告白のシチュエーションで成功が左右する!?好きな人に断られる告白の仕方
告白のシチュエーションで成功が左右する!?好きな人に断られる告白の仕方

告白のシチュエーションで成功が左右する!?好きな人に断られる告白の仕方

「好きな相手に告白したい」そう感じている方は男性のなかにたくさんいますよね。最近では女性のなかにも積極的にプロポーズしたい、と考える方も珍しくなくなりました。今回の記事では少しでも告白が成功する確率を高めるために、相手が男性であれ女性であれ告白にはNGなシチュエーションをお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Pick up
続きを読む
公開日:

レストランで食事中に告白

レストランで食事中に告白

断られたときに気まずいなどの理由からNGなシチュエーションです!

すぐに返事ができない場合、食事中なので逃げることもできず気まずい雰囲気になってしまう。その結果、振られてしまう可能性が高くなる。お腹が満たされてリラックスした状態でレストランを出た後に告白する方が成功率が高まる。

もし本命に告白するならば、「返事にはOKをもらいたい」と考えているならば、断られる要素がより少ない場所とタイミングで告白する必要があります。

そのため食事中の告白はおすすめできません。人気のシチュエーションですが、実は避けたい理由がいくつもあります。

たとえば・・・・

〈その①〉

相手が幸せそうに食べ物をほおばっていても、その気がなければ断られます。この場合、お互いに気まずいまま、食事の時間が続きます。このような雰囲気の場合、一分一秒がとても長く感じ、お互いの苦痛のレベルは高いものです。

〈その②〉

そもそも告白はどのような場所やタイミングで行うにせよ、相手にプレッシャーを与えます。

食事中は容易に席を立てませんから、食事中の告白は「逃げられないシチュエーションでプレッシャーを与える」に等しい行いでもあります。

相手はたいてい困惑します。「どう答えよう」とか「OKして良いのかな」とか考えるあまり、食事そっちのけになり、迷いに迷う方もいます。

たとえOKをもらえても、このようにあまり良くない思い出も作ってしまいがちです。

〈その③〉

現在、男性のなかにも女性のなかにも、「美味しい物や食べること自体が好き」と考える方が大勢がいます。

このようなタイプに食事中に告白してしまえば、普通の人たち以上に驚いたり、「なんで今?」と不快に思ったりしがち。そのため告白が失敗したり、先延ばしにされたりといった結末を迎える可能性が高めです。

〈その④〉

真剣な気持ちで告白してもアルコールを口にしていた場合は「酔った勢い?」と不快に思われがちですから、相手に気持ち良く「OK」をもらいにくいものです。

などなど。

できれば食事中はお互いに食事を美味しく食べられるような会話に集中しておきましょう。

「どうしても食事中に告白したい!」と考えている場合はせめて相手がリラックスしている食後をおすすめします。

夜景の帰り道に告白

レストランで食事中に告白

相手を不安、もしくは不快にする可能性があります!

キレイな夜景を見ながら告白は、男女問わず憧れるシチュエーション。しかし、夜景を見た後の薄暗い帰り道は不気味なもの。告白をするなら夜景を見ている最中や相手の顔が見える明るい場所でしましょう。

海辺や高級レストランでキレイな夜景を見た帰り道となると、相手にプロポーズまでしたくなるかもしれませんが、夜の帰り道も実はベストな選択とは言えません。

「男女問わず憧れのシチュエーションとして良く取り上げられるのになぜ?」と思うかもしれませんが、周囲に人の気配や建物がない場合、「夜景の帰り道=辺りは真っ暗」です。

つまり暗い夜道は不気味で薄ら寒く、不安を呼び起こしやすいシチュエーションなのです。

心が穏やかではない状況で告白しても、相手から気持ち良く「はい」をもらえるとは限りません。相手が女性ならなおさらです。

また周囲に人がいた場合、周りの目や雑音が気になったりして、返事に集中できない方が多いものです。

そもそも夜のデート帰りであれば、夜型の人でもなければ疲れているもの。

「早く帰って寝たい」

相手が強くそう感じているときは特に、告白するより帰宅させてあげた方が良い印象を与えられます。

「それでも夜景にこだわりたい!」と考える方は夜景を見ている最中や、相手の顔が見える明るい場所で告白しましょう。

駅の改札や電車の中で告白

駅の改札や電車の中で告白

にぎやかな場所、人混みの中もオススメできません!!

人の多い改札や電車の中で告白されたら、男性は恥ずかしいと思ってしまう。

駅の改札や電車の中も、告白向きなシチュエーションではありません。

「ここで告白すればOKがもらえるかも」と思う瞬間がふいに訪れたとしても、です。

その理由として、次の3つがあげられます。

〈その①〉

改札や電車の中のような人が至近距離にいる場所での告白の場合、男性は「恥ずかしい」と思うもの。女性もやはりひと目を気にしてしまいがちですから、相手に気まずい思いをさせがちです。

〈その②〉

車内で告白した場合、OKをもらえないとお互いだけでなく、周囲の人たちとの間にも重い空気が流れます。このときの苦痛レベルもかなり高めですから要注意です。

〈その③〉

車内であれ改札口であれ、人混みがひどいと雑音もひどいため、告白しても相手の耳に届かず、聞き直される可能性が考えられます。

周りに誰もいない駅や改札であれば告白OKな場所になりますが、人が多い場合は申し分ない告白場所ではありません。

好きな人の職場の近くで告白

好きな人の職場の近くで告白

男性は特にこのシチュエーションを嫌います。!

職場の近くでは、男性が仕事モードから抜け出せていない状態。また、会社の人に目撃されるかもしれない状況で、告白されてもいい返事はできない。

もし相手が男性の場合は特に彼の職場近くでの告白は避けておきましょう。

女性も自分の職場近くでの告白は嫌う方は多いものですが、男性の場合はさらに「こんな場所で告白なんて勘弁してほしい」と考える人の割合がぐっと増えます。

男性はおうおうにして職場付近では仕事に意識を集中させていますから、最もプライベートな事柄とも言える告白をしてしまうと不快に思われてしまいます。

また職場の近くには相手の上司や同僚、取引先の人たちがいる可能性も。もし彼らに聞かれてしまえば、翌日には職場に広まり、相手に迷惑をかけてしまうかもしれません。口の軽い人や噂好きの人に聞かれていた場合はより大きな迷惑を彼なり彼女なりに与える可能性も考えられます。

さらに相手の仕事帰りを狙った場合は「疲れているときに?」とか「もっとマシな場所なりタイミングなりあるでしょ?」とか思われ、やはり不快に感じさせてしまいがちです。

告白は好きな方の職場近くは時間帯にかかわらず、お互いのために避けておきましょう。

合コンや飲み会で告白

合コンや飲み会で告白

お酒が入ったときは絶対に告白NG!!

合コンや飲み会で意気投合し、お酒も入った勢いで告白してしまうパターン。真剣さが伝わってこず、振られてしまう原因に。

「OK」をもらえる確率を少しでも高めたいのであれば、合コンや飲み会の最中での告白もおすすめできません。

世の多くの男女が告白されるなら心が落ち着けて、雰囲気の良いところ、さらに相手から真剣さを感じたいと無意識のうちに考えています。

そのため人混みの多い改札や電車内のような騒がしい場所、職場近くのような同僚や知人がいる場所、アルコールを口にした後などはNGの方が多め。

つまりベストな告白は少なくとも次の4つの条件を満たさない場所やタイミングを選ぶ必要があります。

  • ・周囲がうるさい
  • ・親しい人たちに聞かれてしまう可能性アリ
  • ・食事中
  • ・お酒の席

合コンや飲み会の席は実はこの条件をすべて満たしています。

そのため「こんなシチュエーションで?」「本気なの?それともお酒の勢いなの?」「よく聞こえなかった」「同席した友人にからかわれた」などなど、相手に不快な思いをさせがちですから、できるだけ合コンや飲み会の最中に切り出してしまわないようにしましょう。

2人きりになれる場所が理想的なシチュエーション

2人きりになれる場所が理想的なシチュエーション

告白時は冷静にタイミングも見計らいましょう!!

告白をするなら、二人きりになれるシチュエーションがマスト。告白を受ける男性のことも考えて、勢いに任せず冷静にタイミングを見極めて行動しましょう。

ここまでNGなシチュエーションばかりご紹介してきました。

それでは理想的なシチュエーションとはどのようなものなのか?

一番のポイントは相手の性別に関わりなく「2人きりになれる」です。

告白は相手にとっても、とても重要でプライベートな話題です。多くの男女が「知り合いや周囲の人に知られたくない」「自分の返事を聞かれたくない」と感じているもの。

そのためベストなシチュエーションとは「お互いだけになれる空間」が前提になります。

  • ・キレイな夜景の見える飲食店以外の場所
  • ・告白する側の自宅
  • ・公園
  • ・海辺
  • ・放課後の教室
  • ・素敵なディナーの後

などなど。

世にオススメされている場所は多々ありますが、お互いにとって上記のポイントを満たす場所はどこか?

気になる相手に告白する前に考えてみてくださいね。

良い場所を選んだうえで、勢い任せにせず、冷静にタイミングも見計らって告白すれば、良い返事をもらえる確率はグッと高まります。

最高のシチュエーションでも失敗する理由とは?

服装が不潔、演出がド派手などなど!!

たとえどれだけ素晴らしい場所とタイミングで告白したとしても失敗する場合があります。

その理由は往々にして次の通りです。

  • ・服装が不潔
  • ・表情が暗い
  • ・回りくどい言い回しで告白してしまう
  • ・脅すような大声で告白
  • ・演出がド派手
  • ・緊張しすぎて言葉が聞き取りにくい
  • ・相手の都合や好み、その時のムードや気分を無視
  • ・相手にあきらかに好意がなさそうな段階での告白
  • ・気持ちを伝えつつもシモネタ発言をしたり、身体の関係をせまったりしてしまう
  • ・告白もシチュエーション選びも他人任せ
  • ・メールやLineで軽く切り出す
  • ・自分が既婚者の場合

「お互いだけになれる空間」だけでなく、「自分の告白は相手が後々、良い思い出として振り返れるものなのか?

この点も考慮に入れておかないと、せっかくの良いシチュエーションが台無しになってしまう傾向にありますから、お気をつけを。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    Hot Topicks