恋活アプリってどうなの?登録するメリットとデメリットを解説!
恋活アプリってどうなの?登録するメリットとデメリットを解説!

恋活アプリってどうなの?登録するメリットとデメリットを解説!

「職場に出会いがない」「そろそろ彼女が欲しい」など。色々な理由から婚活アプリに興味を持つ方が増えてきた今日。この記事では婚活アプリに登録するメリットとデメリットを具体的に解説していきます。はてしてアプリにはどんな魅力があるのか?気を付けなければならないデメリットとは何か?ピンとこない方はぜひ参考にしてくださいね。

Pick up
続きを読む
公開日: 更新日:

恋活アプリのメリットとは?

恋活アプリのメリットとは?

手軽に開始&終了できる、恋人&結婚相手が見つかるなど!

恋活マッチングアプリには主に次のようなメリットがあります。

いつでも手軽に開始&終了できます

恋活したい&やめたいと思った瞬間に実行できます

登録や退会のハードルが高いと、だんだんやる気がなくなってしまうものですが、ペアーズやwithなど、大手マッチングサービスはもちろん、中堅や小規模の恋活サイトであれ、どちらも容易にできます。

「婚活したい」と思った瞬間すぐに始められて、「卒業したい」と感じた瞬間にすぐにやめられる点は間違いなく、マッチングアプリの魅力の一つです。

24時間365日、恋活ができます

24時間365日、恋活ができます

隙間時間に手軽に恋愛できます

社会人にしろ、大学生にしろ、平日休日を問わず、毎日なにかと忙しくなりがちですよね。

マッチングアプリは時間ができたときに、ゆっくり恋活が楽しめます。

アプリはいずれもお相手とメッセージ交換を通して仲を深めていくもの。

顔を合わせての会話の場合は時間を選ぶ必要がありますが、メッセージであれば朝食後の一息ついた時や寝る前など、自分の好きなときに送れますから、隙間時間に恋愛関係を育めます。

面倒な相手は手軽にブロックできます

無用な人といつまでも関係する必要はありません

職場や学校にどうしても話しが合わない、相性が良くない相手がいるように、恋活アプリの中にもご縁を切りたくなる相手が現れるものです。

リアルの場合、そのような相手とご縁を切るとなると大変ですが、マッチングアプリはブロックや非表示といった機能が搭載されているため容易にできます。

この機能を利用すれば手軽に相手の検索結果に自分のプロフィールが表示されないようにしたり、メッセージの受信拒否ができます。

「もう関わりたくない」と感じた相手と簡単に縁切りでき、恋活中のストレスの軽減がはかれる点も、恋活アプリの魅力の一つです。

自分の求めている人物との出会いが可能

自分の求めている人物との出会いが可能

検索機能を利用すれば、運命の人がヒットするかも!?

恋活アプリには異性を検索する機能が搭載されており、手軽に異性の絞り込みができます。

たとえば年齢や年収、学歴、職業などでの絞り込みが可能です。

誰しも「自分より年下の女の子と付き合いたい」「年収は〇〇万円の男性と知り合いたい」、あるいは「同じ趣味を持った人と付き合ってみたい」など、彼氏彼女候補に様々な理想があります。

アプリを利用すればその理想に合う異性や、近い人を簡単に見つけられます。

本気で恋活している人と出会えます

「ネットでの出会いは危険」は偏見です。

恋活アプリに対して「おかしな人ばかりいそう」と考えている方が時折見られますが、大手や中堅のマッチングアプリには真剣に恋活をしている真面目なユーザーがいくらでもいます。

なかでも男女ともに有料のゼクシィ縁結びやマッチドットコムといった恋愛・結婚マッチングアプリでは大勢の登録者が本気で活動しています。

口コミサイトにも、例えば次のような報告が上がっています。

『他アプリと比較して真面目な人が多い印象』(女性)

『会員の質が良い。変なユーザーがいないし、ちゃんとしっかりしたプロフを載せている人ばかりなので、安心して婚活できます』(男性)

※google playのゼクシィ縁結びアプリのレビューより※

本気で恋活中の真面目な人とたくさん出会える可能性が高い点も恋活アプリのメリットの一つと言えるでしょう。

実際に恋人&結婚相手が見つかります

実際に恋人&結婚相手が見つかります

真面目に恋活中の人に出会えれば、入籍までトントン拍子かも。

恋活アプリでは彼氏彼女ができるだけでなく、恋愛の末に結婚できる場合もあります。

「良い人と出会える」と評判のペアーズだけに絞っても、次のような報告が口コミサイトに続々と上がっています。

『ペアーズで出会った彼氏。22歳と同い年ですが、学年は彼が一つ下です』(女性)

『夫とペアーズで知り合いました』(女性)

『私はペアーズで知り合って結婚しました。ペアーズで知り合って結婚した知人も知ってます』(女性)

※yahoo知恵袋より※

『ペアーズで妻と出会えました。昨年結婚し、今年子供も産まれました』(男性)

※google playのペアーズのレビューより※

ここでご紹介した口コミの他にも、個人の体験談をまとめた本やサイトにも、アプリで結婚したとの報告が上がっています。

なお一部の出会い系の中には全く出会えないサイトやアプリが見られますので、悪質ユーザー対策がきちんとされて、参加者数も多い恋活アプリのご利用をおすすめします。

会員数が多いから、選択肢が豊富

上手に検索機能を活用すれば、素敵な異性が見つかるかもしれません。

会員数が多ければ、それだけ大勢のなかから選べるとも言えます。たくさん会員がいれば、あなた好みの人に巡り合う可能性も高め。

なお大手のマッチングアプリになると会員数が100万人をこえ、頻繁に出入りしている会員も何千人、何万人にものぼります。

どれだけ大規模な合コンや街コンであれ、一度にこれほどの恋人候補と顔合わせはできませんよね。

恋活アプリを利用する際はぜひ利用者数やアクティブユーザーの多い、にぎわいのあるものを選びましょう。

破局しても次があります

破局しても次があります

アプリを使えば手軽に次の人を探せます。

リアルの場合、理由が何であれ破局してしまった場合、相手不足や気分の落ち込みから、次の恋人候補がなかなか決まらないもの。

多くのマッチングアプリは登録者が多く、しかもアプリを介してのライトな付き合いでもあるため、一人の相手と上手くいかなくても、手軽に次を探せます。

「早く恋人が作りたい」「色々な人を見てから彼氏彼女候補を決めたい」と考えている方にとっては特に、この点は大きなメリットの一つと言えそうです。

結婚相談所や婚活パーティーより安い

女性の場合はタダで運命の人に出会える可能性すらあります。

恋活アプリの大半は女性は無料で利用できます。

たとえば会員数600万人のpairs(ペアーズ)、東証一部上場企業の「リクルート」の子会社が運営するゼクシィ恋結びは登録~マッチングまで無料です。DaiGo監修で有名なwithも年齢確認を行う際の100円(税込み)を支払えば、後はポイントを購入しない限り無課金で異性とデートできます。

男性は往々にして有料ですが、月額制の恋活アプリを利用した場合、一ヶ月の利用料金は3,000円前後ですみます。結婚相談所に登録したり、婚活パーティーに何度も参加したりした場合、一月のお支払い額は簡単に何万円にも上ります。

ちなみにポイント制の恋活サイトの場合、利用の本人の行動次第でお支払い金額いが大きく変わってきますのでお気を付けを。

自分磨きができます

自分磨きができます

恋愛は女性を美しく、男性をより魅力的にします。

恋活アプリを利用していれば日常的に色々な人とマッチングを試みたり、メッセージ交換をしたり、異性とデートをしたりします。

この過程の中で自分の理想や、客観的に見た自分が分かってきますから、自然とあなたの心が成長します。

さらに相手に気に入られるために地道に努力を重ねた方、自分とは異なる趣味や世界観を持つ異性と積極的に交流した方はより自分の魅力を高められます。

恋愛はリアルであれ、オンライン上であれ、自分を成長させる良い機会です。

今より自分を高めたいと考えている独身の方も、恋活アプリの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

恋活アプリのデメリットとは?

恋活アプリのデメリットとは?

恋活マッチングアプリには主に次のようなデメリットがあります。

悪質会員に注意が必要です!

サクラや業者、個人の迷惑ユーザー対策は必須です。

どのような恋活アプリ、出会い系サイトにも一般ユーザーになりすました悪質ユーザーが潜んでいます。

悪質ユーザーには主に次のようなタイプが存在します。

<サクラ>

アプリ運営会社により雇われた人々。雇い主である運営会社に利益をもたらすために、アプリ内に入り込み、日夜活動しています。

「無料会員に有料会員になるよう促す」「ユーザーにポイントの購入を促す」「有料会員に引き続き契約を継続させる」などを行います。

<業者>

アプリの運営会社とは無関係の団体、あるいは人々。他の会員のお金や個人情報を狙っています。

LINEや電話番号のような個人情報を回収する業者や、援交女性を紹介する援デリ業者、怪しいビジネスセミナーに誘う勧誘業者の他、恋活アプリ以外のサイトへ誘導するタイプなど、様々な種類が口コミサイトや体験談サイトで報告されています。

<個人の悪質会員>

ヤリモクや既婚者、キャッシュバッカー、冷やかしやドタキャンの常習犯など、ピュアな恋愛以外の目的で登録しているタイプもいれば、容易に暴言を吐く会員やストーカー気質のある者といった迷惑ユーザーもおり、種類は様々です。

アプリを利用する際は彼らを回避しつつ、恋活をする必要があります。

身バレする可能性がゼロではありません!

身バレする可能性がゼロではありません!

どうしてもバレたくない場合は利用するアプリを良く選びましょう

恋活アプリの中にはfacebook連動型のものがあります。

この場合、登録のためにはfacebookアカウントの登録が必要になります。

運営側はFBから身バレしないよう様々な対策をしてはいますが、友達申請をしていない知人や同僚があなたのプロフィールを見つけた場合、恋活アプリをしているとバレてしまいます。

またプロフィールに顔写真を登録している場合も、異性の知り合いに見つかってしまえば身バレします。

「どうしても家族や友人たちに身バレしたくない!」とお考えの方は顔写真を公開しない、facebook連動型の恋活アプリは避ける、ユーブライドのようにプロフィールや顔写真の公開範囲を選択できるアプリを利用しましょう。

文章作りが苦手な男性は不利です!

モテたい人は異性ウケするメッセージのコツを知っておきましょう。

マッチングアプリは基本的に異性とメッセージ交換を重ねて仲を深めていきます。

そのため文章の作成が苦手な男性会員はなかなかデートにたどり着けません。

恋活アプリであれ、婚活サイトであれ、女性会員は年齢や顔面偏差値を問わず、多数の申し込みから選ぶ立場になる傾向にあります。そのため女性はメッセージの作成が苦手でもあまり支障はありません。

一方でライバルが多い男性の場合、マッチングはしてもメッセージが続かず、リアルでの出会いにも結びつかずに終わる可能性が高いため、スペックに自信がない場合は特に上手にメッセージを書く方法を学んでおかれるよう、おすすめします。

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks