女性ホルモンってなに?女性ホルモンについての基礎知識
女性ホルモンってなに?女性ホルモンについての基礎知識

女性ホルモンってなに?女性ホルモンについての基礎知識

女性が健康で美しく生きるための潤滑油であり、女性の一生をつかさどる大きな役割を果たしている「女性ホルモン」。どんな働きをしているかご存知ですか?

Pick up
続きを読む
公開日:

よく聞く女性ホルモンってなに?

女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の二種類があり、脳の視床下部の指令を受けて卵巣から分泌されます。

この二つの女性ホルモン量は、生理のサイクルにあわせて大きく変動します。

大まかに言うと、生理が始まってから排卵まではエストロゲンが増加し、排卵から次の生理まではプロゲステロンが増加します。

この二つのホルモンがバランスよく変動することで規則正しく生理が起こるのです。

エストロゲン分泌のピーク

女性ホルモンの主役とも言うべきエストロゲンの分泌は20~30代がピークで、そのころ妊娠・出産に最も適した状態になります。

40代になると、卵巣の機能の低下とともにエストロゲンが低下し、やがて50歳前後で閉経を迎えます。

女性ホルモンは女性が健康で美しく生きるための潤滑油であり、女性の一生をつかさどる大きな役割を果たしているのです。

エストロゲンの働き

生理周期においては、エストロゲンは女性の体を妊娠しやすい状態にするために、卵胞を成熟させたり、子宮内膜を増殖させたり、子宮頸管粘液を増加させて精子を子宮内に入りやすい状態にします。

エストロゲンは「美のホルモン」とも言われ、女性らしい丸みを帯びた体型を作ったり、コラーゲンの産生を高めて肌にハリ・つやをもたらしたり、シミ・シワを防ぐ働きがあります。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンは妊娠を維持するために、エストロゲンの作用で厚みを増した子宮内膜の状態をふかふかにして、さらに受精卵が着床しやすい状態にします。

体内に水分をため込む働きもあるため、プロゲステロンの分泌が多い生理前は、体がむくんだり、胸が張ったり、頭痛がすることもあります。

プロゲステロンは妊娠を維持するために大切なホルモンではありますが、皮脂の分泌を促してニキビをできやすくしたり、腸の蠕動運動を抑制して便秘になったりと、美容にとってはあまりありがたいホルモンではありません。

女性ホルモンはバランスが大切

女性ホルモンはバランスが整っていることが大切。

分泌量が減ったり、逆に急激に増えたり、いわゆるホルモンバランスが崩れた状態になると、生理が不順になるだけでなく、肌荒れやニキビ、むくみや頭痛など様々な症状が出てきます。

まずはホルモンバランスを崩す原因となるストレスや不規則な生活、過激なダイエットなどをしていないか生活を見直し、改善することが大切です。

また食生活では大豆に含まれるイソフラボンがエストロゲンの不足を補うように働きます。

納豆や豆腐、みそなどから上手に取り入れましょう。

ホルモンのバランスをコントロールするビタミンEもしっかり摂りましょう。

かぼちゃやアーモンド、うなぎなどから摂取できます。

良質の脂もホルモンの材料となるので、適度に摂ることも必要です。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks