夏は冬よりも冷える?冷房による冷え・乾燥対策3パターン
夏は冬よりも冷える?冷房による冷え・乾燥対策3パターン

夏は冬よりも冷える?冷房による冷え・乾燥対策3パターン

薄着にエアコン、冷たい飲み物etc。実は、夏場は冬以上に冷えているという女性は少なくありません。冷えがだるさや凝り、疲れやすさ、肌荒れなど様々な不調につながっていることも。特に、夏の冷えの引き金になるのが冷房。ここでは、冷房による冷えや肌の乾燥に対する対策を3つご紹介しましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

①腹巻などで防御

冷房による冷えを防ぐには、冷房との付き合い方が大切。設定温度は25~28℃くらいにし、屋内と屋外の温度差を5℃以内にするようにしましょう。

オフィスや電車内など、エアコンの温度や風向きを自分で設定できない環境では、自分なりの防御策が必要になります。カーディガンやジャケットなど、すぐに羽織れるようなものを用意しておきましょう。

また、冷気は下へ下へと向かうので、下半身の冷えにも注意が必要です。ひざかけや靴下、携帯用カイロ、腹巻などで冷えから身を守りましょう。

②運動で血流の促進

運動量が少ないと、血流が滞って冷えを引き起こしてしまうので注意が必要です。

デスクワークなどで運動量が少ない人は、一時間に一度は立ちあがって歩いたり、軽いストレッチなどをして体を動かすようにしましょう。つま先とかかとを交互に上げ下げするだけでも血行が改善されて冷えの予防になります。

③肌の乾燥予防には保湿効果の高い化粧水を

通勤では汗でべたつき、オフィスでは冷房の効きすぎで肌が乾燥…。そんな時は化粧水で水分補給をすることが大切です。しかし、「ミストタイプの化粧水をつけてもすぐに乾燥してしまう」ということも少なくありません。

手軽で清涼感もあるミストタイプの化粧水ですが、保湿効果の低いものはメイクの上からでは表面で蒸発してしまい、逆に乾燥を招いてしまいます。保湿効果が高く、メイクの上からでもOKのものを選ぶようにしましょう。

冷房による冷えや、屋内と屋外の急激な気温差は女性の体やお肌に様々な不調をもたらしてしまいます。自分なりの工夫を凝らして冷えからカラダを守りましょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks