出会いを求めて頑張ったけどもう疲れた…婚活疲れの原因と対処法
出会いを求めて頑張ったけどもう疲れた…婚活疲れの原因と対処法

出会いを求めて頑張ったけどもう疲れた…婚活疲れの原因と対処法

あらゆる出会いの場に参加したけれど、理想の相手に巡り合えず疲れてしまった、相手に選ばれず毎回断られてしまい疲れたなど、婚活をしている中で疲れてしまうことってありますよね。そんな婚活疲れの原因や対処法を解説しましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

【1】婚活疲れになってしまったら、一度足を止めて「婚活」する理由を明確にしましょう。

書き出してみるのも良い方法です。

結婚したいと思って「婚活」をする訳ですが、結婚したい理由は何でしょう。

・結婚適齢期だから

・独りだと何か欠点があると思われるから

・親がうるさいから

などと貴女自身の気持ちより、周囲の圧力から逃れるための婚活は上手くいかないたびに自分を責め、落ち込み本当に疲れてしまいがちです。

しかし、「同じ価値観の人と、人生を楽しく暮らしたい」「同じ趣味を持った人と一緒に楽しみたい」「二人で笑顔の絶えない家庭を作りたい」「次男がいい」「優しい人がいい」などと、結婚の目標や結婚相手の条件がはっきりすると自己嫌悪に陥ることも少なく疲れにくくなります。

一般的に婚活は平均2年ぐらいの時間がかかるようです。

お笑いタレントの横澤夏子さんは4年間、婚活をして結婚したようですから、短期間に良いお相手に巡り合えることは少ないと思って、貴女の結婚相手の条件を見直してみましょう。

いろいろ条件があると思いますが、これだけはどうしても譲れないと結婚条件を絞ってみるのも良い方法です。

【2】全力疾走しないように気をつけましょう。

「とにかく早く良いお相手を見つけたい」という強い思いは、男性に強力にアタックしがちですが、それは相手に重たく思われてしまうこともあります。

気を張って頑張りすぎず、気持ちにゆとりを持って自然体で笑顔を絶やさないことが、貴女自身が疲れない秘訣でもあります。

【3】婚活の回数を少し減らして心と体を休めましょう。

数多く婚活をすれば理想の男性に巡り合えると、週に2.3回、あるいは毎週のようにがむしゃらに婚活パーティー、デート、お断りされるパーティー、また、選ばれないの繰り返しが長く続くと体力、気力が萎えてきます。

そして「自分はダメだ」と落ち込み、暗く笑顔も消えます。

最悪、鬱状態になる人もいます。

そうなる前に、好きなことで気持ちをリフレッシュし、貴女の長所に自信を持つと、新たなエネルギーが湧き笑顔で楽しんで婚活に向かえるようになります。

【4】婚活の場をいろいろ探りましょう。

ネット婚活で複数の婚活サイトに登録する、リアルな街コン、社会人サークル、婚活パーティーに参加するなど 一つの方法だけでなく、貴女の良さが伝えられる、貴女に合った婚活の場を見つけて、婚活疲れやモチベーションの低下を少なくしましょう。

4年間で100回婚活パーティーに参加した横澤夏子さんは、男性を見る目を磨け、決して無駄ではなかったようです。

赤い糸をたぐり寄せるまで、ビビビッと心臓に衝撃が走るまで、焦らず、腐らず、婚活そのものを楽しむくらいのゆとりをもって笑顔で向かいましょう。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks