筋肉をつければ体のラインが整いながら太りにくく疲れにくい体に
筋肉をつければ体のラインが整いながら太りにくく疲れにくい体に

筋肉をつければ体のラインが整いながら太りにくく疲れにくい体に

筋肉をアップすれば、体のラインが整うだけでなく、太りにくく疲れにくい体になることができます。ここでは、筋肉を鍛えることで起こる体の変化についてご紹介しましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

その① 血行促進

筋肉のポンプ作用で血管が収縮・拡張し、血行が促されます。血行が良くなると、冷えやむくみの改善につながり、疲れにくくなります。

肌へも十分に酸素と栄養が行き渡り、若返り効果も。

その② “やせホルモン”の分泌

筋トレを行うと、成長ホルモンが分泌され、脂肪の燃焼を助けてくれます。

また、筋肉から分泌される「IL-6」というホルモンは、周囲の脂肪細胞に働きかけて、脂肪の分解を促す作用があり、リバウンドしにくい体をつくってくれます。

その③ 脳の活性化

以前は、脳の神経細胞は成人では増加しないと考えられていましたが、成人でも運動することによって増加することがわかってきました。

運動をすると、認知機能を司る前頭前野という部分の一部が活性化され、判断能力などの認知機能が高まることがわかりました。

その④ 筋肉量が増える

個人差はあるものの、実は、筋肉は30代以降、徐々に減っていき、筋力も衰えていく一方です。

ちなみに、筋肉痛が起こるのは、鍛えてダメージを与えられた筋肉が修復・強化されているひとつのサイン。筋肉痛とは無縁、という人は要注意です。

筋肉が着々と減っているかもしれません。「動くのがおっくう」と普段から感じている人も、筋力が落ちてきている可能性があります。

筋トレは筋肉や筋力の低下を防ぎ、鍛えた部分の筋肉が増えると引き締まります。

また、筋肉が増えれば増えるほど、エネルギー消費量が増加し、太りにくい体になります。筋トレは何歳から始めても、筋力アップの効果はあります。

筋力がアップすれば、日常の動作も楽になり、筋トレ自体も楽にできるようになります。

そうなったら、回数やメニューを増やすなど、負荷を増やすようにするとよいでしょう。

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks