ムキムキにならないように筋トレするコツ!お腹周り編
ムキムキにならないように筋トレするコツ!お腹周り編

ムキムキにならないように筋トレするコツ!お腹周り編

ダイエット目的の筋トレするならムキムキにならないインナーマッスルトレーニング!インナーマッスルとは体の深層部(奥深く)にあり骨格を整える筋肉なので、鍛えることで姿勢は良くなり代謝がアップ!お腹周りのインナーマッスルトレーニングで痩せやすい体になりましょう!ムキムキにならない筋トレ方法『①お腹周り編』をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

手順

①脚を肩幅に広げて立ち、体重を親指側に乗せます。

手順_1

②左脚に重心を移動して上半身を少し左にねじり、膝を前方向に軽く曲げます。

この時、左脚の小指側に体重が乗らないように親指側にしっかりと乗せます。

手順_2

③右膝を曲げて左脚に太ももをつけ、内もも同士で押し合います。

脚の筋肉を使って立つのではなく、左のお腹の奥の方を意識し、上半身の力を使って脚がぐらつかないように立ちます。

この状態で10秒キープします。

手順_3

※横から見た状態です。

手順_4 手順_5 手順_6

④お腹でしっかりと立てられるようになったら、両腕を(右腕が前、左腕を後ろにして)床と平行になるように上げて10秒キープします。

手足を逆にして反対側も同様に行います。

手順_7

※やりやすいほうとやりにくいほうがありますが、毎日続けて徐々にバランスを良くしていきましょう。

負担が少ないので毎日行ってインナーマッスルを鍛えましょう!

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks