生活水準を下げたくない人は多い!?結婚と生活水準の関係は?
生活水準を下げたくない人は多い!?結婚と生活水準の関係は?

生活水準を下げたくない人は多い!?結婚と生活水準の関係は?

生活水準を普段、意識している人は多いもの。ただ時折、結婚と生活水準の繋がりを軽視している女性もいるものです。そこでこの記事では結婚後、生活水準が変わるとどうなるのかの他、彼氏が自分より低収入の場合の対処法などもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね♡

Pick up
続きを読む
公開日:

好みの生活水準は人それぞれ

贅沢な暮らしをしている人もいれば!

「一億総中流社会」なんて呼ばれていた時代は、もはや過去。今の日本の家庭の生活水準は、おうちにより異なります。

とても贅沢な暮らしをしている一家もいれば、貧しい生活に甘んじている人たちも。

今や皆、生まれも育ちもバラバラです。

このため本人好みの生活水準も異なります。生活の仕方も異なります。

だから結婚を意識すると、多くの男女は生活水準が気になります。「結婚したら、生活水準が落ちるかも」とか、「ハイスペックな男性と結婚できれば、生活水準が上がるかもしれない」とか考えるわけです。

あなたも一度は結婚後の生活の質について考えたことがあるのでは?

他の人達も大抵、そうなのです♡

多くの女性は生活水準を下げたくない

結婚後も今の生活、生き方を続けたいから!

「生活水準が高い家庭」とは、「良家」とも、「良い生活ができている家庭」とも言えます。多くの男女にとっては憧れの家庭でもあります。

あなたも生活水準が高い家庭を夢見ているのでは?

「少なくとも今以上に貧しい生活はイヤ。生活水準を下げたくない」と思っているのではないでしょうか?

大多数の女性は同じように考えています。それに「結婚後も今の水準をキープか、上向かせたい」と考えています。

もちろん、そう考えることは悪いことではありません。人間なら誰もが貧しい生活より、良い生活を望むものですし、我が子に良い教育や環境を与えてやりたいと思うものです。

それに生活水準が下がると生活の仕方も変えなくてはいけませんよね。

多くの女性はこの点にも我慢ならないので、「結婚後も生活水準を変えたくない。できれば改善したい」と考えています♡

結婚後、生活水準が変わると?

環境の変化にはリスクがひそむ!

生活水準が下がると、これまでと同じ生活はできなくなります。

この点は生活水準が大いに上がったときもそうです。往々にしてこれまでとは違う暮らし方を強いられます。

ただ大抵の人は環境の変化に簡単には適応できないもので・・・・

自分より貧しい男性と結婚したために生活水準が大いに下がり、貧しい暮らしをすることになり、心の安定と健康を失う女性もいるものです。

貧しい生活は女性に多大なストレスと疲労、プレッシャーや不安を与えるためです。

また自分より裕福な人と結婚したために心身を病む女性も。

相手の生活習慣や考え方に共感も従うこともできずに、ストレスを抱え込み、最終的に病に倒れる女性が今も昔も少なからずいるようです。

結婚後、生活水準が変わることは決して珍しくありません。

でも変わってしまったために生活の仕方も変わり、パンクする女性もいるものです。

「結婚後、生活水準はどうなるのか?」

環境の変化にはリスクが潜んでいますから、変化に強いタイプではないのなら、あなたもこの問いを無視してはいけません。

彼氏が自分より低収入の場合は要注意

結婚後に生活水準がガクッと下がるかも!

結婚後の生活水準について考える、これはとても大切なことなのに、ほとんど考えていない男女が時折いるもので、あなたもひょっとしたらそうかもしれませんね。

今も「何とかなるでしょ」なんて考えているのでは?

でも何とかならない場合もあります。彼氏が自分より低収入だった場合、ならない確率が高めです!

結婚後、生活水準がガクッと下がり、今の生活を維持できなくなる恐れがあります。それにそのせいであなたも彼氏も、多大なストレスと不安を抱え込んでしまう可能性があります。

貧しいと選べる選択肢が少ないですから、結婚後は生きること以外、何もできなくなるケースもアリ!

「結婚のせいで病むなんてイヤ。楽しい夫婦生活にしたいし、良い家庭を築きたい」と思っているのなら、今のうちに彼氏と将来について真剣に話し合い、お互い年収アップを目指すとか、どちらかの実家に引っ越すことを検討するとかしてみるといいかもしれません。

まだ彼氏がいないのなら?

交際相手を吟味して結婚観を話し合おう!

あなたが現在フリーで、不幸な結婚をしたくないと思っているのなら、やはり結婚後は生活水準を大幅に変えてはいけません。特に水準を下げてはいけません。

それに下げないためにも、幸せになるためにも交際相手をしっかり吟味しましょう。頼りがいのある人を選ぶとか、お仕事や稼ぎに無関心な人を避けるとかするといいかもしれません。

それに良い相手が見つかったなら、彼と結婚観について、じっくり話し合ってくださいね。

どんな夫婦生活にしたいかとか、今の生活水準をキープするために共稼ぎ夫婦になるべきかとか。自分のためにも相手のためにも、色々なことを話し合っておきましょう。

「大変そう」と思えるかもしれませんが、今のうちにできることをきちんと実行しておけば、結婚後、何度も後悔するハメになることはないはずです♡

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks