連絡頻度が少ない彼!彼女にあんまり連絡しない男の心理や理由とは?
連絡頻度が少ない彼!彼女にあんまり連絡しない男の心理や理由とは?

連絡頻度が少ない彼!彼女にあんまり連絡しない男の心理や理由とは?

交際中の人の連絡頻度が少ない。そんな気がしていませんか?男性の中には頻繁に連絡する人もいれば、あんまりLINEも電話もしない人だっているものです。でも後者はどうして連絡頻度が少ないのでしょうか?この記事では、彼らの心理や理由をご紹介していきます。深く悩んでいる女性はぜひ参考にしてくださいね。

Pick up
続きを読む
公開日:

頻繁に連絡する必要を感じない

用事がなければ何もしない男は連絡頻度が少ない!

恋人への連絡頻度が少ない男性の多くは、そもそも頻繁に連絡する必要を感じていません。

「しょっちゅうLINEや電話するカップルがいるけど、何を伝え合ってるの?」とか、「伝えたいことって、そんなにないから、頻繁に連絡する必要がない」とか、考えている男性もいるものです。

彼らは彼女への愛はあるけれども、用事がなければ連絡はしません。無駄が嫌いな男性や、マメではない男性は特にそうです。

あなたの彼氏も、ひょっとしたら単純に必要を感じないから、あんまり連絡を寄越さないだけかも。相手に理由を問い詰めたとき、「なんで何度も連絡しないといけないの?」なんて言われたなら、その可能性大!

連絡が少なくて寂しいと感じているならば、その気持ちを素直に伝えて、マメに連絡してもらいましょう♡

面倒くさい

お疲れの男性も連絡頻度が少ない!

男性の中には彼女への連絡が、「積極的にしたいこと」ではないタイプもいるものです。

いつもお疲れ気味の男性や悩みが多い男性などがそうで、彼らは恋人から着信があったとしても、あるいはLINEが届いたとしても、「面倒くさい」「疲れてるからムリ」と感じて、返信などを後回しにしてしまいます。

また、自分から連絡することもあまりありません。

あなたの彼氏がお疲れ気味の人だったり、恋愛中に集中できない状態の男性だったりする場合、連絡頻度が少ない理由はコレかも。

もしそうなら、現状に不満を訴えても改善してもらえる確率は低め。でも彼の疲れや悩みを解消してあげれば、連絡頻度も改善されるかもしれません。デートで疲労回復効果のある温泉に連れて行く、悩みを親身になって聞いてあげるなどしてあげると良いですよ♡

恋愛以外のことに忙しい

多忙な男性は連絡する時間がない!

今どきの男性は女性と同じくヒマではありません。

お仕事や人付き合いなどに時間をとられ、一日があっという間に過ぎていく毎日を送っています。

自由な時間などほとんどない男性もいて、彼らは彼女に連絡したい気持ちはあっても、なかなかできません。彼女に「もっと連絡して!」と言われても改善できず悩みがちでもあります。

「忙しすぎて連絡できない」と思っている彼氏に連絡を急かしたり、回数を増やしてほしいとお願いしたりしても、望みが叶うことはあまりありません。

ですから、多忙な彼を持つ女性は連絡頻度以外のことにこだわりを持つべきかも。デートやメッセージの質とか、愛情表現の方法などにこだわれば、悩みは消えるかもしれませんよ。

顔を合わせたときに伝えたい

面と向かって伝えたい派も連絡頻度は少ない!

LINEやメールで手軽に伝えられることであれ、「顔を合わせたときに伝えたい」「会って話せばすむこと」等と考えている男性もいるものです。

彼らは本当に悪びれなく連絡を滅多にせず、デートのときに伝えたいことを伝えようとします。

あなたの彼氏もこのような「LINEやメールより、顔を見ながらのコミュニケーション重視派」ならば、何度もストレートに気持ちを伝えることで、頻度がアップするかも!

「もっと連絡してほしい」「連絡が少ないと寂しい」なんて繰り返し伝えると、さすがの彼も考えを改めてくれる可能性アリですよ♡

ただしイライラしながら伝えちゃうと、相手もイライラしてお願いを拒否されちゃうかもしれませんから、冷静に、なおかつ真剣に不満を伝えると良いかも・・・・

自分の時間を確保したい

一人の時間が充実している男は彼女を優先しない!

女性は他愛のないおしゃべりであれ楽しさを感じられるものです。あなたもお友達との何気ない会話を「楽しい!」と感じることがあるのでは?

でも、男性の多くはそうではありません。だから用もないのに連絡された上、雑談を始められたなら疲れちゃうときすらあります。

さらに一人の時間が充実している場合、彼女と会話をするよりも、「少しでも多く自分の時間を確保したい」と感じ、連絡頻度が最小限になります!

つまり彼女からの連絡に塩対応し、自分からも滅多に連絡しない彼氏は、お仕事や趣味に打ち込んでいる可能性もアリ。

もしあなたの彼氏がこのタイプなら、もっと恋愛に積極的に参加するよう、繰り返しお願いしましょう。何もしないと、ずっと連絡頻度が少ないままかもしれません。

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    Hot Topicks