唇をぷるぷるにする方法~リップの塗りすぎはNG!集中パックが効果的!
唇をぷるぷるにする方法~リップの塗りすぎはNG!集中パックが効果的!

唇をぷるぷるにする方法~リップの塗りすぎはNG!集中パックが効果的!

唇は空気の乾燥によって影響を受けやすい部分です。がさがさの唇では、いくらキレイに口紅を塗ってもノリが悪く、メイクも台無しになってしまいますよね。正しいケアを行って潤いのある唇を手に入れましょう!今回は『唇をぷるぷるにする方法』をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

唇は刺激をうけやすい

唇は、他の部分に比べて角質層が薄く、また、汗腺や皮脂腺がないので、汗や皮脂で作られる天然の保護膜「皮脂膜」が作られません。

そのため、紫外線や乾燥など外部環境や、飲食物の刺激などの影響をまともに受けてしまい、乾燥して荒れやすくなるのです。

なめるのはNG

唇が乾燥している時は、つい舌でなめてしまうことも。なめると一時的に潤うような気がしますが、乾くときに水分が奪われてしまって、さらなる乾燥や荒れを招いてしまうので注意が必要です。

皮がめくれてきても、つい気になって剥がしたくなりますが、はがしてしまうと必要な角質まで剥がしてしまうことがあるので、剥がさないようにしましょう。

リップクリームの塗り過ぎもNG!?

リップクリームが手放せないという人も多いようですが、リップクリームの塗り過ぎが唇への刺激になって、かえって唇を痛めてしまうことがあるので注意が必要です。

シアバターやワセリンなど油分を多く含んだ保湿クリームをそのまま塗るのもおススメです。

塗るときは、強くこすりつけないようにし、塗る回数は一日3回程度にしておきましょう。

スティックタイプの場合はポンポンと軽く押すようにし、クリーム状のものは、指先で軽く唇を押すようにのせるのがポイント。

口紅をしっかり落とす

唇への負担を減らすには、口紅をしっかり落とすことも大切です。口紅を落とす時は、クリームタイプのクレンジングがよいでしょう。

落ちにくい口紅の場合は、オリーブオイルをコットンに含ませ、唇になじませてからクレンジングをすると落ちやすくなります。

唇の集中ケア

集中ケアとしては、ワセリンを使ったパックがおススメです。ワセリンを唇にたっぷりつけて、唇を指でくるくるマッサージした後、ラップを唇に密着させて5分ほどパックします。

ラップの上から蒸しタオルを乗せるとさらに効果的です。ワセリンの代わりにはちみつを使ってもよいでしょう。唇は、自分で潤いを取り戻す力が弱い部分。

思わずキスしたくなるような「ぷるぷる」の唇を目指して、しっかりケアしてあげましょう。

【関連記事】

キスの仕方から男性心理まで~キスに関するすべてを解説します! キスの仕方から男性心理まで~キスに関するすべてを解説します!

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks