男性は意外と見てる?上手にムダ毛処理して女子力アップ
男性は意外と見てる?上手にムダ毛処理して女子力アップ

男性は意外と見てる?上手にムダ毛処理して女子力アップ

露出の多くなる季節です。ムダ毛のお手入れは、できていますか?男性は意外と見てますよ…。『正しいムダ毛処理の仕方』をご紹介します!

Pick up
続きを読む
公開日:

ワキの下編

伸びるスピードが早く、毛の生えている向きもバラバラ、しかも太いワキの下の毛は、ムダ毛の中でも最も悩まされる部分。

毛抜きで抜く場合は、まずお肌を清潔にし、蒸しタオルなどで温めて肌を柔らかくして、毛が抜けやすい状態にしておきます。

抜くときは、皮膚を手で伸ばして、毛の生えている方向にそって抜きます。

終わった後は、冷タオルで冷やしておきましょう。

誤ったケアをすると、毛が皮膚の中に埋もれた「埋没毛」になったり、肌がブツブツして鳥肌のようになってしまうので、注意が必要です。

ビキニライン

ビキニラインはワキの下同様、毛の生えている方向がバラバラでデリケートな部分。

誤った処理をすると、黒ずみや色素沈着を起こしてしまいます。

カミソリで処理する場合は、ヘッドが小さいものを使い、何度も同じ部分を剃らないように気をつけましょう。

また、ピンポイントで処理ができ、仕上がりがきれいな除毛剤を使ってもよいでしょう。

ただし、肌の弱い人やアレルギー体質の人には合わない可能性もあるので、事前に腕の内側など目立たない部分に塗ってみて、異常がないかどうかを確認する「パッチテスト」を必ず行いましょう。

ヒジ下・ヒザ下

季節を問わず気になるのがヒジ下、ヒザ下のムダ毛ですが、毛は細くて柔らかく、毛の生えている方向も一方向、肌も丈夫なのでケアがしやすい部分です。

あまりムダ毛が多くない場合は、脱色剤で目立たなくする方法がおススメ。

この場合も除毛剤同様、事前にパッチテストで異常がないかを確認しておきましょう。

脱毛テープを使う場合は、毛の流れにそって勢いよく一気にはがすようにします。

ムダ毛とともに、皮膚の角質も多少はがれてしまうので、終わった後はローションやクリームで保湿をしておきましょう。

本当は処理ってよくないの?

皮膚にダメージを与えやすいムダ毛の処理ですが、どんなに美しいスタイルでもムダ毛が目立ってしまっては台無し。

お肌になるべく負担のかからない正しいやりかたで行いましょう。

カミソリを使う場合は、切れ味の悪いものは避け、力を入れなくてもスムースに剃れるものを用いましょう。

剃る前には必ずシェービングローションやクリームを塗ります。

処理の後は、清潔な状態を保ち、日焼けなどの刺激は極力避けるようにしましょう。

正しいムダ毛の処理法とアフターケアで、肌への負担は減らすことができるのです。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks