寒さで丸まった姿勢を正す!冷えに負けないスタイルアップ術②
寒さで丸まった姿勢を正す!冷えに負けないスタイルアップ術②

寒さで丸まった姿勢を正す!冷えに負けないスタイルアップ術②

どれだけやせても鍛えても、寒さで丸まった姿勢じゃ台無し!美しい姿勢はまっすぐに体を張ることでつくれます。縮んだ体をじんわり温めて伸ばし、しっかりと張って行きましょう。見た目が良いばかりでなく、それだけで代謝を上げてやせやすい体にしてくれますよ♪

Pick up
続きを読む
公開日:

手順

※こんな姿勢になっていたら要注意!最も丸まりやすい肩まわりを集中トレーニングしましょう!

手順_1

①準備運動的にまずは肩回し。あなどらずにしっかり動かしていきましょう。脚を肩幅に開いたら、膝を曲げて背中も丸めて手をだらんとしたところから始めます。

手順_2

②息を吸いながら足で床を踏む力で立ち上がり、上半身もそれに合わせて起こして、肩を耳につくくらいのところまで引き上げます。

手順_3

③立ち上がりきったところで、肩を体の後ろに引きます。

手順_4

④息を吐きながら、膝を徐々に曲げていき、①の姿勢に戻って①〜④までの一連の動きを何度か繰り返し行います。

手順_5

⑤ポカポカと体が温まって来たら、次は頭の上で右肘を左手でつかみ、肩甲骨ごとギュっギュッと上に持ち上げるようにします。下腹に力を入れて真っすぐに立ち、頭が前に出たりしないようにします。

手順_6 手順_7

※これはよくやってしまう失敗例です。お腹の力が抜けて腰を反りすぎています。きちんと体を張れていないので腰を痛める原因になるので絶対にやめましょう。

手順_8

⑥一度両手を離してからもう一度⑤を繰り返し行います。次に、右腕をおろして背中の後ろで内側に曲げ、左手と繋ぎます。ややレベルが上がるので、両手がくっつかない人は無理をせず、体をまっすぐに立てることを意識して呼吸を止めずグッグッと両手を近づけるようにします。

手順_9

⑦一度両手を開放したら、今度は背中の後ろで両手を合掌するようにします。更に難しくなりますが、ここでも呼吸を止めず、体を真っすぐにすることを意識するようにします。

手順_10 手順_11

最初は同じようにできなくても諦めないで下さい。お腹に力を入れ、体をまっすぐに保つことを優先し、※呼吸とともに少しずつ上手にできるようになるのを感じましょう。背中がキマルとバストアップも同時に目指せちゃいますよ♪

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks