思い描いていた結婚生活と違った!結婚の理想と現実について
思い描いていた結婚生活と違った!結婚の理想と現実について

思い描いていた結婚生活と違った!結婚の理想と現実について

独身時代には多かれ少なかれ誰もが理想の結婚生活を思い描くもの。理想が高い人ほど、「こんなつもりじゃなかった!」と、思うことが増えるかもしれません。今回アンケートで、結婚後「こんなつもりじゃなかったのに」という体験談を募集しました。その結果をもとに『思い描いていた結婚生活と違ったこと トップ3』を発表。みなさんの意見をもとに結婚生活の不満解消&問題解決法を考察していきます。

Pick up
続きを読む
公開日:

結婚・夫婦・出産についてのアンケート

Q.【既婚者に質問】結婚生活は思い描いていたものと同じでしたか?

回答時期:2014.05.28~2037.06.17|113名が回答

同じだった:39名

違った:74名

【違うと答えた方に質問です】こんなつもりじゃなかったのに!という体験談を教えてください

同じだった

悪い意味で同じだった。自分は結婚には向いてないと思いながらも、もしかしてこの人ならうまくいくかもと半信半疑で結婚した。やっぱりしんどかった。ダンナも中年になってダメ男になってしまった。1人暮らしの方がよかった。離婚検討中。

大好きな初めて付き合った主人と結婚!私は専業主婦で主人を支え、休日は遠出、主人が料理をしてくれます。

10日以上の主人の長期休暇は、一緒に飛行機で旅行。今年は海外に行く予定です!想像していた以上に幸せで満ち足りた毎日です!

違った

結婚したら一緒にいられるから、寂しくなくなると思っていましたが、平日は仕事に出かけてしまい夜まで帰宅しないし、帰ってきても 疲れているので 食事をすませるとすぐに居眠りしてしまいます。休日は、自分の用事や 持ち帰りの仕事・読書など自分のことをして過ごすので、私は独りぼっちの時間が増えてしまいました。

結婚後は休みの日になると家族でお弁当もって近所の公園へいったり、買い出しにでかけたりする生活を思い描いていたのですが、現実は休日となると旦那は1日中寝てる、買い物も一緒にきてくれない。なのに「飯」とか「リモコン」とか!!!全然違う!!!

旦那さんの実家で同居だった為…小姑達と上手くいかず、一方的にいじめられてました。それでも、仲良くラブラブだったアタシ達夫婦ですが…小姑からの嫌がらせで、旦那さんと居る時間まで減らされました。旦那さんとの話す時間は寝る前でした。

生活するとなると、楽しいだけではない。お互いに実家暮らしだったので、家事が出来ないことだらけ。付き合いの時に優しくて、もっと手伝ってくれる人かと思ってた。家事は一人では大変。共働きだから、余計に感じました。

子供はまだ先でいいと思っていたのにハネムーンベビーができてしまい、仕事も思うようにできず 経済的にもかなり苦しくなった 夫は子供ができないと思い込んでいたらしく、避妊してほしいとお願いしたのに…ゴムつけてくれなかった(怒)

結婚生活の理想と現実

アンケートで「結婚生活は思い描いていたものと同じでしたか?」と質問したところ、「同じだった」と答えた人は29.6%、「違った」と答えた人は70.4%でした。

「結婚して貯金より車のローンの方が多いことを知った。お金の問題は要注意です。聞きにくいけど」、「結婚したらセックスレス状態。誘っても拒否されます」、「結婚したら一緒にいられるから寂しくなくなると思っていましたが、平日は仕事に出かけてしまい、夜まで帰宅しないし、帰宅しても食事を済ませると眠ってしまいます。休日は自分の用事や仕事、自分のことをして過ごすので私はひとりぼっちの時間が増えました」など、思っていた結婚生活とは違うものだという意見が今回はたくさん寄せられました。

「生活するとなると、楽しいだけではない」とコメントにもあるように、実際にどんなことが理想の結婚生活とは違っていたのか、気になりますよね。

理想の結婚生活と違ったことトップ3

1位:思っていたよりも家事が大変、夫が家事を手伝ってくれない

2位:セックスレス、ラブラブじゃない

3位:金銭感覚の違い、経済的な苦労が大きかった

多くの既婚女性を悩ませているのが、「家事を手伝ってもらえない」という日常の問題。「家事は一人では大変。共働きだから、余計に感じました」、「夫が私は家政婦兼ベビーシッター扱い。愛のない生活です」というように、お互いに忙しくて会話が少ない夫婦ほど、女性が家事や育児の負担を感じているという状況にあるようです。

結婚生活に満足人の共通点

ここで「結婚生活は思い描いていたものと同じだった」と答えた3割の人の共通点を確認してみます。それは、「休日や休暇に二人で旅行をしている」ということ。 「今年は海外旅行に行く予定です」「休日は遠出、主人が料理をしてくれます」など、既婚の多くの女性が「自分の時間が持てない」という悩みを抱えている中で、休暇を夫婦で楽しめるということが満足感につながり、自分の理想の生活だと実感できるようです。

毎日のことなので、とにかく家事は大変。お互いに忙しく、時間に余裕がないとどうしても不満がたまってしまいます。一緒に過ごしていくためには、それぞれに気分転換できる空間が必要で、とくに家事を率先してやる夫かどうかで女性の満足度が違ってくることがアンケートの結果を見ても明らかです。

結婚後に「こんな人だと思わなかった!」と後悔しないためには、彼の金銭感覚だけでなく家事への意識を確認しておいたほうがいいようです。また、生活の改善はどうやってお互いに居心地の良い時間を増やすか、ということにかかっているといえます。家事が楽しくなる便利グッズや面白いワザなどを取り入れつつ、お互いの得意分野を家事でも発揮していく工夫があると、時間短縮だけでなく疲れ具合も違ってくるようです。 そして、時間に余裕があると、自然にスキンシップも増えるそうです。ぜひ試してくださいね。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★プロポーズしてほしい!養ってほしい!イマドキ男性の淡い願望
★結婚につながる恋愛って?バージンロードまでの理想と現実
★彼女から結婚のプレッシャー…男性の本音は?
★夫婦生活の変化…結婚すると彼との関係どう変わるの!?
★結婚前に話しておくべき事ベスト3

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks