卵巣出血とはどういう病気?卵巣出血すると妊娠しにくくなる?
卵巣出血とはどういう病気?卵巣出血すると妊娠しにくくなる?

卵巣出血とはどういう病気?卵巣出血すると妊娠しにくくなる?

Pick up
アナタにおすすめ
公開日:

【質問】卵巣出血について知りたい

りえ/女性/22歳

卵巣出血とはどういう病気ですか?卵巣出血になると妊娠はしにくくなると聞いたのですが本当でしょうか?

【回答】卵巣出血について

監修者/松村圭子

卵巣出血とは、その名の通り卵巣から出血をするもので、排卵後に卵巣の黄体という部分から出血することが多く、「黄体出血」とも呼ばれます。

性交の刺激によって出血が起こることが多いようです。

卵巣からの出血がお腹の中に溜まって腹膜を刺激することによって、下腹部痛や吐き気、おう吐などの症状が起こりますが、症状の程度には個人差があり、人によってさまざまです。

安静を保つことによって出血が止まれば良いのですが、出血が続くような場合は手術をして出血を止めなければなりません。

卵巣出血を繰り返すようなことはほとんどなく、将来の妊娠への悪影響はないので心配はありません。

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks