腹筋をしていたら腰が痛くなるのはフォームが崩れているかも
腹筋をしていたら腰が痛くなるのはフォームが崩れているかも

腹筋をしていたら腰が痛くなるのはフォームが崩れているかも

Pick up
アナタにおすすめ
公開日:

【質問】腹筋をしていたら腰が痛くなる

(o^^o)/女性/18歳

腹筋をしていたら腰が痛くなるのはどうしてでしょうか?教えてください。

【回答】腰部が硬くて伸ばされずに力んでしまっている

監修者/池野百恵

腹筋をしていて腰が痛くなる原因ですが、どのようなエクササイズをしているかにもよります。例えば腹筋を使ってカールアップ(胴体を丸める動き)をする場合ですが、身体を起こして腹筋を縮めようとするときに腰部が硬くて伸ばされずに力んでしまっていることが考えられます。腰部が硬いとお腹の筋肉が縮まずに背中を丸める事ができません。

また、股関節が床から離れてしまい腰が床から浮いていることも考えられます。腹筋を使ってカールアップ(胴体を丸める)する場合は肩甲骨よりもやや下の辺りが床から離れれば十分に腹筋に力が入りますので、もし床から離れている場合は起き上がりすぎなのでエクサイズフォームを見直しましょう。

また、レッグレイズの場合は股関節を90度にして両脚を床から離して下腹部のエクササイズですが、両脚が床から離れた時に下腹部で床に押し付けるようにコントロールできるのが絶対条件です。床と腰の間に隙間ができている場合は骨盤から腰椎が反ってしまい腰に負担がかかります。下腹部の力でコントロールが難しい場合は中止して頂くか、片脚ずつのレッグレイズに変更されることをお薦め致します。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks