いつまでも仲良しでいたいなら!夫婦のセックスの悩みと解決法
いつまでも仲良しでいたいなら!夫婦のセックスの悩みと解決法

いつまでも仲良しでいたいなら!夫婦のセックスの悩みと解決法

「この人となら一生うまくやっていける!」。そう思っていたのは、いったいいつの日のことだったのでしょうか…。結婚前には見えてこなかったこと、長い付き合いになったからこそわかること、さまざまな悩みや問題が次から次へと降っては湧いてくる夫婦生活。その中でも女性のココロに大きなダメージを与えるのがセックスのあれこれです。142名の女性に「夫婦間のセックスにお悩みはありますか?」と訊ねたところ、約84%にあたる119名の人が「ある」と答えています。思わず「そうだよねぇ…」と頷いてしまう結果です。そうでなければ、ここまで女性の性が語られることもなかったと思うのです。そこで妻たる女性たちが今、どんなことで悩んでいるのか、またその解決法を考えてみたいと思います。

Pick up
続きを読む
公開日:

結婚・夫婦・出産についてのアンケート

Q.【女性に質問】夫婦間のセックスのお悩みはありますか?

回答時期:2015.01.30~2015.02.19|150名が回答

ある:127名

ない:23名

【あると答えた方に質問】それはどんな悩みですか?詳しく教えてください。

ある

エッチのとき気持ちよすぎてつい大きな声が…。子どもが起きてしまわないか気になります。エッチのときはちょっと離れた部屋に行きますが、そんなに広い家ではないので…

主人の仕事が忙しく、回数が減った。恋人の頃のほうがお互い頑張って時間を作っていたような…

レスです。子どもが生まれる前からなので、もう6年も…。LCを見ているうちに、とっても旦那さまが恋しくなります。

子どもが中学生にもなると遅くまで起きててなかなかゆっくりエッチできない。いつかラブホへ行って思いっきり喘ぎ声出したい!!そしてローション風呂も試してみたい!

つい最近までレスだったのですが、夫婦で話をして解消。のはずが、お互い誘うタイミングがとれず、就寝時間になるとなんだかうまくコミュニケーションが取れなくなるという。

セックスのマンネリ化

・「マンネリ化している。抜け出したいがどんなふうにしたらいいのか分からない」

・「いつもエッチの流れがワンパターンで萎える」

・「いつもパターンが一緒。子どもが寝室で寝ている関係で、ソファーでしかできなくて狭い」

セックスはするけど、毎回ベルトコンベアーに乗せられたようなルーティンセックスに飽きてしまう『マンネリ化』。いつまでも出会った頃のような、情熱的なセックスが続けられたらどんなに幸せだろう、と私も思います。

医学的には恋もセックスも、2~3年で飽きが訪れると考えられています。これは盲目的な感情を引き起こすPEA(フェニルエチルアミン)の分泌がなくなってしまうから。

それを補うのは、セックスへの探究心です。探究心の向かう先は旦那さまの性感帯でも、プレイでも、また自分自身の性欲でも構いません。セックスをさらに楽しみたいと模索し続けることがマンネリ化を防止に繋がります。

そのためには、セックスへのアンテナを常に立てておきましょう。LCラブコスメで新商品をチェックしたり、女性向けのエッチ動画を視聴してみるのもいいですね。男性向けのエッチなビデオでも構いませんが、女性によっては「あんなプレイは気持ち悪い」と感じる人も。

そして集めた情報は、必ず旦那さまと共有してください。1人で抱え込んでしまっては、せっかくの情報も宝の持ち腐れです。奥さまがセックスの情報を知っていることそのものが、男性の独占欲を刺激するきっかけとなり、マンネリ化脱却への道も開けます。また、鉄板的解決策ですが、ラブホテルへ行くなど場所を変えるのも一案です。同じプレイでも目から飛び込んでくる情報が変わるので、いつもと違うセックスが味わえます。

セックスレス

・「年頃の子どもがいるため、セックスレスになり、どうチャレンジしたら?悩んでいます」

・「布団に入ってあちこち触れ、その気にさせといて寝ちゃう旦那。置いてきぼりでどうしたらいいのやら…」

・「セックスレス。出産してから、触られるのも、嫌になり、断り続けたら誘って来なくなったけど、今はそれがなくなったけど、私のわがままみたいな感じなので言えない」

夫婦間のセックスに問題はないと答えた2割の女性以外は、この問題に一度は直面すると言っても過言ではないでしょう。女性が性について声を上げるきっかけを作った、ある意味功労者!?とも言うべきセックスレス。セックスレスは原因を一概にコレと言い切るのが難しく、それゆえ一度陥ってしまうとなかなか抜け出せないのが特徴です。

ですので、自分もいつかはセックスレスになる可能性がある、と前提の上、セックスレスに陥る前に防ぐのがとても大切です。それでもセックスレスに陥ってしまったら…。

セックスしたいからといって、セックスに近いところを改善しても上手くいきません。

『急がば回れ』。セックスから一番遠いところから改善しましょう。日常生活で旦那さまが喜ぶプチサプライズを用意し続けてください。晩酌する旦那さまにお付き合いするとか、手作りプチデザートを作るとか、些細なことでいいのです。「男友達や同僚につい自慢したくなるような、よき妻」と旦那さまに思ってもらえることが、セックスレス改善への第一歩です。

夫にときめかない、触れられたくない

・「あまりにも淡白すぎて愛撫も何もなく、ただ挿入するだけのエッチで快感もなく楽しみがなくてつまらない」

・「常に一緒にいて軽いスキンシップが当たり前になってしまうため、セックスのときにドキドキしたり燃え上がる感情がない」

・「私にその気がないこと。毎回、どうやって断ろうかと…悩んでます」

オーガズムを感じさせてくれる男性からは、女性は離れられなくなると言います。旦那さまにときめかない、男性として見られなくなってしまったのは、オーガズムに達しないセックスを繰り返してしまったことが、原因の1つとして考えられると思います。

しかし、夫婦生活におけるセックスは、法律でも定められている健全な夫婦の条件の1つですし、このままではセックスレスに陥ってしまうのは、そう遠い未来の話ではありません。

旦那さまとのセックスするチャンスが巡ってきたら、愛撫を旦那さま任せにせず、自分はどこをどう触られたら気持ちいいのか積極的に伝えましょう。ワガママに感じるかもしれませんが、セックスはそもそも自分の欲求をストレートに伝える行為です。何の問題もありません。

話し合っても解決するとは限らない?!

コメント数がとにかく多いことから、皆さんそれぞれにモヤモヤとした悩みを抱えているのだとよくわかります。

その悩みを改善すべく夫婦で話し合い、答えを出しても、「つい最近までレスだったのですが、夫婦で話をして解消。のはずが、お互い誘うタイミングがとれず、就寝時間になるとなんだかうまくコミュニケーションが取れなくなるという」と、コメントにもあるように、話し合っただけでは解決にならないという、とてもやっかいな問題なのです。

セックスの問題は多かれ少なかれ、遅かれ早かれ起こるものだと予め対策をしておくことが、なにより大切です。

それでも問題を抱えてしまったら1人で悩まず、悩みを吐き出せる場所を確保することです。自分で悩みを吐き出しているうちに、自分で悩みを整理できるのが女性です。悩みを吐き出せる相手は、あなたの悩みに同調しつつもできるだけ客観視してくれるような、冷静な視点を持つ人がベストです。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★普段のセックスじゃ物足りない!?ラブグッズでマンネリ打破!
★マンネリセックスはもうイヤ!女性の積極性が変える2人のセックス
★最近マンネリ気味なのは彼のせい?女性を悩ませる淡泊彼氏の言動とは
★男性が「彼女の性欲が強すぎる」と感じる3つの瞬間
★結婚の理想と現実?理想の結婚生活と違ったことトップ3

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    Hot Topicks