腟の入り口にできるできもの!!「バルトリン腺のう胞」って知ってますか?
腟の入り口にできるできもの!!「バルトリン腺のう胞」って知ってますか?

腟の入り口にできるできもの!!「バルトリン腺のう胞」って知ってますか?

Pick up
アナタにおすすめ
公開日:

【質問】膣にふっくらしたモノができ、押すと痛みます。

寿姫亜/女性/19歳

膣に、何かふっくらしたモノができてしまいました。

下着の上から軽くおすと、痛いです。

色は少し青紫色ぽいです。

大学生になってから気付きました。

今は大学一年です。

大学生になってからの生理の後か前に出来て、すぐ消えていたのに、ここ二週間、消えません。

膣の病気ですか?

すごく怖いです。 

【回答】腟の入り口にできるできものとしては、「バルトリン腺のう胞」があります。

医学/松村圭子

状態を実際に診ていないので何とも言えないのですが、腟の入り口にできるできものとしては、「バルトリン腺のう胞」があります。

腟の入り口近くにあるバルトリン腺という分泌腺が、何らかのきっかけで詰まると、粘液がたまってのう胞(袋状のもの)ができます。

バルトリン腺は左右にひとつずつありますが、バルトリン腺のう腫は多くの場合片側にだけ生じます。

ほとんどの場合、症状はありませんが、化膿すると痛みを伴うようになります。

ただし、バルトリン腺のう胞は、一度できると自然に消えるということはないので、以前はすぐに消えていたのであれば、考えにくいですね。

あと、考えられるのは、腟というより外陰部の皮膚にできる「アテローム」です。

これは、皮膚の下に袋状のものができ、本来剥がれ落ちるはずの垢(角質)や皮膚の脂(皮脂)がなかにたまっていって、少しずつ大きくなる状態です。

通常、症状はありませんが、化膿すると赤くはれ上がって痛みを伴うようになります。

バルトリン腺のう胞もアテロームも、治療としては、手術で切除します。

化膿していれば切開して膿を出します。

また、何も症状がなければ経過観察することもあります。

考えられる疾患を挙げましたが、先に述べたように、実際に診てみないと診断が下せませんので、早めに婦人科で診てもらいましょう。 

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks