょう。

フェイントをかけちゃう

何事も寸前でやめ彼をじらせるテクニック♡

男性は相手が女友達であれ、可愛く焦らされたなら、あるいは振り回されたならば、ドキッとしちゃうものです。

たとえばデート中、後ろからギュッとハグした後、キスする寸前でそっぽを向くと、男性はドキドキしてしまいます。

二人の距離を縮めるお預けテクニックには「際どいフェイントをかける」もあげられます。

キスするフリをする直前でやめることの他、繋ぐ直前で手を離す、ハグする寸前で明後日の方向へ歩いて行くなんてこともおすすめ。

キスやハグを期待していた男性は早く実行してほしくなり、あなたを追いかけてくるはずですよ。追いかけられたところで初めて実行すれば、二人の距離はグッと近づく可能性大です♡

おねだり後に拒否

彼をモヤモヤさせて距離を詰めるテクニック!

男性は女の子に愛情表現をおねだりされることが大好き。

デート中に「手を繋ぎたい」「ハグしてほしい」なんて言われたならば、喜んで実行しちゃいます♡

でも実行の寸前で「やっぱりイヤ」なんて言われたならば、お預けをくらったように思えてモヤモヤしちゃいます。ただ同時に「絶対に手をつなぎたい」とか「ハグしたい!」とか、以前より強く思えてしまうものです。

「愛情表現をおねだり後、可愛く拒否する」ことも、二人の心身の距離を縮めるお預けテクニックの一つ♡

あなたもハグやキスをおねだり後、される寸前で可愛く身をかわしてみてくださいね。きっと彼はあなたに本気になり、距離を縮めることを強く意識するはずですよ。

・・・・ただ一度のデートで繰り返し拒否されると、淡白な男子は冷めちゃう恐れがありますから、拒否はあくまで時々程度がオススメです。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks