食後のゴロ寝は太るって本当?太りにくいカラダを創るには?
食後のゴロ寝は太るって本当?太りにくいカラダを創るには?

食後のゴロ寝は太るって本当?太りにくいカラダを創るには?

Pick up
アナタにおすすめ
公開日:

【質問】食後すぐに寝転がると太りやすくなる

あをか/女性/14歳

食後すぐに寝転がると太りやすくなるって本当ですか!?

御飯を食べた後はお腹いっぱいで動きたくなくて、つい寝転んでしまいます。

そのまま寝てしまう時もあるんです。

最近はお腹に効くエクササイズなどやっているんですけど、なかなか凹みません。

食後すぐに寝転ぶからなんでしょうか?

【回答】寝転がるから太るということはありません

監修者/高梨由美

『寝転がるから太る』ということはありません。

活発に活動する十代は食後にいきなりOFF状態に陥ることもしばしばです。

楽しい食事はココロとカラダに安らぎを与えますので『副交感神経』が働きかけて眠くなるということもあるものです。

例えば、副交感神経が活発に働くと胃腸の働きもUPします。

そうすると『太りにくいカラダを創る』という喜ばしいことにもつながります。

“動けなくなるほど”ご飯を沢山食べ過ぎているのなら確かに問題はありますが、これから女性としての様々な機能を成長させていかなくてはならないあをかさんには、『よく食べ』『よく動き』『よく眠る』が大切です。

昔から『寝る子は育つ』と言われるように、睡眠を上手に活かせる人は、ココロもカラダも美しく育つものです。

牛肉・魚・野菜・わかめやひじき等の海藻類をバランスよくメニューに取り入れてもらい、デザートを含めた【腹八分目】を心がけ、姿勢をよくすることを意識して毎日を送りましょう。

姿勢ひとつでお腹のへこみ具合も変わってくるものですよ。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks