メイク落としが肌荒れの原因!?肌への負担が一番少ないクレンジングとは
メイク落としが肌荒れの原因!?肌への負担が一番少ないクレンジングとは

メイク落としが肌荒れの原因!?肌への負担が一番少ないクレンジングとは

普段何気なく行っているクレンジングですが、実はこのクレンジングが最も肌に負担をかけているのです。出来るだけ肌に負担をかけない『メイク落としの選び方やクレンジング方法』をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

メイク落としが肌荒れの原因!?

普段何気なく行っているクレンジングですが、実はこのクレンジングが最も肌に負担をかけているのです。

メイクアップという油性の汚れを水で乳化して落としやすくするためには、どうしてもメイク落としに油分と水分をなじみやすくする「界面活性剤」を含むことになります。

そのため、肌への負担はある程度仕方のないことですが、メイク落としの選び方や方法を間違えると肌荒れの原因になってしまうので注意が必要です。

オイル・ジェル・リキッドタイプ

油分の多いオイルタイプのメイク落としは、メイクとなじみやすいのですが、大量の油分を落とすために界面活性剤も多めに配合されているので肌への負担も大きいと言えます。

比較的油分の少ないジェルやリキッドタイプでは、メイクとのなじみが悪いため落ちが良くなく、その分界面活性剤も強めのものが多くなっています。

界面活性剤が強いかどうかは、肌につけてみてお湯ですすいだときの感触である程度わかります。

すすいだときに、簡単に落ちるものほど界面活性剤が強いということになります。

ミルク・シートタイプ

水分の多いミルクタイプもメイクとのなじみが悪く、やわらかいため肌をこすってしまうことがあるので注意が必要です。

シートでふき取るタイプのものはお手軽ですが、油分をほとんど含まず界面活性剤だけでできているようなものなので、肌に負担が大きいうえ、ふき取る時に肌への摩擦が刺激となってシミの原因になることもあるので、毎日使用するのは控えた方がよいでしょう。

おすすめのタイプと使い方

一番のおすすめはクリームタイプです。ある程度の固さがあるので肌への摩擦が少なくてすみます。

洗い流すタイプのものを選ぶとよいでしょう。肌を傷めやすいクレンジングは、なるべく肌と触れる時間を短くすることがポイントです。

額、頬、目元、口元にクレンジング剤をなじませたら、ぬるま湯ですすぎます。なじませる時間は1分もあれば充分です。

すすぎは、少しぬるめのお湯を手のひらにすくって、お湯を顔につけるような感じで洗います。クレンジングだけで完璧に落とす必要はありません。7割くらい落ちていれば充分です。

次に行う洗顔との両方でメイクを完璧に落とすようにするとよいでしょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks