夏に焼き過ぎてしまった肌を白美肌に戻すプログラム
夏に焼き過ぎてしまった肌を白美肌に戻すプログラム

夏に焼き過ぎてしまった肌を白美肌に戻すプログラム

しっかり紫外線対策や日焼け止めを塗っても、夏を過ごした肌は「大なり小なり日焼け状態になっていて、大きなダメージ」を受けています。日焼け後のケアを怠っていると、後で「シミ」や「シワ」などの『肌トラブル』を招いてしまうことも…。秋が来る前に夏のダメージ肌を回復させましょう!『1ヶ月で白美肌に戻すプログラム』をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

夏の肌はターンオーバーが乱れている

夏の間にたっぷり浴びてしまった紫外線。夏を過ごした肌は、大なり小なり日焼け状態になっていて、大きなダメージを受けています。

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌のターンオーバーが乱れて透明感が失われたり、くすみの原因になってしまうことも。

秋が来る前に夏のダメージ肌を回復

肌の潤いを保つ力やバリア機能が低下して肌が乾燥したり、シミやしわが増えてしまうこともあります。

このような「光老化」を引き起こす紫外線だけでなく、室内外の気温差やエアコンによる乾燥なども肌ダメージに拍車をかけ、夏バテや食欲低下で体調を崩すとさらに肌にも悪影響が及んでしまいます。

夏が過ぎて、空気が乾燥してくる本格的な秋の到来前に、今からしっかりケアして夏のダメージ肌を回復させることが重要です。

ピーリングでターンオーバー促進

スペシャルケアも大切ですが、まずは、基本に立ち戻った丁寧なスキンケアを心がけましょう。

肌のごわつきやざらつきが気になる場合は、角質を取り除くピーリング作用のあるアイテムをスキンケアに取り入れましょう。

作用がマイルドなピーリングソープは、毎日の洗顔に使うとよいでしょう。

石鹸をよく泡立てて、泡で転がすようにやさしく洗います。

皮脂の分泌が多いTゾーンなどは、泡を長めに置いてから洗浄するとよいでしょう。

洗顔を丁寧に行うことによって、次に塗る化粧水や美容液が浸透しやすくなり、ターンオーバーも促されます。

徹底的に「保湿」と「美白」

スキンケアで重点をおくべきは「保湿」と「美白」。今や年中乾燥すると言ってもいいくらい、過酷な環境に肌はさらされています。

乾燥は肌の老化を促進させてしまうので注意が必要です。

毎日の洗顔後は、できるだけ早く化粧水をお肌になじませるようにしましょう。

乾燥が気になる目元や口元は、コットンに化粧水を含ませた「ローションパック」をするとよいでしょう。

しっかりと外から水分補給をしてあげることが大切です。

美白ケアは地道に

化粧水の後は、ビタミンCなど美白成分の入った美容液やクリームなどを上手く取り入れてシミを防ぎましょう。

美白ケアは効果が出るのに時間がかかるので、毎日地道に継続することが大切。

乳液やクリームを塗る時に、マッサージをしてもよいでしょう。

マッサージで血行が促進されてターンオーバーもスムースになり、くすみも改善します。

顔の内側から外側に向かって円を描くようにくるくるとマッサージします。

こすると肌への刺激になるので、中指と薬指でやさしくなでるようにマッサージしましょう。

ヨーグルトパックがおススメ

夏のダメージ肌を解消するのにおススメなスペシャルケアは、ヨーグルトを用いたパックです。

ヨーグルトに含まれている乳酸は、角質を除去してくれる作用があるので、透明感もアップします。

作り方

市販の無糖ヨーグルト:大さじ1杯

小麦粉:中さじ1杯

①市販の無糖ヨーグルト大さじ1杯に小麦粉中さじ1杯を加えてよく混ぜます。

②顔に塗って10分くらいたったらふきとります。

お風呂上がりや洗顔後に週一回程度行うとよいでしょう。

ただし、お肌に合うかどうか、顔に塗る前にまずは手に塗ってみましょう。

赤くなったりかゆくなったりしなければ大丈夫です。

ハーブを取り入れよう

美肌を取り戻すには、内側からのケア、すなわち食事も大切。まずは食生活にハーブを取り入れてみましょう。

ハーブは、野菜の栄養が豊富にあるため、少量でも緑黄色野菜並みの栄養が摂れるのです。

また、ポリフェノールを多く含み、活性酸素を除去する抗酸化作用が強く、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEなど美肌成分も豊富。

また、ハーブの香り成分には自律神経を調整する作用などもあって、リラックス効果や覚せい作用をもたらします。

おススメはミント

ハーブを手軽に取り入れるには、ミントティがおススメ。

作り方

スペアミント:1つまみ

熱湯:お好みの量

①スペアミントを一つまみ洗ってカップに入れて、熱湯を注ぎます。

②3分程度置いて、色が出てきたら飲みごろです。

これなら忙しい朝でも簡単にできるでしょう。目覚めの朝にミントティを飲めば、美肌効果とともに気分もスッキリ。

ミントのほか、“若返りのハーブ”とも言われるローズマリー、美肌成分たっぷりのパプリカパウダー、リラックス作用のあるバジルなどがおススメです。

スープやサラダ、スクランブルエッグなどの料理に入れてもよいでしょう。このように、ハーブの効果を得るには、何らかの形で継続的に摂取するのがポイントです。

”美肌は一日にしてならず。“すぐに効果が出るものではありません。

体の内側と外側からのケアを地道に続けていくことが大切なのです。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks