顔のむくみ対策!翌朝起きたら目がぱっちりしているマッサージ
顔のむくみ対策!翌朝起きたら目がぱっちりしているマッサージ

顔のむくみ対策!翌朝起きたら目がぱっちりしているマッサージ

昨日大泣きしてしまった、塩分を摂り過ぎた、夜寝る前に水分を摂り過ぎたetc…。朝起きたら目が腫れぼったくて顎や頬もふっくら…。朝、自分のむくんだ顔を鏡で見てブルーな気持ちになった人もいるでしょう。『翌朝起きたら目がぱっちりしているマッサージ』をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

どうしてまぶたはむくむのか?

どうしてまぶたはむくむのか?

むくみとは、皮膚の下の細胞と細胞の間に余分な水分がたまってしまった状態。

日中は、立って生活するため重力の影響で血液が下半身にたまりやすくなり、脚がむくみやすくなりますが、寝ている時は、体が水平になっているので体内の水分が上半身に移動して、顔がむくみやすくなるのです。

顔の中でもまぶたは特に皮膚が薄いため、むくみが目立ちやすくなります。

顔のむくみを防ぐ方法

顔のむくみを防ぐ方法

顔のむくみを防ぐためには、むくみの原因となる余分な水分や老廃物を速やかに排泄させることが大切。余分な水分や老廃物を回収している静脈の血流は、筋肉のポンプ作用によって促されています。

顔の中を網の目のように広がって走っている静脈の位置を意識したマッサージで、細い静脈を押し流してポンプ作用を助け、流れをスムースにしてあげましょう。

顔のむくみを防ぐマッサージ①

顔のむくみを防ぐマッサージ①

最初に両手を合わせてこすり、手のひらを温めます。顔の上半分は、耳の穴の前に向かって押し流すようにしましょう。

両手の人差し指、中指、薬指の三本指をそろえ、指の第二関節までを面にして肌に当てて、額の中央部から耳に向かって押し流します。生え際の高さから少しずつ位置を下げながら三段に分けて流しましょう。

顔のむくみを防ぐマッサージ②

顔のむくみを防ぐマッサージ②

次に、目を閉じて、上まぶたを三本指で軽く押さえながら目頭から耳に向かって押し流し、下まぶたも同様にします。

顔の下半分は、耳の付け根の下端に向かって押し流しましょう。三本指で小鼻の脇から頬骨に沿うようにして流します。少しずつ位置を下げながら三段に分けて行いましょう。

顔のむくみを防ぐマッサージ③

顔のむくみを防ぐマッサージ③

最後に、人差し指と中指であごの先をはさみ、耳に向かって押し上げていきます。

左右対称に、各ライン数回ずつ繰り返すようにしましょう。マッサージは、上から下へ、心臓へ向かって心地よい強さで流すようにします。摩擦による刺激を避けるためには、乳液やクリームを手につけてすべりを良くしてマッサージをすると良いでしょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks