22時に寝なくてもOK!自分で作るお肌のゴールデンタイム
22時に寝なくてもOK!自分で作るお肌のゴールデンタイム

22時に寝なくてもOK!自分で作るお肌のゴールデンタイム

「22時~2時はお肌のゴールデンタイム」とよく言われますが、忙しい現代女性が、この時間に寝ることは難しいもの。お肌の生まれ変わりを促す成長ホルモンをしっかり分泌させるには、ゴールデンタイムの”時間“よりも大切なことがあるのです。

Pick up
続きを読む
公開日:

ゴールデンタイムの”時間“よりも大切なこと

「22時~2時はお肌のゴールデンタイム」とよく言われますが、これは、この時間帯に眠りにつけば、細胞の修復・再生を行ってお肌の生まれ変わりを促す成長ホルモンが分泌される、というもの。

しかし、仕事にプライベートに忙しい現代女性が、この時間に寝ることは難しいもの。

実は、成長ホルモンをしっかり分泌させるには、ゴールデンタイムの”時間“よりも大切なことがあるのです。それは、「眠りの深さ」。

特に、寝入りばなの3時間がぐっすりと眠れていることがポイント。

入眠後の眠りが深いほど成長ホルモンの分泌は増加します。また、成長ホルモンは血糖値が下がった状態でないと十分に分泌されません。

ここでは、これらの条件を踏まえて、ゴールデンタイムにこだわらなくても成長ホルモンをしっかり分泌させて、睡眠の恩恵を受ける方法をご紹介しましょう。

①体温を上げる

日中上がった体温が、寝る前に下がることによってスムースに眠りにつくことができます。

この“体温の落差”が快眠のカギ。体温の上がりやすい17時~19時くらいに、ストレッチをしたり、階段を昇り降りするなど、軽い運動をしてみましょう。

体温差が大きいほど、ぐっすり眠れます。

②血糖値を下げる

夕食を摂ってすぐに就寝すると、血糖値が高いまま寝ることになるので、たとえゴールデンタイムであっても、成長ホルモンは十分に分泌されません。

逆に、ゴールデンタイムを外れてしまっても、血糖値が下がった状態で眠りにつけば、成長ホルモンの効果が期待できるのです。

例えば、ゴールデンタイムにこだわって、残業後、急いで帰宅して夕飯を済ませ、すぐに寝てしまうよりは、夕飯を食べたあとゆったりお風呂に入って、血糖値を下げ、リラックスしてベッドに入る方が良いのです。

いかがでしたか”若返りホルモン“とも言われる成長ホルモンを味方につけて、キレイを維持しましょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks