エッチで女性が濡れない原因~感じてないわけじゃない興奮していないだけ!?
エッチで女性が濡れない原因~感じてないわけじゃない興奮していないだけ!?

エッチで女性が濡れない原因~感じてないわけじゃない興奮していないだけ!?

濡れる=感じているではありません。女性が濡れるというのはどういうこと?愛液ってなに?

Pick up
続きを読む
公開日:

「濡れる」=「感じている?」

一般的に、女性が感じているかどうかの目安とされやすいのが、「濡れているかどうか」。 果たして本当に、「濡れる」イコール「感じている」といえるのでしょうか? まずは、なぜ女性器が濡れるのかを説明しましょう。

【参考記事】彼氏とのセックスで感じないなら▼

舐めるのを嫌がる彼氏に下の口をペロペロしてもらうコツ7パターン

誰にも相談できない…セックス下手な彼氏をエロメンに育てるポイント7パターン

男性がセックス下手かセックス上手かを見極めるポイント7パターン

「愛液」と呼ばれているものの正体

セックスをスムーズに行うために欠かせない膣の潤い、一般に「愛液」と呼ばれているものは、正式には「膣粘滑液(ちつねんかつえき)」といいます。 これは、興奮期に入って10~30秒以内に、膣壁全体から玉のように汗が噴き出して膣粘膜を覆います。 もともと膣の内部の体温は脇の下の体温よりも高いのですが、その上セックスを行うと膣の内部が充血してさらに体温が上がり、膣壁周辺の毛細血管から水分が漏れ出てくるのです。 これが膣粘滑液の正体で、いわば「膣の汗」ともいえるのです。

興奮期に入れば誰もが濡れる

このほかにも、バルトリン腺という分泌腺からの分泌液や、排卵期に子宮の入り口から分泌される子宮頸管粘液(しきゅうけいかんねんえき)も膣粘滑液(ちつねんかつえき)に含まれますが、バルトリン腺液は1~2滴程度のものなので、成分のほとんどは「膣の汗」と言えます。 分泌量には個人差はありますが、興奮期に入れば誰もが濡れると考えられています。

感じていないのに興奮して濡れることもある

したがって、感じて濡れているとは必ずしも言えないわけです。 女性は感じていなくても興奮期に入れば濡れるのです。 すなわち「感じる」という感情と「濡れる」ことは無関係なのです。 もちろん感じれば濡れますが、逆も言えるとは限らない。 つまり、感じていないのに興奮して濡れることもあるのです。

ホルモンバランスが崩れると、濡れにくくなる

ただし、この膣粘滑液は興奮期初期が分泌のピーク。 その後は分泌量が減る一方なので、ピストン運動が長時間に及ぶと膣が乾いて痛いだけ、ということになるのです。 また、女性ホルモンのエストロゲンの働きも「潤い」に関係していますから、女性ホルモンの減少する更年期になると濡れにくくなります。 しかし、若い女性でも、ストレスや精神的緊張、過度なダイエットなどでホルモンバランスが崩れると、濡れにくくなる可能性はあるのです。

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

Hot Topicks