Omiaiでメッセージを続かせたいなら?おすすめの方法9選!
Omiaiでメッセージを続かせたいなら?おすすめの方法9選!

Omiaiでメッセージを続かせたいなら?おすすめの方法9選!

「せっかくマッチングしたのにメッセージが続かない」「すぐに縁が切れる」等など。Omiaiではメッセージに関する嘆きがたびたび聞かれます。今回はメッセージを続かせて関係を進展させる方法をお届けします。「好みの人とマッチングできたのに、すぐにメッセージが途切れた」「リアルで出会えたけれど、彼氏彼女の関係に進展しない」と嘆く方も必読です。

Pick up
続きを読む
公開日: 更新日:

共通点のある異性を探す

共通点のある異性を探す

自己紹介文を参考にしたり、キーワード機能を使いこなしたりしよう!

メールのやりとりをスムーズにするためには、そもそもどのような相手とマッチングするかが重要です。

マッチング相手のおすすめは共通点のある異性です。

趣味や価値観、出身地など、お互いに共通する何かがあれば、次のようなメリットが生まれます。

・意気投合して相手と打ち解けやすい

・会話が盛り上がりやすい。

・お互いの好きな場所が一致していれば、その場へ誘いやすい等など。

「マッチングしても、なかなかやりとりが続かない」と思っている場合、「いいね!」してくれた相手や、好みの異性の自己紹介文の中にご自身との共通点がないか探してみましょう。

キーワードで検索ができるキーワード機能を利用して共通する何かを探す手もアリです。

いくつか共通点のある異性とマッチングすると、メッセージのやりとりが今までよりずっとスムーズになるかもしれませんよ。

相手の都合を意識しておく

相手の都合を意識しておく

やりとり相手の都合を無視した行為は危険です。

Omiaiの登録者は大半が20代~30代です。

つまり学校やお仕事で忙しい方が大半です。

さらに現代社会に生きる10代や40代以降の方々も多忙な方が多い傾向に。

そのため相手の年齢がいくつであれ、またどんな立場であれ、都合を無視して大量にメッセージを送ったり、早く連絡が欲しい旨を何度も書いたりしてしまえば、たとえお互い共通の話題で盛り上がれる仲であっても、相手をうんざりさせてしまう恐れがあります。

繰り返し相手にネガティブな印象を与えれば、最悪ご縁が切れてしまいますから、相手の都合を無視した回数を送る行いはもちろん、催促する行為もできるだけ控え、相手に負担をかけないやりとりを心がけましょう。

メッセージを送る時間帯を意識しておく

メッセージを送る時間帯を意識しておく

受け取り手の気持ちになって考える姿勢も大事です。

相手が忙しい時間帯に返信を送っても、メッセージを入力できる状態になければ返信は期待できないどころか、「後で返信するつもりだったけど、なんだか面倒くさく感じてきた」と思われ、メッセージが途絶える場合すらあります。

できればすぐに返信したいと考える相手であれば、忙しい時間帯にメッセージを送ってこられると迷惑に感じる可能性もあります。

そこで返信が早い相手に対しては希望の時間帯を質問して、その時間に送信する、学生や昼間に働いている人たちであれば朝や夕方などに返事を送るようにすると良いでしょう。

遠まわしですが、相手に優しさや余裕もアピールできます。

「迷惑に感じない時間帯にメッセージを送る」行いは地味で些細な行為ではありますが、メッセージを続かせるためのコツの一つです。

早々に相手から不安要素をなくす

早々に相手から不安要素をなくす

相手から不安を取り除くほど、デートの日が近づきます。

オンライン上では当然ながら相手の素性が分かりません。

そのため女性は特に相手が何者か、体目当てのヤリモクではないのか、真剣に恋活、婚活しているのか気になるもの。

そこでマッチング後できるだけ早い段階でマッチングアプリに登録した目的や、最終的なゴールを伝えておくと、相手は安心します。

またメッセージの途中で相手が何か不安に思うものがあるようなら、できるだけ早めに解消してあげましょう。

相手に不安を持っているとき、人は積極的にメッセージを交わしたい、LINE交換したい、一緒にお出かけしたいとは思わないものです。

ちなみに自己紹介文にマッチングアプリに登録した目的などを書いていても、忙しい人や人気会員はちゃんと目を通していない可能性が高いです。「プロフィールや自己紹介文に書いてあるから、やりとり相手はみんな自分の趣味や登録目的を分かってくれているはずだ」との考えはお忘れください。

相手から不安要素をなくす要素は自己紹介文の中だけでなく、メッセージの中でも伝えましょう。

相手が喜ぶワードや話題を切り出す

相手が喜ぶワードや話題を切り出す

趣味やお仕事、好きな食べ物など、相手が喜ぶキーワードが分かれば話題にしましょう。

つまらないと相手が感じるメッセージを送り続けていると、いずれやりとりが途絶える可能性が大です。

相手が聞きたい言葉、聞きたい話題は何か?

これらの情報を早々に見つける必要があります。

もし相手があなたと同じ趣味を持っていて、それを話したがっていれば、話してもらえるよう促す、仕事の話しをしたがっているようであれば聞く旨を伝えましょう。

聞きたがっている言葉、聞きたがっている話題を出せば、たいてい相手は喜び、会話がはずみます。会話が長くはずめば、徐々に相手から会話を盛り上げてくれるようになるだけでなく、あなたに気を許してくれるようにもなるので、メッセージがますます続きやすくなります。

相手が喜ぶワードやテーマが無茶なものであれば、話題にあげるとなると難しいですが、それ以外の場合は会話をはずませる有効な手段と言えます。

毎回さりげなく返信を促す

毎回さりげなく返信を促す

返信率をアップさせるために質問やちょっとした言葉を取り入れよう!

そもそも相手に返信する気持ちになってもらわなければ、メッセージは続きません。

たとえどんなに面白い話題をメッセージに書き込んでいても、どんなに凝った内容を盛り込んでいても、相手が必要を感じなければ返信率が下がる傾向があります。

特に若い女性は何人もの男性からメッセージを受け取っている可能性が高いですから、とにかく食いつきそうな話題をずらずらと並べても目を通してもらえない可能性があります。

そこでファーストメッセージであれ忙しい相手であれ、会話を続かせるために質問をはさみましょう。

そのメッセージ内で会話が完結しているよりも、適度に質問を混ぜた方がメッセージは続きやすいものです。

またメッセージの冒頭に相手の興味のある事柄に触れたり、「〇〇さんとのやりとりは楽しい」など、相手との会話を望んでいる旨をさりげなく伝えたりする方法も有効です。好感を与えつつも、適度に返信する必要を相手に感じさせられます。

相手に関心を持っていると、さりげなくアピール

相手に関心を持っていると、さりげなくアピール

自分語りはほどほどに。相手を聞き役にばかりすると、いずれご縁が切れます。

男女を問わず、独りよがりのメッセージを相手に送り続けていると、たいてい失敗します。

会話を続けさせるためには相手に関心を示し、それを遠まわしにでも伝える必要があります。

自分について伝えながらも、時には相手に関心を持ち、質問したり、共感したり、褒めたりする姿勢がメッセージのやりとりの中ではとても重要です。

ちなみに自分について語るとき、相手が我慢できないほど語り過ぎれば、たとえ顔を合わせた仲であっても関係は途絶えますので、お気を付けを。

相手の反応を意識してやりとりを行う

相手の反応を意識してやりとりを行う

一方通行のやりとりはNG!会話が成立しないと、良い関係も成立しません。

リアルでの会話と同じく、Omiaiでのメッセージのやりとりも会話のキャッチボールが成立していない場合、非表示やブロック機能を使われて、ご縁が切れてしまう恐れがあります。

メッセージでのやりとりも、相手の反応やお互いの温度差をできるだけ意識し、自分だけでなく相手もやりとりを楽しめる流れを作り上げると、会話のキャッチボールは成立します。

もし相手の反応が悪ければ別の話題を切り出す、理由をさりげなくたずねる、相手の今の状態に共感する、心配している旨を伝えるなど、相手の反応を良い方向へ変える手を打ってみましょう。

反応が悪いまま、ひたすら明るくふるまっても空回りします。

できるだけ相手の気持ちに寄り添い、お互いが満足できる関係を目指しましょう。

ネガティブな発言はしない

ネガティブな発言はしない

相手を暗い気持ちにさせる言葉には数々のデメリットがあります。

相手がネガティブな発言をしたとき、それに共感する手はアリですが、自分から進んで暗い発言をする姿勢は避けたいもの。

ネガティブな発言は相手の気持ちを暗くしたり、やりとりを面倒に感じられたりするだけでなく、発言者の印象を悪くしたり、相手を疲れさせたりもします。

できるだけ陰のにおいが漂う言い回しは控え、適度にポジティブな発言を心がけましょう。

ただしチャラい言葉遣いでポジティブな言動をしていると、軽い人と思われる恐れがありますから、適度に礼儀正しく、適度に丁寧な日本語で書かれた文面を相手に送りましょう。

せっかく婚活&恋活アプリを利用しているのです。

最初に相手を幸せな気持ちにしてあげて、相手もあなたを幸せな気持ちにしてくれる関係になれたなら、理想の相手や好みの人とであれ、おのずとこれまで以上に深く、良い関係に発展できるはずですよ。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks