温感湿布と冷感湿布はどう違う?使い分けるにはどうすればいい?
温感湿布と冷感湿布はどう違う?使い分けるにはどうすればいい?

温感湿布と冷感湿布はどう違う?使い分けるにはどうすればいい?

Pick up
アナタにおすすめ
公開日:

【質問】温感湿布と冷感湿布の使い分け方が知りたい

夢/女性/23歳

湿布には温感と冷感がありますが、効果は何が違うのでしょうか?そして温感湿布と冷感湿布の使い分け方を教えてください。

【回答】温感湿布と冷感湿布の違い

監修者/松村圭子

温湿布は、温めることによって血行を促す効果があり、冷湿布は冷やすことによって炎症を抑える効果があります。

一般的に、打撲をした直後の急性期などは、炎症を抑えるために冷湿布をし、慢性の腰痛や肩こりなどの場合は、血行を良くして症状を改善するために温湿布をすることが多いです。

このような区別はありますが、冷やした方が心地よいか、温めた方が心地よいか、試してみて気持ちの良い方を選ぶようにしても良いでしょう。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks