ペアーズで注意すべきはサクラではなく業者?彼らの特徴とは?!
ペアーズで注意すべきはサクラではなく業者?彼らの特徴とは?!

ペアーズで注意すべきはサクラではなく業者?彼らの特徴とは?!

ペアーズだけでなく、他の大手マッチングアプリにも潜んでいると言われている、怪しい人たち。そのような人物は時にサクラと呼ばれたり、業者と呼ばれたりします。せっかく恋活がしたくて登録したのに、そんなイヤな人たちに付き合いたくないですよね。そこでここからはペアーズの中にいると思われているサクラのホントのところや、業者の特徴などを順にご紹介します。恋活中にイヤ~な経験をしないためにも、ぜひ知っておいてくださいね。

Pick up
続きを読む
公開日: 更新日:

ペアーズにサクラはほぼいない?

ペアーズにサクラはほぼいない?

サクラがどんな人たちなのか簡単に説明します。

「いいねを送ってるのに返信がない」

「すぐにline交換を提案された」

「ペアーズとは全然関係ないサイトに誘導された!」

こんな経験をすると、つい相手を「サクラ」だと思ってしまいがちですが、ペアーズにサクラはほぼいません。

なぜならサクラとは「アプリの売上アップのために、そのアプリの運営会社が雇った人間」だからです。

ペアーズの場合、「ペアーズが自分たちのアプリの売り上げアップのために雇った人間」がサクラとなりますが、そもそもペアーズ側にはサクラを雇うメリットはほとんどありません。

その具体的な理由を次からご紹介していきます。

サクラがほぼいないと言える理由とは?

サクラがほぼいないと言える理由とは?

サクラはポイント制を採用しているアプリに多く、料金が月額固定制のペアーズのようなアプリにはほとんどいないとされています。

月額固定制のアプリはどれだけ相手とやり取りをしても料金が変わらず、サクラを雇っても儲けが出しにくいためです。サクラを使って儲けを出そうとするなら、月額制ではなく、ポイント制にした方がよほど儲けがでます。

さらにペアーズ運営側は次のような体制やシステムをアプリに採用しています。

・facebookのアカウント登録を求めるなど、本人確認を厳格に行う。

・24時間365日、スタッフによるサイトパトロールを実施。

・ユーザーのブロック、非表示、違反報告機能を採用。

・違反行為をする人物や危険な人物の強制退会。

このように真剣に恋活に励むユーザーに有利な仕組みが採用されている点を見ても、運営側がサクラを雇っているとはなかなか思えません。もっとザルにした方がユーザーからより多くのお金を引き出せます。

なによりサクラは登録者が少ない時や売り上げがあまり出ていない時に利用するとされているもの。恋活&婚活アプリ、ペアーズは2012年にリリースされてから順調に会員数を伸ばし、2018年の時点で700万人を突破するほど大人気のアプリです。

運営側にサクラを雇う理由も必要も特になく、かつ不正を最小限にするシステムが整っている点から、たとえ怪しい行為をするユーザーがいたとしても、それはサクラの仕業ではない可能性が高いと言えるのです。

じゃあ、ペアーズは安全なの?

じゃあ、ペアーズは安全なの?

実は運営会社とは無関係の怪しい業者が潜り込んでいます。

ペアーズの仕組みや料金システムから、サクラはほぼいないと言えます。

ただし残念ながら、「100%安全!」とも言い切れません。

様々な口コミや体験談から、ペアーズにはいわゆる「業者」と呼ばれる人たちが入り込んでいると判断できるからです。

業者とはアプリの運営側とは関わりのない、自分たちの利益のためだけに活動する悪質な人々です。

ペアーズだけでなく他の大手のマッチングアプリにも、業者は巧みに入り込み、悪意のない会員になりすましてカモを待っています。

もちろん先にご紹介した通りペアーズは不正を働きにくいシステムですから、それほど数は多くはありません。

ですがゼロではないうえ、彼らの目的はどの業者であれ、「ユーザーから一円でも多くのお金を引き出す」ですから、ペアーズを利用するならばく業者の存在を知り、警戒しておく必要があります。

業者の種類や手口は?

業者の種類や手口は?

他サイトに誘導して課金を促す業者もいれば、個人情報を聞き出す業者もおり様々です。

目的はほぼ一致しているとはいえ、業者の種類も手口も様々です。

例えば次のような種類なり手口なりが報告されています。

・出会い系サイトへ誘導する業者

ユーザーをポイント制のいかがわしいサイトに誘導して、課金させようとします。そのサイトを運営している、あるいは儲けの一部をキャッシュバックさせている業者の可能性が高いです。

・投資サイトへ誘導する業者

ユーザーを投資サイトに誘導して、課金させようとします。儲けの一部をキャッシュバックさせている業者の可能性が高いです。

・名簿業者

ユーザーの本名、LINE ID、電話番号、メールアドレス、誕生日といった個人情報を入手し、売買して儲けを出します。

・援助交際業者

援助交際をしたがっている女性と組んだ業者が男性ユーザーに話しを持ちかけきます。女性の稼いだ金額の一部を業者が懐におさめます。

このように業者の種類は複数存在しますが、どの業者が相手であれ、引っかかってしまった場合、ユーザーは多額のお金を失います。

さらに貴重な時間や個人情報をも奪われがちですし、なにより恋活の成就にはまず結びつきませんから、たとえ遭遇したとしても関りは最小限におさえる必要があります。

業者にはどんな特徴があるの?

業者にはどんな特徴があるの?

業者との関りを最小限にするためには、普通の会員と彼らを見分ける目が必要です。

そこでここからはペアーズに入り込んだ業者の特徴を7つご紹介します。

彼らに騙されないために、ぜひ参考にしてくださいね。

新規会員である場合が多い

「new」が付いているユーザーの中に業者が潜んでいる可能性があります。

ペアーズでは違反行為をしたり、危険と思われる動きをしたりしたユーザーは強制退会させられます。

悪質な業者は度々、強制退会させられたり、不要になったアカウントを消して再登録したりしています。そのため業者の多くが新規会員と言われています。

また新規会員は目に留まりやすくもあるため、短い期間に登録、退会、再登録を繰り返している業者が存在している可能性もあります。

新しい会員のすべてが一般人と思っていると騙される可能性があるため、ペアーズを利用中の方は男性会員、女性会員を問わず注意されるようおすすめします。

顔写真が美男&美女

顔写真が美男&美女

魅力的すぎる写真がアップされていれば要注意!

業者はイケメン男性や、可愛い系あるいはセクシー系の美人写真を利用します。

どこにでもいそうな、言葉を変えれば「いいね」や「いいね!ありがとう」をためらう顔写真は使わず、喜んで「いいね」したくなる魅力的な顔写真を使うわけです。

マッチングアプリを利用する普通の会員は大半が素人です。

「オンライン上でわざわざ恋活しなくても、リアルの付き合いの中でいくらでも恋愛できるでしょ?」と思う顔写真であり、なおかつ素人とは思えないくらい画質も良く、背景にも凝っていれば要注意です。

Facebookの友達が少ない

魅力的な人物だけど、友達が少ない場合は特に要注意!

顔写真が美男美女、プロフィールも魅力的など、大勢の友人知人ができそうな人物であるにもかかわらず、facebookの友達が10人か、あるいはそれに近い人数しかいないならば、業者の可能性があります。

ペアーズは10人以上の友達がいなければfacebook登録できません。そのため業者側が間に合わせで友達を作り出し、強引に登録したのかもしれません。

ちなみにfacebookの友達数の平均は20代の男性で83人、女性で99人です。

30代の男性であれば60人、女性は93人です。

40代や60代男女は30代男女より人数は減少しますが、20代から60代まで少なくとも30人以上の友人がいるとされています。

ポーズや服がセクシー

ポーズや服がセクシー

露出が多かったり、男心をくすぐるポーズをしてたりする女性は危ない!

女性ユーザーになりすました業者は往々にして、セクシーな服装やポーズをした写真を登録します。

これも男性に「こんな女性と知り合いたい!」と思わせる手口の一つであり、特徴の一つでもあります。

マッチングアプリはお互い相手の素性が分かりません。そのため顔写真をのせるだけでもちゅうちょする女性が多い中、男性を誘うような大胆な写真を登録している女性にはピュアな出会い以外の目的がある可能性が高いです。

たとえ顔はぼかされていても、服装やポーズが性的なものを連想させるものであれば、男性ユーザーは要注意です。

プロフィールが手抜きか、異常に豪華

高い年収、魅力的な職業、高学歴の三拍子がそろった男女は怪し過ぎます。

複数のアカウントを管理している業者もいれば、プロフィールに力を入れていない悪質な業者もいるため、プロフィール作りがいい加減なユーザーは業者の可能性があります。

とはいえ登録して間もないため操作に慣れていなかったり、ずぼらな性格だったりする個人もいますから、プロフィールだけで「この人物には裏がある」と決めてしまうのも考えものです。

ただしあまりに美味しい情報がびっしりと書き込まれたプロフィールは、最初から警戒しておいて損はありません。

業者の多くは他サイトに誘導したり、援助交際に持ち込むために、ユーザーを惹きつける必要がありますから、プロフィールの内容もわざと目立つものにしている傾向があります。

年齢とまるで釣り合わない年収や、魅力的な職業、高い学歴など、ユーザーにとって都合の良い情報がずらりと並んだハイスペックな男女は一度、なりすましの可能性を疑ってください。

ハイスペックな人物はリアルでいくらでも出会いがありますから、なかなか登録していないものです。

わざわざマッチングアプリに登録しているハイスペック男性や女性はかなり怪しいとお考え下さい。

line交換の提案が早い

line交換の提案が早い

相手が退会やブロックをしてきた場合は特に注意が必要です!

メッセージでのやり取りを開始して間もないにも関わらず、早々にライン交換を持ち掛けてくる人物で、なおかつ退会をにおわせていたり、ブロックをしてきたりした場合は要注意です。

ペアーズ側はユーザーのやり取りを24時間監視し、さらにユーザーが怪しい人物を通報する機能も採用しています。

そのため業者はユーザーとアプリ外でのやり取りを持ちかけたがり、無事にラインのIDを手に入れたなら・・・・

自分はさっさと退会したり、相手をブロックしたりしてします。

ブロックされた場合、ユーザーは相手が不審者と分かっても通報が難しくなります。

つまりline交換後に退会して外部でやり取りすれば運営側の監視を気にせずにすみますし、交換後にユーザーをブロックしてしまえば通報される心配もなくなりますから、業者は自由に動けるようになるのです。

ですからline交換の提案が早く、同時に退会をにおわせていれば業者の可能性を疑ってください。

そもそもlineのIDも大切な個人情報です。相手が誰であれ、安易に渡してはいけません。

メッセージのやり取りに積極的

最終的に出会い系や怪しいブログにログインするよう要求されます。

知り合って間もない場合、メッセージはぎくしゃくしていたり、時間をかけて少しずつ進展したりするものですが、業者は少しでも早く、確実にユーザーを自分たちの設定したゴールに誘導するため、メッセージを素早く積極的に送ってきて、着実に仲を深めようとする傾向にあります。

たとえ相手が可愛い女の子でも、ハイスペックの男性でも、話しがスムーズに進み過ぎる、おいしい状態が続きすぎていると感じるようであれば、相手が業者である可能性を疑ってください。

相手の目的はユーザーとの出会いや恋愛ではありません。

「ポイント制の出会い系アプリや怪しいブログ、投資サイトなどへログインさせて個人情報を奪ったり、課金させたりする」です。

そのような人物に引っかからないよう、メッセージのやり取りにとても積極的でフレンドリーな相手には少なくとも素性が分かるまでは注意が必要です。

もし課金の必要のある他サイトへログインするよう誘導された、儲かるらしい副業を紹介された、怪しいビジネスの勧誘をされたなど、業者の可能性の高い行動を相手がとったら、通報やブロックを活用しましょう。

まとめ

まとめ

今も昔もうまい話には裏があります!

ペアーズは他の恋活アプリと同じかそれ以上に、サクラや業者対策に熱心に取り組んでいます。

それでも色々な手口を使う業者は潜り込んでいます。

業者の手口は様々ですから、すぐにはそうと気づけないかもしれませんが、うまい話を持ちかけられたら警戒し、それ以上深く関わらないようにするだけでも被害はぐっと減らせるはずです。

うまい話しには裏があります。

とても魅力的な人や、美味しい情報をたくさん提供する人にはどうぞお気を付けを。

注目の記事

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks