恋活パーティーってどう?メリット・デメリットをご紹介!
恋活パーティーってどう?メリット・デメリットをご紹介!

恋活パーティーってどう?メリット・デメリットをご紹介!

「恋人を作りたいから、恋活パーティーに参加してみたい」そう思いながらも、どんなものか分からなくて困っていませんか?今回はそんな男女のために、恋活パーティーのメリットとデメリットをご紹介していきます。この記事が恋活パーティーに出かけるかどうかを判断する一助になれたなら幸いです♪

Pick up
続きを読む
公開日:

大勢の異性と出会えます

一度につき数十人の男女が集まるからです♪

恋活パーティーの規模はイベントや地域により様々とはいえ、一度につき、だいたい50人前後の男女が集められます。

つまり会場に足を運ぶだけで、何十人もの恋人募集中の異性に出会えます♪

さらに熱心に別のパーティーに足を運んだ場合、1ヶ月の間に100人以上の異性にだって出会えちゃうんです♡

これだけ彼女や彼氏を希望している異性に出会えれば、よほど条件を高く設定していない限り、素敵な出会いに恵まれそうですよね。

「多くの異性の中から、自分に合う人を見つけたい」

「会社は同性か既婚者ばかりで、全然出会いがない」

そう考えている方は恋活パーティーの参加がおすすめかも♡

色々なタイプの人と出会えます

参加者は趣味から働く業界まで様々です!

パーティーにはとても様々なタイプの男女が参加しています。

レアな趣味を持つ女性もいれば、流行り物が大好きなハイスペックな男性もいます。

金融業界で働く20代前半の女子や、30代の商社勤めのイケメンもいます。

恋活パーティーに参加すれば、このように趣味もお仕事も業界も、さらに年齢も様々な人たちに出会えます♪

「自分の好みのタイプが分からない」

「これまで縁のなかった分野で働く男性と出会いたい」

「たくさんの女性を見てから恋人を探したい」

このように考えている方も、やっぱり恋活パーティー向きかもしれません♡

当日中に恋人ができます

できなくても敗者復活が可能です♪

恋活パーティーの流れはだいたい次のとおりです。

(1)パーティー会場の受付でプロフィールカードを渡されますから、自分の名前や年齢、性格の特徴や年収などを記入します。

(2)プロフィールカードを持って会場へ。

(3)1対1のトークタイム。男女が1対1で数分間、トークします。時間が来れば、次の参加者の元へ。

(4)別の参加者と(3)を行います。

(5)フリータイム。気に入った参加者と会話を楽しみます。

(6)気に入った異性の名前や番号をカードに記入します。

(7)相手もあなたを指名していればカップリング成立です。

このようにたくさんの異性と直接会話し、自分をアピールする機会があります。

そのうえ(6)や(7)のような、カップル成立を促すシステムも採用されているから、パーティー中に相手とカップルになれるチャンスありです!

日常ではわずか一日で恋人ができる機会なんて、めったにないですよね。

そのため「当日中に恋人ができる可能性アリ!」も恋活パーティーの大きなメリットの一つです♡

ちなみに、たとえパーティー中にカップルになれなくても、連絡先を交換しておけば、後日デートに誘えます。

どうしても気になる異性を見つけたときは勇気を出して、LineのIDや電話番号を質問しておきましょう♪

じっくり二人きりでデートするうちに、無事、相手と恋人同士になれた男女もいますよ♡

様々な種類の恋活パーティーがあります

あなた好みのイベントもきっと見つかります♪

一口に恋活パーティーと言っても、厳密にはとてもたくさんのタイプがあります。

たとえば・・・・

・19:30スタート、1980年代生まれの男女限定

・同世代の男女限定

・完全着席式&豪華お料理付きアクアリウムパーティー

・大手企業、上場企業または公務員の男性&20代女子限定

・21時開始、深夜までのナイトパーティー

・ワイン飲み放題、キャンドルナイトパーティー

などなど。

テーマも開催場所も、時間帯も実に幅が広いですよね。

楽しい雰囲気のなか、あるいは自分の趣味に合う場所で恋活したい方にとっては特に、この点はうれしいメリットと言えそうですね。

男性は料金がお高め!

相場は5.000円~7.000円です。

恋活パーティーのデメリットの一つと言えば、やはりコレ。

男性はどのパーティーも結構、参加費がお高め。

東京都内や大阪府といった大都会の場合、一度のパーティーにつき5,000円以上、支払う必要のあるものが大半です。

地方のイベントも、それほど人気のあるものではなくても、5,000円前後は覚悟しなくてはいけません。

そのため相場は女性1.000円~3.000円ほどに対し、男性は5.000円~7.000円と見積もられています。

「それほど高いのなら、ちょっと・・・・」

「まずはお安いパーティーに参加してみよう」

節約派の男性はそう思うかもしれませんが、恋活パーティーには先にお伝えしたような数々のメリットがあります。

また参加費の安い恋活パーティーはお値段相応か、あるいはサクラや詐欺師、怪しい勧誘員といった悪質な人たちが紛れ込んでいる集まりになっている傾向が。

お値段を最優先の判断基準にしては、素晴らしい出会いを逃す可能性があります。

ウソのスペックに騙される恐れが!

年収や学歴は自己申告のため、盛っている男女も。

『当日中に恋人ができます』でお伝えしたとおり、恋活パーティーではまず全ての参加者にプロフィールカードが渡され、名前や学歴といった、自分のスペックを記入していきます。

このカードは会場内でトーク中に相手と交換しますから、「恋活パーティーは相手がどのような人なのか一目で分かる♪」と喜ぶ人もいますが、実は誰もが相手のウソのスペックに騙される可能性があります。

なぜなら主催者側は結婚相談所やお見合いのように、参加者のスペックを詳しく調べないからです。参加希望者はあなたも含めて誰も、独身証明書や卒業証明書はもちろん、在職証明書も年収証明書の提出も求められません。

本人確認のために運転免許証や保険証を求められるくらいです。

このためたとえ大学中退の中小企業勤務、年収300万円の既婚者であれ「大卒、大学病院の医者、年収600万の独身」と書いてもバレません。

恋活パーティーはお金を持っていて、かつ身分証を提示できる人であれば、良くも悪くも誰もが参加できます。さらに様々なタイプの男女が参加する楽しいイベントですが、相手のプロフィールをうのみにしては大失敗する恐れがあります・・・・

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks