生理不順・無月経は無理なダイエットで起こる?
生理不順・無月経は無理なダイエットで起こる?

生理不順・無月経は無理なダイエットで起こる?

生理不順・無月経は、過度のストレス、極端なダイエットなどにより、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことが原因です。

Pick up
続きを読む
公開日:

生理の周期、正しく知っていますか?

生理の周期を「生理の終わった日から次の生理が始まる日まで」と誤って理解している人がいますが、正しくは「生理が始まった日から次の生理が始まる前日まで」の日数を一つの周期として数えます。

だいたい25日から38日くらいが正常周期とされますが、7日以内のずれであれば心配いりません。

「生理の周期がだんだん短くなってきている」「生理が2ヶ月に1回くらいしか来ない」「1年に3、4回しか生理が来ない」など、生理不順を訴える女性が最近増えてきています。

中には「気が付いたら3ヶ月生理が来ていない」なんて無頓着な人も。

ストレスが生理に悪影響を…

仕事にプライベートにと日々忙しく過ごしている現代女性。知らず知らずのうちに生理や自分の体のリズムに関して無頓着になっている傾向がうかがえます。

生理の周期は、脳の視床下部の指令を受けて、卵巣から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンによってコントロールされているのですが、不規則な生活や極端なダイエット、激しいスポーツや強いストレスなどによって女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、生理不順や無月経などの状態を引き起こしてしまいます。

特に、女性ホルモンはストレスに敏感なので、日々のストレスが蓄積されると、生理の周期や期間、経血量に悪影響を及ぼしてしまいやすいのです。

頻発月経と稀発月経

周期が24日以内(頻発月経)、39日以上(稀発月経)の場合は注意が必要です。

基礎体温で排卵が確認されていれば心配ないことがほとんどですが、今妊娠を望んでいないからといって放置していると病気が進行してしまい、将来不妊になる可能性もあるのです。

放置しておいた期間が長ければ長いほど、治療を始めてもすぐには治りにくいともいわれています。このように、とても密接な関係にある生理周期・基礎体温と女性ホルモン。

生理の変化や異常に気付き、早めに対処をするためにも、基礎体温をつけて生理の周期や排卵の有無など自分の体のリズムをしっかり把握することが大切なのです。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks