ユーブライドで出会うには?メッセージに関するアレコレご紹介
ユーブライドで出会うには?メッセージに関するアレコレご紹介

ユーブライドで出会うには?メッセージに関するアレコレご紹介

100万人以上もの人々に支持されている人気の婚活サイトユーブライド(youbride)ですが、「無料会員はメッセージ交換できるの?」「マッチングしてもメッセージが続かないから、出会いがない」とお悩み方もまた多いようです。そこでこの記事ではメッセージに関して、知っておきたいコトをピックアップし、順にお伝えしていきます。無料会員の方はもちろん、返信率をアップさせたい有料会員の方も必見です。

Pick up
続きを読む
公開日: 更新日:

無料会員でもメッセージ交換できるの?

無料会員でもメッセージ交換できるの?

有料会員なって初めて様々なタイプの異性と自由にできます。

ユーブライドでは男性も女性も、無料会員か有料プランのスタンダードプラン、およびプレミアムオプションに登録できます。

有料プラン登録者(有料会員)はお相手が誰であれ、マッチングすればメッセージ交換が自由に可能です。

無料会員の場合、有料会員から届いたメッセージにのみ返信できます。同じ無料会員とはメール交換できません。

そのため基本的に無料会員は相手からのメッセージを待つ、受け身な活動になります。

積極的に行動したい、ユーブライドで様々な人とマッチングしてみたい、無料会員のなかにいた好みの人と恋人同士になりたいと考えている方は有料登録をおすすめします。

メッセージ交換に進むまでの流れは?

メッセージ交換に進むまでの流れは?

検索→いいねのやりとり後に交換が可能になります。

ユーブライドでメッセージ交換に進むまでの流れはとてもシンプルです。

  • (1)検索機能を使ったり、足あとを確認したりし、気になる異性会員を探します。
  • (2)相手に「いいね」をします。
  • (3)お相手から「いいね!ありがとう」の返事をもらえれば、マッチングが成立します。

これでマッチング相手とメッセージのやりとりができるようになります。

なお「いいね」を送れる数は会員ごとに異なりますのでご注意を。

・無料会員:1日に5回まで

・スタンダードプラン:1日に50回まで

メッセージを続かせるコツとは?

メッセージを続かせるコツとは?

ファーストメッセージの返事がない、続かない男女の会員におすすめです。

「マッチングはしても、メッセージが続かない」

ユーブライドは会員数が多い婚活アプリではありますが、このようなお悩みは、あちこちの口コミサイトや体験談のまとめサイトで目にします。

ここからは恋活&婚活を頑張るアプリ利用者の皆さまのために、メッセージを続かせるコツを8つ、ご紹介します。

どれも大きな苦労はいらないものばかりですから、ぜひ参考にしてくださいね。

ファーストメッセージには関心を引くものを書く

自分の自己紹介文のコピーや挨拶だけはNG!

最初の一通目を送る前に相手のプロフィールに書かれた内容をチェックし、お相手が関心を持っているものやお仕事などを挿入しておきましょう。「あなたに関心があります」とさりげなく異性にアピールできます。

女性や真剣に活動している会員は特に、自分に関心を持つ相手とのやりとりを好みますから、返信率が高まります。

万人向けのテンプレ文や、「初めまして。〇〇です。お返事よろしくお願いします」程度の挨拶を送ってしまった場合、「この人はこちらのプロフを読んでいないな」「だから何?」などと思われ、連絡が返ってこない確率が高めですから、できる限り避けましょう。

ファーストメッセージは相手とやりとりを初められるかどうかがかかった重要なもの。

何気なく送る、手抜きの二つはNGと考えおきましょう。

気遣いを忘れない

気遣いを忘れない

オンライン上でも相手への思いやりは必須です!

気に入った女の子や、イケメンとやり取りをしていると、つい長文になってしまったり、返信が遅いと催促のメッセージをしてしまったりしがち。

あなたに都合や心があるように、相手にも都合や心があります。あまりに相手の都合や気持ちを無視した姿勢を続けていると、やりとりを面倒に思われ、返信が途切れる原因になってしまいます。

メッセージ内では「お返事は都合の良い時でOKですよ」「文字の量をこちらに合わせる必要はないですよ」など、相手を気遣う姿勢を見せておきましょう。返信が届きやすくなりますよ。

ただしあまりに気を使い過ぎてはお互い疲れてしまいますので、あくまで時折、さりげなくで十分です。

長く会話が弾む話題を探す

趣味や外出先については話がはずみやすいテーマの代表例です。

いつも淡々とした会話を続けていれば、いずれ相手はあなたとのやりとりを面倒に感じる可能性が大です。

そこでマッチング後は早々に、気軽に話題に出せて、かつメッセージ交換が続くようなネタを探しましょう。

おすすめのテーマはたとえば趣味や最近訪れた場所などです。相手の自己紹介文を読んでもはっきりしなかった場合は質問してみましょう。

さらに会話の中で、お互いの共通点が見つかれば、それも話題にしましょう。

人は自分と共通点を持つ人にも好感を持ちますから、見逃してはいけません。

インパクトのある話題を出す

インパクトのある話題を出す

時にはサプライズを提供しておくと、返信率アップ!

ほどほどに盛り上がっているくらいの会話や、世間話のような山もオチもない内容のメッセージのやりとりを続けていれば、やがて相手に飽きられます。

時折、相手が少し意外に思うような、インパクトのある話題も提供しておきましょう。

たとえばお仕事で成功した体験談や失敗談を面白おかしく語る、やりとり相手の素敵なところを褒める等々。

良い印象を与えるインパクトのある話題は相手に好感を持たせるキッカケになるだけでなく、メッセージのやりとりを弾ませる効果もあります。

質問を一つか二つ挟む

ライトな質問は返信率を高めてくれます!

質問は返信を促す効果がある他、「あなたをもっと知りたい」とアピールする手段でもあります。

先にお伝えした通り、人は性別や年齢を問わず、自分に関心を持つ相手に好感を持ちますから、メッセージが続きやすくなります。

とはいえ一つのメッセージのなかで、三つも四つも質問をしてしまえば、返信が面倒と思われますから、一メッセージにつきせいぜい二つ程度の質問にしておきましょう。

また質問は相手が答えやすいものをおすすめします。元カレや元カノと別れた理由、自宅や職場の住所のように、答えにくい事柄をたずねてしまえば、出会って間もない時期であれば特に警戒されたり、面倒に思われたりして、ブロックされる恐れがありますからお控えください。

会話のキャッチボールを意識しておく

会話のキャッチボールを意識しておく

お互いが楽しめない会話は途切れがちです。

会話は受け身でいるとき、積極的に発言していくときのバランスがとれている場合、スムーズに進みます。

ひたすら相手に話題を振られるのを待っていたり、質問ばかりしたりしていては、いずれ相手にうんざりされます。

お互いに心地よく感じられる会話とは、やりとりのキャッチボールが上手くいっているものであり、どちらか一方が引っ張ってばかりの会話ではありません。

男性女性を問わず、デートに進みたい、仲を深めたいと感じるならば、時には相手に質問し、時には聞き役にまわって、相手に負担をかけない関係を築きましょう。

ネガティブな要素はできる限り表に出さない

相手を不快にさせる行為は最小限を目指しましょう!

メッセージ交換中、相手はあなたとリアルで会っても良いか、恋人や結婚相手になりそうかを判断しています。

ネガティブな話題や要素を見せてしまえば、相手はあなたに嫌気がさしたり、メッセージ交換を負担に感じてしまう可能性があります。

相手の言葉のすべてを肯定したり、自分の価値観を抑える必要はありませんが、ネガティブなワードを出す際はできるだけ相手が不快にならないよう言い回しを工夫するなどし、相手に悪い印象を持たれないよう気を配っておきましょう。

ユーブライドには大勢の男性会員、女性会員が登録しています。

少しでも「この人はないな」と思われたならば、次の相手に移られてしまう恐れがありますので、相手には極力、良い印象を与え続ける点は非常に重要です。このポイントを意識しておけばメッセージがスムーズに進みやすくなるだけでなく、デートのチャンスが舞い込む確率も高まります。

仲良くなるまで下心は隠し通す

仲良くなるまで下心は隠し通す

タイミングを誤ればデートや結婚は叶いません。

男性のなかには時折、マッチング早々、ストレートに自分の心を明かしたりする方がいらっしゃいます。

仲良くなった後や、お互いに気心の知れた間柄であれば問題ないかもしれませんが、まだお互いに知り合ったばかりの段階で下心を出してしまうと、女性の大半は「ヤリモク?」と警戒するか、気持ち悪く思い、メッセージが途切れる傾向が。

たとえどれだけ魅力的な女性会員を見つけても、本音は胸の内に隠し、相手と親密な関係になるまでは誠実にふるまいましょう。

ちなみにメッセージを2、3通交わしただけの段階でのLINE交換の提案も控えておきましょう。良く知らない相手に個人情報を気軽に渡す女性はあまりおらず、たいていは警戒され、最悪、ブロックされます。

ユーブライドの評判は?結婚できる?など、気になるコトまとめ! ユーブライドの評判は?結婚できる?など、気になるコトまとめ!

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks