そうめんやひやむぎで美味しくダイエット!夏太りの対策方法
そうめんやひやむぎで美味しくダイエット!夏太りの対策方法

そうめんやひやむぎで美味しくダイエット!夏太りの対策方法

実は「夏の冷え」はとっても太りやすいって知ってましたか?夏太りを防ぐためにも、夏の風物詩である「そうめん」や「ひやむぎ」で美味しくダイエットする方法をお伝えします。「夏の正しい過ごし方」を確認して夏を乗り切りましょう!

Pick up
続きを読む
公開日:

夏太りの原因

近年は地球温暖化に伴い、日本の夏も亜熱帯気候?と思われるほどに暑い日が続きます。外気の温度とは裏腹に、身体は冷たい飲み物や食べ物、エアコンのあたりすぎやなどにより意外なほどに冷えているのです。

冷えは夏太りだけではなく、多くの病気の元にもなり兼ねませんので、冷え過ぎには注意しましょう。

『冷え』は何故太る!?

暑すぎる屋外と涼しすぎる屋内の出入りを繰り返していると自律神経の働きが低下し、体温の調節が上手くいかなくなります。

こうして身体のバランスを崩してしまうと、一度下がった体温がなかなか上昇しにくくなります。体温が低いままでいると内臓機能も低下し、基礎代謝や身体の燃焼パワーも下がり、結果『夏太り』が起こってしまうのです。

夏は暑い!

まずは『夏は暑い!』ということを脳にインプットしましょう。エアコンの使用を極力抑え、外気との温度差を小さなものにします。

夏は暑いのですからたっぷりの汗をかき、たっぷりの水分と必要量の塩分をキチンと摂取しましょう。体温が上がって汗をかけば燃焼パワーも必然的に高まります。

夏こそしっかり食事を摂ろう!

身体を温めるものが『熱いもの』とは限りません。美味しく楽しく食事を頂きながら、ダイエット効果の高い食生活を送りましょう。そのポイントをいくつかご紹介致します。

ポイント①

夏の薬味を上手に食べて体温UP↑夏の風物詩でもある『そうめん』や『ひやむぎ』にはたっぷりの薬味を添えて食べましょう。

特に生姜やミョウガはおススメです。そうめんなどの他にもお味噌汁に入れたり、新生姜をサラダなどにしたりして飽きのこないメニューで身体を温めましょう!

ポイント②

香味野菜で食欲増進↑食べ物の消化活動は1日の基礎代謝の1/3を担っていますので、食べないことは太りやすいことに繋がります。

とにかく夏は食欲が減退しがちですから、食欲をUPさせたり、消化を助けたりする食べ物を積極的に摂取しましょう。

にんにく・わさび・大葉・香菜(パクチー)・バジルなどは身近な食材として特におススメです。

プールの後はジャグジーへ

意外に知られていないのが『プールでのダイエットは効果が低い』と言うこと。ダイエット効果を望むなら、体温よりも高い温度(36.5度以上)でなければなりません。

水温が低ければ体温を奪われてしまいますので逆効果です。プールや海水浴の後には温泉や、ジャグジー、熱いシャワーなどでしっかりと身体を温めましょう。

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks