恋活・婚活中の女子も必見!好きと言わない好意の伝え方5選
恋活・婚活中の女子も必見!好きと言わない好意の伝え方5選

恋活・婚活中の女子も必見!好きと言わない好意の伝え方5選

職場の同僚や部下を好きになってしまったら?あるいは恋活・婚活中に素敵な人に出会ったなら?想いを伝えたいですよね♪でも告白は勇気のいる行為。大胆な女子でも簡単にはできませんよね。そこでこの記事では好きと言わない好意の伝え方を5つ、ご紹介していきます!今日からさっそく使って、彼との距離を縮めちゃいましょう♡

Pick up
続きを読む
公開日:

彼にうんと優しくしちゃう

思いやりを通して好意を伝えるテクです♪

男性は異性に優しくされたら悪い気はしません。むしろ気分が良くなります。

ねぎらいの言葉をかけてもらえただけで、元気が復活する男性もいれば、飲み物や食べ物を差し入れされただけで幸せな気持ちになれる男子もいるものです。

さらに優しさあふれる行いを普段から繰り返せば?

メンズは相手女性に「ひょっとして彼女、おれに脈あり?」とか「意識されてるかも」とか感じちゃいます!

ですから気になる彼が身近にいる場合は、いつも彼にうんと優しくしちゃいましょう♪

ストレートに好意を伝えなくても、あなたの想いも伝わり、気になる存在になれるハズ♡

さり気なく手を貸す

「好き」は助け船を出したときにも伝わります♪

もし大好きな人が困っていたら?

手を差し伸べたくなっちゃいますよね♡

その気持ちに素直に従いましょう。

「好意を伝えたい。でも好きと言えない!」女子でも、相手に愛情を伝えられる可能性大ですよ。

人は何度も自分を助けてくれる異性に、好意を感じる傾向があるからです。

もちろん世の中には鈍感な男子もいますが、そのようなタイプであれ、繰り返し困っているときに手を貸してもらえると、相手に良い印象を持つものです!

ですから好きになった男性がどんなタイプであれ、チャンスがあれば、どんどん手を貸してあげること、おすすめします。

ただし自分では手に負えないのに請け負ってしまう、「ありがとう」を言われないとむくれてそっぽを向く、なんて行為はNGです。相手に悪い印象を与えてしまいます。

彼に近づく機会を増やす

ごく自然に好意を伝えられます♪

人は何度も2人きりになる人物、あるいは繰り返し視界に入ってくる人に親近感を持つものです。相手が異性の場合、徐々に意識するようになる男子も!

さらに顔を合わせる度に楽しくおしゃべりすれば?

彼らは「彼女はこちらに好意的だ」と無意識のうちにも感じ、自分も少しずつ相手に好意を持つようになります。

ですから好きと言えない、でも好意を伝えたい女子は、彼に近づく機会を増やして、好きの気持ちを全身でアピールしちゃいましょう。

会社の飲み会では毎回隣に座って会話を盛り上げる、休憩時間はこまめに話しかけて笑顔で楽しい話題をふるなどすれば、彼も徐々にあなたの好意に気づき、ドキドキし始めるはずですよ!

「彼に近づく機会を増やす」ことも、効果的な好きの気持ちの伝え方です♡

自分について話す

素直になれば好意は自然と伝わります♪

女性と同じく男性も、自分についてほとんど話そうとしない女性には好意や親近感を持ちません。「ガードが堅い」「近寄りがたい」なんて思ってしまいます。

逆に自分について隠さず話してくれる相手に接すると、「信用されている」とか「特別扱いされてる」とか感じられて、嬉しくなるものです。

さらに何度も自分の好きなものとか子供の頃の経験とかを語られると、自分は好意的に思われていると、ごく自然に感じられます♡

ですからあなたも彼にガードの堅い女、ミステリアスな人、なんて思われているならば、勇気を出して態度を改めましょう。好きと言わなくても、彼にあなたの好意が伝わるかもしれませんよ♪

・・・・ただし過去の男性経験や元カレとのやり取りなんかは伝えないようにしておきましょう。ピュアな女性を好む男性、他の男のことは聞きたくないと考えている男子は少なくありません。

友達に想いを伝えてもらう

親しい人の手を借りる効果抜群の伝え方♡

困ったときに頼りになる存在。それが友達です!

友達とは要するに心強い味方です。両思いになりたい人がいるのなら、彼らは喜んで手を貸してくれるはずですよ。

そこであなたにも信頼できる友人がいるのなら、本命に好きの気持ちをこっそり伝えてもらいましょう!

男性は自分に好意を持っている人を意識しちゃう生き物だから、彼もあなたを無視できなくなるハズですよ。勇気を出して、「あの子、実はあなたのこと好きらしいよって、彼に伝えて」と、友達に伝えてみてくださいね♡

「友達を介してとはいえ、好きの気持ちを言葉で伝えるなんてイヤ!」と思う場合は友人に、あなたを高く評価する意見を、彼の前で何度も口にしてもらいましょう。

「○○って、すごく良い子だよ。彼女にしたら、絶対に幸せになれるタイプ」「料理が得意だから、きっと良い奥さんにもなると思うんだよね」なんて繰り返し聞かされたなら、鈍感な彼もあなたに告白したくなっちゃうはず!

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks