年下男性を上手に立てるには?おすすめのテク5選!
年下男性を上手に立てるには?おすすめのテク5選!

年下男性を上手に立てるには?おすすめのテク5選!

お付き合い相手と年の差があっても、女子なら誰もが「彼氏ともっと仲良くなりたい!」と思っているもの。年下男性とお付き合い中のあなたも、そうではありませんか?仲を深めるには、彼をうんと立ててあげると良いですよ。この記事では年下彼氏を上手に立てる、おすすめのテクニックを5つ、ご紹介していきます♡

Pick up
続きを読む
公開日:

年下彼氏を優先

相手の好みを尊重して喜ばせよう!

そもそも「男性を立てる」とは、相手を尊重し、喜ばせること♡

では年下男性を上手に尊重し、喜ばせるためにはどうすれば良いのか?

まずオススメしたいテクニックが、この「彼を優先する」です!

たとえば彼好みのレストランにする、デートする場所は相手が喜ぶところにする等など。このようなことをすれば、あなたの彼氏もプライドをくすぐられて、満足するはずですよ♪

「とっても単純!」と思うかもしれませんが、年下の彼もやはり男性です。プライドを持っているから、優先してもらえると嬉しくなるものです。

ですから「ときどき」彼の意見や好みを尊重し、受け入れてあげましょう!

いつも彼を優先してしまうと調子に乗ってしまうかもしれませんので、このテクニックはあくまで時々がおすすめです。

人前でうんと褒めちゃう

年下男性も思わず笑顔に♡

男性は人前で褒められたときにもプライドがくすぐられ、嬉しくなるものです。

ですから「年下彼氏ともっと仲良くなりたい!」と思うなら、ときに友達や家族の前で、うんと褒めちゃいましょう!

「○○くんはこの間、上司に仕事を褒められたんだよ!」とか「いつも家でも職場でも、とっても優しくて、昨日は自分も忙しいのに、私の代わりに家事をしてくれたんだよ」など。

どんな些細なことでも構いません。友達にちょっと呆れられるかもしれませんが、うんと彼氏自慢しちゃいましょう。

年下彼氏はあなたの言葉を聞いている間、満足感に浸っているはず♡

また、笑顔で熱心に褒めていると、とても相手を喜ばせることができますから、いつも控えめな振る舞いをしている女子は、彼を褒めるときはいつもより少し大げさに行ってみてくださいね。

可愛く頼っちゃう

好意的に頼ることも彼を立てるテクの一つ!

相手が同性あれ彼氏であれ、「年下には頼りたくない!」と思う女性は少なくありません。

でも「彼を頼る」ことは男性を立てる行為の一つ♪

相手の実力を尊重し、うんと頼ると、男性はやっぱりプライドがくすぐられて嬉しくなるものです。

さらに可愛く頼った場合、大変喜ぶ男性も!

つまり「可愛く頼っちゃう」は年下男性を上手に立てるテクニックの一つ♡

頼る行為が苦手な女性も、たとえば同じ職場に勤めているならば、お仕事で分からないところがあれば、可愛く質問してみましょう。疲れているとき、家事を代わってほしいとハグしながら、おねだりしちゃうこともオススメです。

頼られることに慣れていない男性の場合、最初はびっくりするかもしれませんが、徐々に満足するようになる可能性大ですよ。

積極的に彼の話を聞く

年下男性はマメに話し役になれると嬉しい!

誰だって自分の話を聞いてほしい、との欲求を持っているもの。

「自分はそうでもない」と思っている男女も、いざ友達や親しい同僚と会話を始めると、夢中でおしゃべりしているものです♪

でも彼氏の前でいつも話し役になっていては、相手を立てる女性にはなれません。彼の話をマメにしっかり聞くことは、相手を尊重し、満足させる行為であり、ロクに話を聞かないことは自己中心的な行為だからです。

ですから「彼を立てたい!」女子は積極的に恋人の言葉を聞きましょう!

「そういえば会話中はいつも私が話してばっかりだったな」と思っていた女子は特に、意識して相手の言葉に耳を傾けてみてくださいね。

今以上に仲が深まるはずですよ♡

フォローをさり気なく行う

彼女の気遣いや愛情を感じ彼は大満足!

年下彼氏が困っていると、つい率先して堂々と手助けをしちゃう女性がいるもの。

でも最初にお伝えしたとおり、年下男性もやはり男です。

2人きりのときであれ、何度も大げさに手助けされると恥ずかしく思っちゃうし、人前で堂々とフォローされた場合、プライドが著しく傷ついてしまいます。

だけどさり気なくフォローされると、相手の気遣いや愛情を感じられて満足できるもよう♪

ですから「彼を立てて、もっと距離を縮めたい!」「今カレと結婚したい!」と考えている女性は、たとえば彼が人前でミスをしても、堂々と指摘してフォローすることは控えておきましょう。代わりにさり気なく、目立たないように手を貸してあげてくださいね。

「フォローをさり気なく行う」ことも、彼のプライドを守り、満足させるテクニックの一つです♡

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks