一夜限りの関係になってしまう!一度寝た女性が捨てられる9パターン
一夜限りの関係になってしまう!一度寝た女性が捨てられる9パターン

一夜限りの関係になってしまう!一度寝た女性が捨てられる9パターン

「いつも、男性に身体を許したらそれっきり」そう思っている女性は、もしかしたら、男性から「一夜限りの女性」と思われているのかもしれません。はたして、どんな女性が「一夜限りの女性」なのでしょうか。今回は「一度寝た女性が捨てられるパターン」のご紹介です。

Pick up
続きを読む
公開日:

【1】スタイルが良すぎる女性

男性にとって「一夜限りの女性」には、「恋はしていないが、一度やってみたかった」ケースと、「好きだけど、やってみたらゲンメツした」ケースの2種類があります。

胸が大きい、セクシーなど、スタイルが良すぎる女性は、とかく「一度やってみたい」ケースになりがち。

「一度寝た女性が捨てられるパターン」に当てはまるか、セックスをする前に、きちんと相手の気持ちを確かめましょう。

【2】気の強い女性

一般的に、男性には征服欲があります。

気の強い女性であればあるほど、男性は「一度、征服してみたい」と思うもの。

その気持ちが、「恋はしていないが、一度やって、征服してみたい」となるのです。

征服欲は愛情ではありません。だから、恋愛に発展することもありません。そんな男性を追いかけても、傷つくだけ。

早く忘れて、本当に愛してくれる男性を見つけましょう。

【3】高嶺の花的女性

美人で頭も良く、仕事もできる、周囲の憧れの的になっている女性。

そんな女性は、男性にとって「恋人にするには疲れるが、一度寝ておけば自慢できる女」でもあります。

「あの女と寝たけど、ふってやった」と言いたくてしょうがないのです。

モテ男アピールに使われないよう、誠意のある男性を選びましょう。

【4】ステディがいる女性

男性にとって、ステディがいる女性は「後腐れの無い相手」です。

つまり、一夜限りのアバンチュールを楽しむには最適な相手というのが本音です。

ステディがいるのに物欲し気にしていると、どこからともなく魔の手が伸びてしまいます。

どんなときでも羽目を外さないように。

【5】セックスの後、しつこい女性

男女で大きく違うのは、セックス後の感覚だと言われています。

男性が征服感や達成感でホッとするのに対し、女性は身体の奥底から愛情があふれてくるのです。

だからこそ、セックス後、女性がベタベタくっついてくると、男性はうっとうしく感じてしまいます。度を過ぎると、男性は二度と会いたくないと思うので、注意しましょう。

【6】セックスのとき『マグロ』だった女性

ベッドの中で寝転がったまま、気持ちが良いのか、悪いのか、されるがままで自分からは何もしない状態を『マグロ』と言います。

男性にとって、このような女性とのセックスはしらけてしまい、「二度とやりたくない相手だ」と疎遠になってしまうようです。

ベッドの中でも努力は惜しまずに。

【参考記事】マグロではなく男性にサービスしましょう!▼

セックス下手な女性が犯す残念なミス7パターン

【7】面倒な女性

一度寝ただけなのに、「恋人気取り」「しつこく電話をしてくる」「弁当を作ってくる」など、いわゆる『面倒な女性』は、男性に「二度と関わらないようにしよう」と思われるようです。

女性にとってセックスは大きな問題ですが、男性にとっては「たかだか一度寝ただけ」なのだということを覚えておきましょう。

【8】テクニシャンな女性

いざベッドインすると人が変わったようにテクニシャンに変身する女性は、男性に「こいつは何人の男性と寝ているんだ」と思われてしまいます。

やはり男性は、「恋人にする女性は、自分だけの女性でいて欲しい」と望むもの。

あまりテクニシャンも考えものです。

【9】不潔な女性

服を脱ぐと汗臭かったり、近くによると髪の毛が匂うような女性は、やはり男性をゲンメツさせてしまいます。

いつどこでセックスのチャンスが訪れるか分かりません。

いつも清潔にして、デオドラントにも気を使いましょう。

セックス前にシャワーを浴びるのはエチケットでもあります。

「一度寝た女性が捨てられるパターン」に当てはまってしまった方も、これを機に、一夜限りで捨てられることのない、ステキな恋をゲットしてくださいね。

【参考記事】不潔な女性はNG!面倒でもお風呂に入りましょう▼

ベッドで愛し合う時間が台無しに…男ががっかりした女の夜の言動8パターン

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

注目の記事

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

Hot Topicks