夏は恋の季節♡彼に近づくための心理的テクニック
夏は恋の季節♡彼に近づくための心理的テクニック

夏は恋の季節♡彼に近づくための心理的テクニック

ひと恋なんて言葉があるように、言えば恋の季節。とはいえ、恋できるのかなぁとお悩みという方も多いのではないでしょうか?そのお悩み!彼に近づくための、心理的テクを使うことで解決できるかもしれません。

Pick up
続きを読む
公開日:

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

Q.【女性に質問】なると「の高まり」を感じますか?

回答時期:2015.06.04〜2015.06.12|118名が回答

はい:67名

いいえ:51名

【はいと答えた方】それはどのような時に感じましたか?詳しく教えてください

はい

私は彼氏の事が凄い好きです。ただ家で一緒にいて部屋着で彼はいつもタンクトップを着てます。それを見てるだけでえっちしたくなってしまいます。

ベッドで何も付けないで抱き合えると思うと、夜が待ち遠しくなります

肌の露出が増えて、彼と肌がくっつく機会が多くなったとき

薄着になるので、彼の二の腕や鎖骨をみると触れたくなる

浴衣や水着などを着ると彼が喜ぶのを知ってるから、こちらもそういうのを意識する

いいえ

逆に、暑くて汗だくなりそうなので…涼しい時の方がいいな(笑)。

ラブリサーチが『なると「の高まり」を感じますか?』とを行ったところ、53.6%の方が「はい」と回答。みなさんそれぞれ、なると、他の季節とは違う胸の高鳴りを感じているようです。 ところでみなさんは、恋には、「キュンとする恋を夢見るも、身体は快感を望んでしまう」傾向があることをご存知でしょうか?そこで今回は、その理由と、その気持ちを利用して意中の彼に接近する心理的テクを紹介していきたいと思います。この記事を読めばきっと、恋を上手に楽しめるようになるはずですよ。

純愛を望んでいるのに、「快楽」を追い求めてしまう理由

純愛を望む一方で快楽を求めてしまう理由は、暑さにあります。暑いすから、着るものも薄着になり、水着や胸元の開いた服など、視覚的に性的欲求に働きかける要素が増えますよね。さらに、太陽が長時間出ているため、脳が活性化し、過敏に女性を求めるという説もあるというのです。そこで注目したいのが、そんな彼の気持ちを利用した心理的テク!視覚や感触から、彼の気持ちを刺激してみてはいかがでしょう?

着脱で彼の視線を刺激!

大人になると、ミニスカートや胸の谷間が思いっきり見えるような服は選びにくくなりますよね。男性の視線を利用する際、こうした露出が喜ばれると思いがちですが、ご安心ください。ただ出すよりも、ふとしたところでチラッと見せたほうが彼をドキッとさせることができるのです。

彼と会うときには、カーディガンなどを一枚羽織って行き、途中で脱いでみてください。別になことをしているわけでなくても、「脱ぐ」という行為に弱い男性は多いもの。薄着になる自信がないという方は、カーディガンの下に、オフショルダーもおすすめですよ。

冷え症なら、暑がる彼に触れてみる!

男性に比べ、女性は冷え性の方が多いですよね。手先が冷えてなかなか厄介ですが、この手に触れられると気持ちいいと感じる男性は少なくありません。もし彼が暑がっていたら、あなたの冷たい手で腕に触れてみましょう。

「暑い?私すごく手が冷たくて…」とさりげなく腕を持てば、彼を、ゾクッ、ドキッ!とさせられるはずですよ。もちろん、冷たくて気持ちいいというだけで喜ばれるので、ぜひ、活用してくださいね。

髪の毛を結んでみる!

うなじに弱い男性が多いというのは、昔からよく聞かれますが、少し汗をかいているうなじの場合、より彼を刺激することができます。

髪の毛を結ぶ姿に、色っぽさを感じる男性も多いので、大衆的な雰囲気の場所であれば、彼の前で髪を結んでみてください。髪の毛を下しているときと、アップにしているときのギャップ演出で彼をドキッとさせられますよ。


せっかく開放的なすから、それに合わせた心理的なテクを上手に使ってみましょう。しっかり実行できれば、きっと彼も、あなたにもっと近づきたくなるはずですよ。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「 LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★色気アップアイテム「浴衣」の着こなし!もっとセクシーに着こなす秘訣って?
★露出が増える夏こそ、着衣のすすめ!
★花火大会で告白してもらえる可愛い仕草4個
★夏限定!彼が喜ぶ普段よりちょっとなラブタイム!
★デートで彼とスキンシップが増える!アトラクションとアプローチ

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks