腹筋運動が苦手or腰痛持ちでも出来る「腹筋を鍛えるエクササイズ」
腹筋運動が苦手or腰痛持ちでも出来る「腹筋を鍛えるエクササイズ」

腹筋運動が苦手or腰痛持ちでも出来る「腹筋を鍛えるエクササイズ」

ダイエット時に必須で鍛えておきたい腹筋。腹筋と言えば、仰向けになり膝を立て、上半身を起こす運動。ぽっこりお腹をなくしたり、くびれをつくったり、代謝を上げたり、腹筋運動なくしてはなし得ないことが沢山あります。でも、この腹筋運動が苦手な方も、多いですよね。例えば、腰痛がある方は腹筋が弱い場合が多く、腹筋を鍛えたいけど腹筋運動をすると腰が痛くてできない、なんて言う方も少なくありません。今回は、そんな腹筋運動が苦手な方、腰痛持ちの方でも安心して腹筋を鍛えられ、効果を出せるエクササイズをご紹介します!

Pick up
続きを読む
公開日:

腹筋を鍛えるエクササイズ

①仰向けに寝て、手は身体の横に置き、手のひらは床に。

②膝が90度になるよう足を上げます。

③膝の角度は変えず、膝を右に倒します。

④下腹部に力を入れてから、腹筋の力で足を起こします。

※反対も同様に10回×3セット

【Point!】

・最初は、鏡などを見ながら、足の角度を確認して行いましょう。角度で負荷が変わるので、効果も違ってきます。

・効いてる感じがしない方は、下腹部に力が入ってなく、腰を左右にコロコロ倒している状態になっています。足2本分の重さを腹筋で起こすイメージ。

・「下腹部に力を入れる」という感覚がわかりづらいという方もいます。下腹部をギュっと押し、押した手をお腹で押し返してみましょう。力が入るのがわかると思います。

夜寝る前に仰向けになった時にもできますが、なるべくベッドなど柔らかい場所ではなく、床など固さのある場所で行って下さい。柔らかいベッドだと腰が沈み、腰が反ってしまい負担がかかる可能性があるので、要注意!

お腹に力が入る感覚がわかってきたら、呼吸も意識してみましょう。

・膝を横に倒すとき、鼻から息を吸う。

・膝を立てるとき、口からふーっと細く息を吐く。

力を入れるとき、呼吸を止めてしまう方が多いと思いますが、筋肉にしっかり酸素を送り、効率よく鍛えていきたいので、呼吸は止めず力を入れるときに少しずつ吐くよう、意識してみて下さい。

腹筋運動が苦手な人や、特に腰痛持ちの方は、是非やってみて下さい。効果を実感できると思います!

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks