お肌の曲がり角はいつ?25歳を過ぎたら見直すべき行動
お肌の曲がり角はいつ?25歳を過ぎたら見直すべき行動

お肌の曲がり角はいつ?25歳を過ぎたら見直すべき行動

「肌のハリ・ツヤがなくなってきた」「毛穴が目立ってきた」「潤いがなくなってきた」「化粧のノリが悪くなってきた」…。急に肌の調子がおかしくなってきた、ということはありませんか?ある時ふと気づく肌の変化。それはもしかしたら、“お肌の曲がり角”かもしれません。お肌の曲がり角とは、いったい何歳からなのでしょうか?

Pick up
続きを読む
公開日:

お肌の曲がり角は25歳~30歳

肌のハリ・ツヤ・潤いをもたらすコラーゲンの産生を促す女性ホルモン・エストロゲンは、20代後半がピークなので、一般的にはお肌の曲がり角は25歳~30歳と言えます。

しかし、スキンケアの状態や食生活、生活習慣によって、曲がり角を感じる年齢は人それぞれ。人によっては20代前半でも肌の衰えを感じる人もいます。

”落とすケア“から”与えるケア“に

お肌の曲がり角は、一言でいうと「肌の老化」ですが、日頃のケア次第で老化を遅らせることは可能です。

まずは、スキンケアを見直しましょう。年齢とともに肌の水分量や皮脂の分泌量は減少し、肌が乾燥しやすくなります。

皮脂や汚れを落とそうとゴシゴシ洗顔をしたら、必要なうるおい成分まで洗い流してしまうので注意が必要です。

今までの”落とすケア“から”与えるケア“にシフトしましょう。

朝の洗顔はぬるま湯で

洗顔の際は、洗顔剤で大きな泡を作ると、その分泡の表面積が大きくなって皮脂や汚れが落ちやすくなりますが、うるおい成分も洗い流されてしまうので、肌の乾燥状態によって泡の大きさを調節するようにしましょう。

乾燥が気になる場合は、朝の洗顔はぬるま湯で洗う程度でもOK。

内側から“肌のさび”を抑える

年齢とともに抗酸化作用が低下し、肌の老化も加速していまいます。

内側からのケアとして、抗酸化作用のあるビタミンA、C、E、ポリフェノールなどを含む食品を意識してしっかり摂るようにして、“肌のさび”を抑えましょう。

美肌は夜作られる

睡眠不足もダイレクトに肌にあらわれるようになります。美肌は夜、深い眠りのなかで作られるもの。

質・量ともに十分な睡眠を心がけることが大切です。お肌の曲がり角は、お肌の転換期とも言えます。

日々の積み重ねで、努力した分だけ肌の老化を遅らせることが可能なのです。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks