【4】タオルを使って肘、肩ぐるぐるエクササイズで関節を“目覚め”させましょう。
【4】タオルを使って肘、肩ぐるぐるエクササイズで関節を“目覚め”させましょう。

【4】タオルを使って肘、肩ぐるぐるエクササイズで関節を“目覚め”させましょう。

冷えは血流を滞らせて関節の動きを悪くし、太る原因になります。急激な運動でなく、朝からゆったりと行えながらも体を目覚めさせてくれる関節ゆるめるエクササイズが冬にピッタリです。自分では思ったよりもうまくできない肩まわし、タオルを使って無理なく気持ちよく動かしていきましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

手順

①家にあるごく普通のフェイスタオルを用意したら、両手で先端を持ってピンと張り、頭上に。足は肩幅に開き、少し膝を曲げて下半身を安定させます。

[--TOP_TITLE--]_01

②タオルを持った腕を肩甲骨から回していきます。まずは右に。右斜め上に伸びるイメージです。左脇を伸ばして。

[--TOP_TITLE--]_02

③前に。背中を少し広げるイメージです。

[--TOP_TITLE--]_03

④左に。やはり右脇を伸ばすイメージで。

[--TOP_TITLE--]_04

⑤後ろに。

[--TOP_TITLE--]_05

⑥横からの姿を確認します。腕を前にした時。上半身が前に持って行かれず、逆に後ろに引っ張るような感じです。

[--TOP_TITLE--]_06

⑦右や左にする時は、体の少し後ろで、肩甲骨をしっかり動かして行きましょう。

[--TOP_TITLE--]_07

⑧後ろにした時。横の時より更に後ろに。肘はピンと伸びていなくて大丈夫です。タオルはピンと張り、肩甲骨をキュッと縮めるような感じです。お腹の力が抜けて腰を反ったりしがちなので、しっかりと下っ腹から胸下までを締めておきましょう。

[--TOP_TITLE--]_08

右回し、左回しと順番に。下半身を安定させて上半身をしっかり動かしていきます。一つ一つの動きを丁寧に、息を吸い、吐きながら次のポジションへ、というイメージでやってみましょう。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks