好きな人は仕事が忙しいヒマなし男!彼と両思いになるコツは?
好きな人は仕事が忙しいヒマなし男!彼と両思いになるコツは?

好きな人は仕事が忙しいヒマなし男!彼と両思いになるコツは?

無事に好きな人ができたけれど、彼が猛烈に仕事が忙しいタイプだった場合、どんなアプローチをすれば良いのか迷いますよね。下手な方法をとってしまえば迷惑に思われかねませんから。そこでこの記事では多忙でヒマなしな彼と距離を縮めるコツを5つ、ご紹介していきます。「彼となんとしても両思いになりたい!」と考える女子は必見です♡

Pick up
続きを読む
公開日:

面倒なコトを言わない

仕事が忙しい彼に面倒くさい発言はNG!

仕事が忙しい男性は当然ながら、いつも時間に追われています。自由時間はほとんどないから、睡眠や食事の時間もかなり削っています。

そんな人達にとって、顔を合わせる度に、あるいはLINEや電話で度々、面倒なコトを言ってくる相手は「めんどくさい女」です。できれば関わりたくないと感じます。

でもそのような発言が最小限の女子は、彼らにとって面倒ではないイイ女。「居心地がイイ!」と思え、積極的に関わりたくなります。

ですから仕事が忙しい彼と両思いになるコツの1つ目は「面倒なコトを言わない」です♪

仲良くなった人には男女を問わず「LINEしたら既読無視しないでほしい」とか「彼氏にはお仕事より私を優先してほしい♪」とか言っていた女子は、ホントに好きな人の前では、なるべく言わないようにしておきましょう♡

彼の仕事を否定しない

好きな人の好きな仕事は尊重しておこう♪

仕事が忙しい男性は多くの場合、自分の仕事に誇りを持っていたり、入れ込んでいたりするもの。

だからその仕事を否定するような発言をされるとムッとします。

どんな理由からであれ、また悪意がないと分かっている場合であれ、「そんな仕事、やってて面白いの?」「そんなに入れ込まなくてもいいのに」なんて言われると、かなり腹を立てる男も!

「今のお仕事が嫌い」と、常々言っている男性であれ、「それなら転職すれば?」と返されるとイラッとする傾向が・・・・

一方、相手のお仕事を尊重し、頑張る姿を評価した場合、相手女性も尊重され、高く評価されます♡

ですから両思いになりたい、距離を縮めて仲良くなりたいと願う女子は相手を否定することも控えておきましょう♪

好きな人を褒めて高く評価

仕事が忙しい彼にも好感を持たれます♪

男性はいつだって褒められることが大好き。成人と呼ばれる年齢になっても、30代や40代になっても、女の子からチヤホヤされると悪い気はしません!

可愛く褒められると、プライドや男心が刺激されて、かなり嬉しくなる男子も!

実はこれはお仕事が忙しい男性も同じ。多忙な彼らも女の子から褒められ、チヤホヤされることが嫌いではありません。大好きなお仕事を高く評価された場合は自尊心が満たされ、かなり良い気分になり、相手女性に好感を持つ人もいます。

このため繰り返し相手を褒め、高く評価しておくと、彼との距離を縮めやすくなります♪

相手と同じ職場や学校に通っている女子は、好きになったあの人をマメに褒めておきましょう♡

気を遣う

仕事が忙しい彼はお疲れ気味だから喜ぶ!

お仕事が忙しい男性はいつもお疲れ気味。

職場や取引先では元気いっぱいでも、お家では寝てばかりな男子もいるものです。

ですから異性にねぎらいの言葉をかけられたり、仕事の疲れがとれる入浴剤をプレゼントされたりすると、とても嬉しくなります。相手を高評価し、お礼の品をくれる人も♡

多忙な男性は気を使われると、決して悪い気はしないのです。

だから彼と両思いになりたいなら、うんと気を遣い、優しくすることも心がけておきましょう。

さり気なく気の利くアイテムを差し入れしたり、風邪で寝込んだときはお薬を持って行ったりするとイイですよ♪

地道に続けるだけで、あの人が脈アリとなり、追いかけられる身になれちゃうかも♡

笑顔をプレゼント

好きな人の前では愛想よく振る舞おう♡

女性の可愛い笑顔は男性の疲れた心と身体を癒す効果があります。

心身ともに疲れ切っているときでも、さり気なく笑顔を見せられると、それだけで体が楽になる男子も♡

仕事が忙しく、お疲れの日々を生きている男性も、女性の笑顔にはとても癒やされます。

だから好きな人が多忙なタイプである場合、積極的に笑顔を見せておきましょう。

差し入れをするとき、会話をするとき、あるいはねぎらいの言葉をかけるときなどは、できるだけニッコリしておくと、良い印象を持たれ、お互いの距離はグッと近づきますよ♪

ただしノーメイクだったり、服装やヘアに清潔感がなかったりすると、せっかくの笑顔も台無しに。

「彼を落としたい!」と思う女子は外見にもできるだけ気を配っておきましょう♡

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks