理想は高くないのに、合う男性がいない…「自分に合う男性」の見極め方
理想は高くないのに、合う男性がいない…「自分に合う男性」の見極め方

理想は高くないのに、合う男性がいない…「自分に合う男性」の見極め方

彼氏ができないそこのあなた!「理想が高いから、彼氏ができないんでしょ」なんて言われて、そんなことないのに…と思った経験、ありませんか? 女性に『あなたは男性に対する理想が高いですか?』とアンケートをおこなったところ、「はい」と答えた方は38.7%でした。

Pick up
続きを読む
公開日:

恋愛観・恋愛体験についてのアンケート

Q.

回答時期:2016.03.03〜2016.03.11|124名が回答

はい:53名

いいえ:71名

【はいと答えた方】理想の男性像を教えてください

はい

自分より背が高い、自分より学歴が上、目は二重、手と指と爪の形が綺麗、歯並びが綺麗、出来れば非喫煙者、運動が得意、働く事を嫌がらない、子供が好き(嫌いではない)、姿勢や歩き方が綺麗、食事の食べ方が綺麗、暴力を振るわない、浮気しない、浪費癖が無い、等々。

身長が高くて、年上で、だけど年上らしさを感じさせないような子どもっぽい人がいい。だけど夜は楽しませて欲しい

優しくて、かっこよくて、収入が安定していて、包容力があり…と、理想は付きません!

大人のセクシーな雰囲気でおしゃれなレストランに連れて言ってくれるような男性

同性に好かれるような男性がいいです。あと、女友達が少ない人

「理想が高いわけじゃないの。ただ自分に合う男性がいなくて…」という女性も少なくないようです。では、「自分に合う」というのは、具体的にどのような男性のことをいうのでしょう。「うーん…」と考えてしまったあなたはまず、自分に合う男性を見極めるところから始めてみませんか?

今まで好きになった男性の良かったところを振り返る

自分に合う男性が分からないのは、理想とする男性像がぱっと思い浮かばないだけではないでしょうか?きっとあなたの中には、こんな男性がいいなという理想がたくさんあるはずです。そう、理想が高いわけではありません。「理想が多く」て、整理できていないのです。

そこで、今まで好きになった男性の良かったところや、悪かったところを振り返り、自分の理想を追求してみましょう。追求すればするほど、こんな男性が良いというのが見えてきます。理想が多いのは悪いことではありません。むしろ、自分を理解している証拠です。「私なんかを好いてくれる人がいれば…」と思っている方でも、じっくりこの作業をすれば、自分のことがだんだん分かってくるはず!書き出すことでより明確化されるので、一度ノートに書いてみるといいかもしれません。

減点方式ではなく加点方式で男性を見る!

自分に合う男性がいなくて…という原因のひとつに、早い段階でその男性が、恋人としてアリかナシかを決めてしまうことがあげられます。つまり、相手のことを知る前に、あなた自らが、その男性を彼氏候補から除外している場合も少なくないのです。

今まで好きになった人も、全てが完璧な訳ではないですよね?嫌なところを見つけたからといって合わない相手とは限らないのです。男性と出会ってから一定期間は、悪い部分ではなく、いい部分だけを見るようにしてみてください。加点方式のみで相手をみれば、意外と自分に合う男性が見つかるケースも多いですよ。

異性として意識しすぎない

自己分析することや、多くの男性に目を向けるということも大切ですが、実際のところ、自分に合う男性というのは、「その男性といて楽しいか楽しくないか」が一番重要です。そこを重要視する意味でも、異性として意識しすぎないことはとても大切!男性として意識してしまうと、良く思われようとしたり、自分を買い被ったりして、素の自分が出せず、居心地の悪いことが増えてしまいます。結果、合う相手かどうかも分からないまま、時間が過ぎている場合も…。

異性として彼氏になる、ならないではなく、人としてその男性のことを知ろうとすると、お互い自分に合う相手か見極められるはず!いい相手を見つけようと頑張りすぎず、ゆっくりお互いを見極めていきましょう。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「 LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★恋人に求める条件は変化する?年代別彼に求める条件
★架空の彼に夢中!思わず妄想彼氏にしてしまうのは?
★「付き合おう」は日本だけ?!外国の恋愛・告白ルール
★「父親に似た人を好きになる」娘と父の関係が恋愛に与える影響とは
★片思いを実らせる3つの方法

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks