8割以上の女子がヤキモチを焼いてる!?男子のNG行動
8割以上の女子がヤキモチを焼いてる!?男子のNG行動

8割以上の女子がヤキモチを焼いてる!?男子のNG行動

「恋人やパートナーに、やきもちをやきますか?」というアンケート、8割以上の人が「やく」という答えでした。人は恋に落ち、その相手と特別な時間を持つことができると、報酬系の脳が強く反応し、快感を得ます。幸福感、リラックス効果をもたらし、素晴らしい気分になりますので、その状態を脅かすような存在に対して、強い拒否反応が起こります。軽いジェラシーは恋愛のエッセンスにもなりますが、場合によっては関係悪化の大きな原因になりますし、単に男性の鈍感さが原因であることも多いものです。アンケートのコメントも参考に、男の子のNG行為4パターンをご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

恋愛観・恋愛体験についてのアンケート

Q.恋人やパートナーに、やきもちをやきますか?

回答時期:2011.08.15〜2011.08.19|260名が回答

やく:220名

やかない:40名

「やく」と答えた方。それはどのような時ですか?

やく

彼の好みの胸のサイズの女性とかが居たら「あの位あったらな~」と言われるとあっちの女性がいんかいと思う

私の前でほかの人をかまったりデレデレしたり…。目が泳いでるとか絶対に嫌。私と一緒の時は私だけを見て欲しい。

私との交流以外ほぼ全部、という感じ……○○楽しかった!と言われると素直に良かったねぇと思う反面さみしさが……独占欲強すぎて悩んでます(涙)

海外に留学した彼の担当の美容師からメールがきてたとき。お客さん全員とプライベートのアドレスで連絡とるの?!客離れを防ぐためだと思いますが…。

他の女の人とかと楽しそうに喋ってるとき!自分よりその他の女の人と喋ってて楽しいのかなって思っちゃう

やかない

疑り深い旦那は妬きます。

若い時はやいたけど、最近はやかなくなった。なんでだろ?特定の人との絆は絶対こわれないと自信が持てるようになったからかな。

やかなくていいように、気を遣ってくれているので、まずありません。

自分はもっと独占欲があるのかと思っていましたが、そうでもないみたいです。

【1】他の女性と楽しそうに話す

人間は会話をすることによって、自分たちよりもずっと大きく強い動物にも勝ち、生存範囲を広げてきた生物なので、「会話を持つ=仲間である・親しい」と無意識に判断します。特に女性は好意の大きさや感情を表情で読み取るという能力にも長けています。恋人が誰か他の人と楽しそうに話しているのを見ると、背中から顎の下にかけて、ゾゾッと本能的に嫌悪感がわいてしまうのです。

【2】通りすがりのキレイな人に目がいく

恋に落ちる過程で、女性よりも男性の方が、「見た目」を重視することがわかっています。通りすがりの他人であっても、自分の好みのタイプの女性であった場合などは、どうしても目がいってしまいます。その時、一時的に良い気分になるので油断が起こり、横にいる彼女の気持ちに意識が向かなくなってしまいます。女性はそのような態度の変化に敏感で、面白くない気分になり、不機嫌になってしまいます。

【3】他の女性を褒める

会社の同僚や、友人、幼馴染、彼女自身が紹介してくれた友だちであっても、他の女性を褒める言葉を耳にすると、ジェラシーが湧きます。日本はもともと一夫多妻制があった国で、女性は大奥気質が高く、恋人にとっては自分が一番だと思われていたいという気持ちも強く、他の人を褒める言葉は、競争心を呼び、ドーパミンなどのホルモンを誘発、やきもち心をヒートアップさせてしまいます。

【4】元恋人のいる場に行く

幼馴染であれば同窓会、サークル仲間であれば飲み会など、元彼女がいる場に出かける、元彼女と何かの用事で会う、という事を耳にすると、負の妄想が起こり、その事が終わるまで、心配でせつない気分になります。別れたといっても一度は愛し合った関係だと知っているので、二人でいるところを想像すると、たまらなく嫌な気持ちになるのです。

ヤキモチをやくのは、あなたを失いたくないからです。4つのパターンを参考に、大切な相手に不愉快な思いをさせないよう、気をつけてみてください。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★何がNG?ヤキモチ女子の心情
★ラブホでケンカ!?悪いのはどっち?
★彼とケンカしたときに使える謝り方(4パターン)
★彼が女友達とご飯…アリ?ナシ?
★義理チョコを彼がもらうのどう思う?

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks