紫外線は髪にもダメージを与えてる!夏にできるヘアケアとは?
紫外線は髪にもダメージを与えてる!夏にできるヘアケアとは?

紫外線は髪にもダメージを与えてる!夏にできるヘアケアとは?

紫外線が気になる夏がやってきました。髪と頭皮にとっては最も過酷なシーズンです。お肌の紫外線対策はバッチリ!という人でも、髪は紫外線対策をしていない人も多いのでは?髪はお肌よりも多くの紫外線を浴びているので、それだけダメージも大きいと言えます。紫外線が当たると、毛髪の表面を覆うキューティクルがはがれて枝毛、切れ毛、乾燥の原因となってしまいます。また、紫外線は毛髪の内部にあるメラニン色素も分解するので、髪が赤茶っぽく色あせてしまいます。髪を守るために、しっかりとヘアケアを行いましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

日常の紫外線対策

髪を紫外線から守るには、紫外線カット効果のあるコンディショナーやトリートメントで髪をコーティングすると効果的です。

洗い流さないスプレータイプのものだと、外出前にも使えるので便利です。外出する時は、日傘や帽子を活用しましょう。紫外線防御効果のあるものなら、さらに安心です。

1日のうちで紫外線が強いのは、10時~14時と言われていますが、なかでも11時~12時に最も紫外線量が多いので、できればこの時間帯の外出は控えるようにしましょう。

また、エアコンによる乾燥も髪には大敵。注意が必要です。

海&山での紫外線対策

海や山など夏のレジャーも、髪のダメージを深刻化させてしまいます。海水の成分は、毛髪のケラチンたんぱくを溶かしたり凝固させてしまうため、髪に海水がついたままだとつやが失われ、ギシギシと硬くなってしまいます。

さらに、海水の浸透圧の影響で、毛髪内部の水分が外へ出て行き、髪はパサパサに乾燥して枝毛などのダメージを引き起こします。

プールの場合は、消毒のための塩素が髪を退色させる原因となってしまいます。海水浴、プールからあがったら、そのままにしないでなるべく早く水で洗い流すようにしましょう。

山でのレジャーの場合は、平地よりも紫外線が強く降り注ぐため、頭皮に炎症を起こしてしまうことがあるので、さらに紫外線対策を念入りに行いましょう。

シャンプー時の対策

また、夏は、皮脂や汗の分泌が多くなるので、頭皮が汚れやすくなります。皮脂や汗、古くなった頭皮の角質などが毛穴をつまらせてしまうと、健康な髪が生まれなくなってしまうので、頭皮のケアも大切です。

シャンプーをする時は、指の腹で頭皮をやさしくマッサージしながらしっかり洗いましょう。ゴシゴシ洗うと、頭皮を傷つけたり摩擦で髪を痛めてしまう原因になるのでNG。

ブラッシングも大切です。ブラッシングは、皮脂を髪にのばして髪を保護したり、頭皮の血行を促す効果があるので、こまめにブラッシングをするとよいでしょう。夏の正しいヘアケアで、1年中美しいツヤ髪をキープしましょう!

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks